ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 冬の恒例行事とか

管理人が酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
冬になると毎年キャブの調整等を行っていて、今更な感はあるのだが、都合により再度ブログで取り上げてしまう。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 冬のXTZ125

管理人のXTZ125「ねこちやづけ」の場合、恒例のキャブレタのスクリュ等の調整(部品の交換や、分解等の作業は伴わない純粋な調整のみ)で、冬季も快調に運用が可能である。
もちろん、運用される環境によっては状況も異なるのだろうが、管理人の場合は「氷点下(セ氏)数度」までは十分に快調さを維持している。
ちなみに、同系エンジンを積むYBR125等で話題になっている「キャブレタのアイシング」は、管理人の「ねこちやづけ」の場合、全く影響はなく、おそらくアイシングも発生していない。
仮に管理人が気づかないところでアイシングが発生していたとしても、エンジンの調子が悪くなるほどの悪影響は無い模様である。
 
イメージ 1
最近の冬仕様 (エンジンカバーについては後述)
 
イメージ 4
冬の運用状況
 
 
イメージ 2
湿った環境だが、特に「アイシング」症状は感じられず
 

■ 恒例のXTZ125キャブ調整について

毎回同じ画像なのだが、
管理人の場合、冬になったら、
イメージ 5
青色○印がアイドル調整、赤色○印がエアスクリュ(たぶん)
青色○印がアイドル回転調整用のスクリュ 右に回すとアイドリング回転数が上がる。
寒くなってアイドリング状態でエンジンがストールし易くなったら、少し右に回してみるとアイドリング回転数が上がって、エンジンがストールし難くなる。
赤色○印がエアスクリュ。管理人の場合、寒くなると、キャブを下方から見て右に回す(右ねじを締め込む方向)に回している。回す(締め込む)角度については、エンジンの調子を見ながら調整なのだが、普通は90度程度回して様子を見て変更していけば良いはず。
 
なお、エアスクリュ(たぶん)の調整は、通常の工具では困難なので、
イメージ 6
不要工具を適当に変形させて利用している。
 
■ そんなXTZ125にエンジンガード(エンジンカバー)を装備していたりする
冬場でも快調に走り続けるXTZ125だが、管理人の場合、更に過酷な環境でも運用するべく、エンジンガード(エンジンカバー)を装備していたりする。
 
当初は上にある画像のように、雪山を走り回る際に、エンジンのオーバークールを防ぐ目的で製作したのだが、これまでのところその目的は十分に達成しているはず。
 
そんなエンジンカバーだが、普段の運用(冬季の)で使用すると、エンジンの冷却能力が低下するので、エンジンがオーバーヒートしかねない。
そのため、普段は(冬季でも)エンジンカバーを取り外して運用していた。
 
結果的に、雪山に出かけようという場合、出発前にエンジンカバーを取り付けるという運用となっていた。
これは正直「面倒な作業」である。
だいたい、雪山に出かける場合でも、雪山までの道中は「普段の運用」とたいして変わらず、その際にエンジンがオーバーヒートする可能性が無いわけではない。
 
この解決策として、エンジンカバーの前面開口部に、任意に開閉可能な吸気口を取り付け、気温等の状況に合わせて調整すれば、普段の町乗りから、雪山までエンジンカバーの脱着無しで対応可能になるのではないかと考えた。
 
そこで、これまでのエンジンカバーを改造して、前面にスライド式の扉を取り付け、手動で扉を開閉する方式を考えたのだが、
「スライド式の扉を作るのが面倒」
という理由で、とりあえずこの案は却下。
 
ひとまず、より簡単な
「これまでのエンジンカバー」の通気穴を増やして、万一エンジンの過冷却になったら、ガムテープ等で通気穴を塞ぐ」
という、安直な手段に出ることにした。
 
という訳で、早速作業開始。
イメージ 7
これまでの状況
 
 
イメージ 8
適当に通気穴を増やしてみる。
 
イメージ 3
通気穴数が(40+1個)から、(52+1個)に増強された。
 
ちなみに、このエンジンカバーには「謎の穴」や「謎の切れ目」があったりするが、これは過去に「エンジンガード(クランクケース側をカバーしているモノ)」で使っていた資材を再利用したためであり、これらに特に深い意味は無かったりする。 気にしないように。
 
■ 普段も「エンジンカバー」装着して運用中
最近は、エンジンカバーを取り付けたまま、(外すのを忘れていたとも言う)
 
イメージ 9
LEDフォグライトの試験や、
 
イメージ 10
普段の通勤運用でも、
 
イメージ 11
改修されたエンジンカバーを装着したまま運用されていたりする。
 
今のところ、XTZ125「ねこちやづけ」のエンジンが破壊されている様子はない。
もうしばらくこの状態のまま運用を続けるつもり。
 
続くかも

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事