ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ LEDフォグランプを導入しようと考えてみた (アストロプロダクツ)

最近登場する新型二輪車を見ていると、LED発光方式のヘッドライトが増えていたりする。
が、管理人が運用しているバイクや車達の中に、LED発光方式のヘッドライトを装備している機種はない。
今後は、管理人もLED発光方式のヘッドライトを装備する機種を導入することになると思われるのだが、そのような場合になっても慌てないよう、LEDの取り扱いに慣熟しておくため、とりあえずLED発光方式のフォグライトを試用してみようと思ったりした。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ テストベッド

今回、試用を行うLED照明装置は、アストロプロダクツのDC12V 6LED丸型フォグランプ
LED照明をどの機種に取り付けるのか、今のところ決まってはいないのだが、とりあえず実際にLEDを試用しながら考えるつもり。
 
今回試用するLEDの照明装置は、本来であれば標準のH4等の前照灯(ヘッドライト)の球(電球:バルブ)を「互換LED」に換装するのが理想ではあったのだが、実験台(XTZ125のヘッドライトは交流電源・・・)の都合等で、今回は後付の汎用装置、LEDフォグランプを試用する。
 
そして、今回LEDフォグランプを試用で装着する機種については、これまでも各種新規導入器材の実験台としても扱われている、気の毒な便利な機種、「ねこまんま級」のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」を活用して、各種試験を行ってしまう。
 
■ アストロプロダクツ DC12V 6LED丸型フォグランプ
今回、試用してみるLED発光方式の照明装置は、
 
イメージ 4
アストロプロダクツ DC12V 6LED丸型フォグランプ
 
内容は、
イメージ 1
フォグランプ本体と、取付金具類、説明書
 
明るさについては、
イメージ 5
とりあえずバッテリーに接続してみた。
かなり明るい。(正直まぶしい)
 
今回、明るさ比較のため、カメラのシャッター速度と絞りを固定して撮影してみた。
(肉眼では昼間でも眩しいほど明るいのだが、今回、シャッター速度と絞りの設定で、暗く見えている。)
 
ちなみに、XTZ125が標準で装備しているH4、35Wのハロゲンランプを見ると、
イメージ 6
H4の35Wの発光状態
もちろん、一つ上のLEDフォグランプの画像と同じ設定で撮影している。
明るさの違いは一目瞭然である。
 
そして、今回のテストベッド
イメージ 2
XTZ125「ねこちやづけ」
 
■ フォグランプを取り付ける位置の検討
オフロード系機種にとって、補助灯を取り付ける機会は多いと思うのだが、身軽さが売りのXTZ125には、(他の大型アドベンチャーツアラーのようには)フォグランプを取り付け用の場所があまり見当たらなかったりする。
イメージ 7
前照灯の前
今回取り付けるのが、ヘッドライトの互換品ならば問題ないのだが、今回取り付けるのは「あくまでフォグランプ」なので、この位置に取り付けると、ヘッドライトの機能を損うので却下。
 
イメージ 8
ヘッドライトの上
走行の邪魔になることも少なく、車体中心線上に位置するので、理想的かも。
(車体中心線上で、ヘッドライトよりも下の位置では、フェンダーの上とか、エンジン前とか、かなり無理がある位置しか無い。)
この位置にフォグランプを取り付ける場合、ステー等でフォグランプの取り付け位置を用意しなければならないので、場合によっては非常に面倒な作業となる可能性がある。
 
その他、
イメージ 9
車体横、エンジンガードの端あたり
大型アドベンチャー機種だと、エンジンガードの上にフォグライトを装備していたりするのだが、その位置を参考にすると、この位置あたりが妥当だろう。
今回、既存の自作エンジンガードに取り付けるには、このフォグランプは少々大きすぎた。
という訳で、これも却下である。
 
さらに、取り付けし易そうな位置を考える。
イメージ 35
ヘッドライトの斜め上あたり
既存のスクリーン取り付けステーを活用できるので、取り付け方法としては一番楽だろう。
問題としては、フォグランプを通常よりも90度寝かした(傾けた)角度で固定することになるので、フォグランプの照射範囲が、縦横で変えられていた場合、照射範囲が狂うことになる。
が、今回は「あくまで実験機種による試用」ということで、この点については眼をつぶることにした。
(フォグランプのレンズを見る限り、ランプの左右方向に広がるように設定してあるように見える。もし、見た目通りの設定なら、光が左右に広がるのではなく、上下に広がってしまうことになる。
・・・ということは、対向車にとって、眩しいかもしれない。)
 
という訳で、いろいろ考えることはあるが、
イメージ 10
とりあえず、LEDフォグランプを取り付けた状態
(当初の予想に反して、意外と似合うような気がしてきた。)
 
■ 配線の用意とか
フォグランプの取り付けはできたが、電力を供給するための配線も用意しなければならない。
イメージ 11
以前、「お手つき」して、使われることなく保存されていた2極カプラーを引っ張り出してきて、
 
 
イメージ 12
・・・フォグランプに接続する。
 
■ フォグランプ用の電源確保
メインキーシリンダーが「オン」の状態で、通電する位置ということで、
イメージ 13
この位置で計測
メイン電源が入っていれば、ここで電力が確保できる。
 
■ 仮配線の製作
車体(標準)の電気配線に対しては、全く加工を施さずに活用する。
イメージ 14
 
 
イメージ 15
仮の電気配線ができた。
 
 
イメージ 16
配線を接続してみた。
 
配線を通すために、
イメージ 17
XTZ125「ダウンフェンダー仕様」
 
 
イメージ 18
意外と違和感が少ない。
 
配線の保護のため、
イメージ 19
可動部分との干渉から配線を守るため、
 
 
イメージ 20
以前、劣化した標準品に対して追加したコルゲートチューブの中を通し、
 
 
イメージ 21
絶縁作業等を施して、
 
 
イメージ 22
取り付け完了
 
電源を入れると、
イメージ 23
LEDフォグランプが点灯する。
 
 
イメージ 3
ヘッドライトと併用してみた
 

■ 試走で試用して仕様を確認してみた

暗い道を探して、照明が無い、夜間の堤防道路まで行って見た
イメージ 24
LEDフォグランプ+前照灯(ロービーム)
 
十分な照度があることから、前照灯として使えないかと考えたが、前方を一様に照らしてしまうので、対向車が居たら眩しくて仕方ないはず。
イメージ 26
対向車が眩しく無い程度まで光軸を下げるため、LEDを前傾させてみた。
 
角度を確認すると、
イメージ 25
かなり下向き(前傾)姿勢にして、やっと許容範囲という程度。
これでも、上方にもれる光が多いので、眩しく感じる対向車も居ることだろう。
対向車が居る状況では、点灯しない方が良かろう。
 
さらに参考まで、(全て同じカメラ設定で撮影してある)
イメージ 31
ヘッドライト(ロービーム)+LEDフォグランプ
 
 
イメージ 32
ヘッドライト(ハイービーム)+LEDフォグランプ点灯
 
 
イメージ 33
ヘッドライト(ハイービーム)+LEDフォグランプ消灯
 
イメージ 34
ヘッドライト消灯+LEDフォグランプ点灯
 
 
イメージ 30
ヘッドライト(ハイービーム)+LEDフォグランプ消灯
 
 
イメージ 29
ヘッドライト(消灯)+LEDフォグランプ点灯
 
 
イメージ 27
ヘッドライト(ロービーム)+LEDフォグランプ点灯
 
 
イメージ 28
ヘッドライト(ハイビーム)+LEDフォグランプ点灯
 
 
 
■ まとめ
今回の試用では、LEDフォグランプは、XTZ125のヘッドライト以上の明るさがあるが、光軸というか、上方への光をカットする機構が無いので、対向車が居たら非常に眩しく感じてしまうだろう。
 
可能であれば、ロービーム代わりに使えると嬉しいのだが、照射方向を限定できるレンズやミラー等の機構が無いと、実現は難しい模様である
 
 
 
イメージ 36
 
 
 
続いてしまう

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
LEDで薄型!6LEDの丸型フォグランプ!
在庫切れ

AP DC12V 6LED丸型フォグランプ【フォグライト FOGランプ 補助灯】【LEDフォグ SMD 追加灯】【アストロプロダクツ】

 
■商品仕様:
・本体サイズ:W116×D43×H128mm
・レンズサイズ:φ105mm
・使用LED:3W LED×6個
・光束:800ルーメン
・電圧:DC12V
・電流:約1A
・電源コード長:約400mm
・重量:400g
・付属品:汎用取付ステー、ボルトナットセット

■商品説明:
3WのLEDを6個搭載した、非常に明るい丸型の汎用フォグランプです。
取り付けに便利なステーとボルトナット類が付属します。

■注意事項:
※使用前には、必ず取扱説明書を熟読し、本製品の取り付けおよび、使用方法をよく理解してください。
※取り付けには、専門知識が必要です。必ず、専門業者に依頼してください。
※本製品は、DC12V専用です。他の電圧には使用しないでください。
※本製品は、防水処理を施されていますが、完全防水ではありません。常に水の掛かる位置や、水中では使用できません。
※付属のステー類は汎用品です。車輌の取り付け位置によっては、付属品のみでの取り付けはできません。
※LEDの光を、直視しないでください。
※本来の目的、用途以外には使用しないでください。
 
通常販売価格3,056円(税込)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

管理人様

どうやら私とほぼ同じ事を考えていたようですね。
私もうちの新通勤君たるXTZにLED補助灯(10w二灯)を設置しました。
フロントフォークに設置が理想ですが、シュラウドに干渉。
殆どが実験君状態で実証試験をしています。
私の場合は明るいポジションランプ的な運用を考えています。
対向車の目潰しにならないようにかなり下向きに設置せざるを得ませんでした。
管理人様のLED灯設置も注目ですね。

2015/1/10(土) 午後 0:59 [ tak*t*kkou ] 返信する

顔アイコン

> tak*t*kkouさん
XTZ125で夜道を走るなら、明るいランプが欲しくなりますね。
耐久性があるH4互換LEDランプが出てきたら最高なのですが、もう少し時間がかかりそうですね。
フォグランプの取り付け位置は、フロントフォークの下側クランプあたりが良さそうですが、シュラウドと干渉するので難しいですね。
管理人はウィンドスクリーンのステーを活用しますが、今後は対向車に迷惑がかからないよう光軸を下げられるように努力するつもりです。

2015/1/12(月) 午後 10:40 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

管理人様

H4のLEDヘッドは武川から出ていますので私が人柱実験中です。
交流も対応しているのでややこしい電装系の変更も不要です。
武川製はポン付け可能なので非常に便利ですが、高価です。
汎用のH4LEDヘッドは殆どが直流用なのでAC/DCコンバータが必要となります。
確か楽天あたりにAC/DCコンバータを販売しているところがありますが、私は実験してないので何とも言えないところです。

2015/1/14(水) 午後 9:10 [ tak*t*kkou ] 返信する

顔アイコン

> tak*t*kkouさん
武川の交流対応ヘッドライトは魅力的。
というか、交流仕様XTZ125にとっては理想ですね。
「球(バルブ)」の交換だけで明るいヘッドライトが手に入るなら、是非とも導入してみたいものです。
問題点としては、やはり価格と、耐久性が未知という点です。
是非とも人柱様の結果を知りたいものです。
明るいヘッドライトが手に入れば、XTZ125の弱点が一つ減るので、実験成功を祈ってます。

2015/1/15(木) 午後 9:46 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

管理人様

交流対応の武川LEDは一応は一年保証のようです。
よって一年持たなかったら交換要求前提ですよ(笑)。
人柱実験を通勤任務やその他雑用で行っております。
更に消費電力が約18wなので貧弱な単相交流半波整流のXTZには神だと思います。

明るさについてはハロゲンの35wよりは間違いなく明るいと思います。
ただ色温度が高く白いので雨で夜間はちょっと辛いです。
それ故に足元を照らすスポットが必要だったりします。
最も理想的なのは高輝度LEDヘッドで色温度が低めなものだと思っています。

2015/1/16(金) 午後 11:01 [ tak*t*kkou ] 返信する

顔アイコン

> tak*t*kkouさん
こんなものがあったのですね、既に装着されているとのことですので私も発注しました。
XTZ125の最大の弱点のライトが改善されればこれほど素晴らしい単車はないですね。


> ねこのすかんりにんさん
ねこちゃづけ号には随分参考にさせていただきましたので、交換が終わり次第画像をうpしたいと思っております。
これからも更新楽しみにしております。

2015/8/30(日) 午後 9:54 [ だいしけ@マタンゴ ] 返信する

顔アイコン

武川LED換装終わりました。
このような感じになっております。

35w-35w http://www1.axfc.net/u/3529291
60w-55w http://www1.axfc.net/u/3529293
LED http://www1.axfc.net/u/3529292

LED走行動画 http://www1.axfc.net/u/3529294

2015/9/5(土) 午後 9:06 [ だいしけ@マタンゴ ] 返信する

顔アイコン

> だいしけ@マタンゴさん
情報ありがとうございます。
後で紹介させてください。

2015/9/7(月) 午前 1:20 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

情報提供いただきありがとうございます。
取り付け試用の情報だけでも貴重ですが、画像や動画もあれば、他のユーザーが検討する際に一層役に立つと思います。
個人的な希望を言えば、
・ LED使用時のハイロー切り替えの素早さがわかる画像があると嬉しいですね。
あと、取り付け部分の画像もあればありがたいです。

2015/9/9(水) 午前 0:36 ねこのすかんりにん 返信する

顔アイコン

> ねこのすかんりにんさん
大変遅くなりました。
取り付け仕様を複数枚とアイドリング時のハイロー切り替え動画になります。
取り付け仕様ですが本体側カプラにLEDコントローラーのカプラを挿入し、LEDとコントローラーのコネクタを接続で終了です、なぜかラバーブーツを表裏逆で装着されていました。
ハイロー切り替え動画はよく見ればハイローともに少しちらつきがあるようにも見えますが、私は走行時には気にならないです。
カチカチ音がする時はハイロー切り替えで、音がしないのはパッシングです。
動画を縦に編集したのですが実際とは違うちらつきが酷かったために横のままうpしております。

このLEDは雨天でも使用したのですが、純正バルブ系より視認性が良い感じがします。
雨天の動画、写真はまだ撮っておりませんので取り次第アップロードいたします。

2015/9/14(月) 午前 0:19 [ だいしけ@マタンゴ ] 返信する

顔アイコン

申し訳ありません、編集した時にURL貼り付けわすれますた…<(_ _)>

http://www1.axfc.net/uploader/so/3533720

2015/9/14(月) 午後 9:23 [ だいしけ@マタンゴ ] 返信する

顔アイコン

> だいしけ@マタンゴさん
貴重な情報ありがとうございます。
本日にでも紹介させてください。

2015/9/15(火) 午前 0:37 ねこのすかんりにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事