ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ サイドスタンドエクステンションのゴム底について消耗の程度を確認してみた

管理人が酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
そのサイドスタンド接地面には、自作のサイドスタンドエクステンション(プアーテックサイドスタンドエクステンション for XTZ125 Ver.4.0.0)が取り付けられているのだが、今後の維持管理の参考とするため、そのゴム底の消耗度合いを確認してみた。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 現状の確認

今回取り外したサイドスタンドエクステンションは、2013年の10月に製作して取り付けているので、使用期間は約10ヶ月である。
イメージ 1
それなりに劣化が見られるが、機能自体は喪失していない。
 
ゴム底は、
イメージ 2
ゴムの表面に削れとひび割れ
 
イメージ 4
ゴム底が一気に崩壊するのを防ぐためにタイラップを巻いてみたのだが、周辺部が崩れていくのを防ぐ意味はある模様。
 
 
イメージ 5
樹脂製(ポリタンク改造)の本体部分には特に異状なし
 
 
イメージ 6
サイドスタンド(車体)側にも異状なし
 
 
イメージ 3
とりあえず、そのまま復旧しておく
 
今回、特に使用に支障となる点は発見されなかったが、劣化したコーンウェイト用のゴムを素材としている以上、ゴムが劣化して崩壊していくのは避けられないだろうな。
 
そのうち、適当な素材を見つけるまで、消耗品として適切な時期に交換できるよう、予備のゴム底を用意しておいた方が良さそうである。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考 : 管理人が運用中のチタンマフラーは、このマフラー以前に作られたモノらしい。
 
 

XTZ125-DB1 DB1チタンSOブローバック 81dB

\48,600税込 / 条件付き送料無料

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事