ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 季節のお手入れのついでにブレーキキャリパも手入れしてみた

最近登場する機会が少なくなっているのだが、いまだに管理人による酷使は続いている、気の毒なヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
先日、春になって「衣更え」を行ったついでに、少し気になっていた前ブレーキまわりの軽整備を実施してみた。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 症状とか

最近、走行中に、前ブレーキのキャリパー付近から、なにやら「シャーッ・・・ シャーッ・・・ 」というかすかな異音が聞こえてくるのが気になりだした。
走行速度域によって、異音が発生する間隔が変わるので、脚回りのうちのホイールやタイヤ等の回転する部分に関係しているのは(ほぼ)間違いない。

これまでの状況から、異音の原因は、ブレーキキャリパーピストンの戻り方が不完全なため、前ブレーキのレバーを放して(開放して)も、キャリパー(のパッド)がディスクから完全に離れなくなった・・・
そのため、ブレーキディスクの微妙な歪みによって、ブレーキのパッドとディスクプレートが僅かに接触したり、離れたりを繰る返すことになり、周期的な異音が発生している・・・
という状況に違いない。

■ 対策とか

この対策としては、ブレーキキャリパーのピストンを清掃&磨いて、ピストンを潤滑し、その動きをよくしてパッドの戻り量をこれまでよりも大きくして、ブレーキをかけていない際には、パッドとディスクが完全に離れるようにする

・・・つもり
■ 作業
今回も、作業自体はたいしたことはなく、

イメージ 4
XTZ125

イメージ 5
前ブレーキのキャリパを外して、

イメージ 6
パッドを外してみた、
摩擦材の表面に3本彫られている「溝」の残りから、パッドがやや斜めに摩耗しているのが判る。

パッドを外したキャリパーは、
イメージ 1
こんな状態
酷使の状況が推測できるほど激しく汚れている。

ちなみに、
イメージ 7
キャリパのパッドを押さえる板スプリングの表面には、
「鉄粉」が付着していて、板スプリングが磁化しているのか、鉄粉が磁力線に沿って「立ち上がって」いる

とりあえず、
イメージ 8
ピストンの磨ける範囲を磨いて、

ピストンの奥まった部分は磨けないのだが、
イメージ 9
少しピストンを(ブレーキレバーを握って)押し出して、

イメージ 10
更に磨き、

イメージ 11
ピストンを筒の内側から掴んで回す工具、通称「ねこのつめきり」を使って回し、
奥まった位置にあった部分も磨く、

イメージ 2
ピストンを磨き終わったら、

鉄粉等を洗浄して、
イメージ 12
ピストン表面を潤滑した後、

ピストンを押して戻し、(指で握れば簡単に戻った)
イメージ 13
パッドを戻して、
(スライド・摩擦する部分は潤滑しておいた)

イメージ 3
復旧しておいた。

今回は、
・ どこから鉄粉が発生したのか、
・ パッドが斜めに摩耗していた理由とか、

・・・については、あまり深く考えずに、復旧しておく。

XTZ125の場合、ブレーキまわりの整備も容易なので、様子を見ながら、手軽に整備することができる。
(これが、ブレーキまわりを整備するのが非常に面倒な機種だったら、何度も分解する手間を減らすために、一度整備で分解したなら、パッドやその他消耗品も一度にまとめて交換してしまうのだろうが。)

■ その後
今回の整備の結果、ブレーキの異音はもちろんなくなり、前ブレーキの操作も非常に気持ちよく出来るようになった。
もうしばらく、このパッドには頑張ってもらうつもり。
(参考まで、パッドの摩擦材とベースプレートを接着する関係で、(接着材が摩擦される部分に浸透している?ため)パッドの溝がなくなった時点で、パッドを交換するべきという人もいる。)





閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事