ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 駆動系(ドライブスプロケット・ドリブンスプロケット・ドライブチェーン)の交換

走行距離100,000キロメートルを越えて、なお酷使され続けている管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」の駆動系(前後のスプロケットとドライブチェーン)を交換するお話。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 消耗した部品を取り外し(その1)

走行距離にして「7万キロメートル以上」にわたって酷使されてきたXTZ125「ねこちやづけ」ドライブスプロケット、ドリブンスプロケット、ドライブチェーンの各部品(以下「駆動系」)
今回は、それら消耗した古い部品を取り外していく。

イメージ 4
作業前のXTZ125「ねこちやづけ」

■ 事前準備とか
特に「絶対に必要」な作業という訳でもないのだが、車体をスタンドで持ち上げる(=不安定な状態にする)前に、
イメージ 2
ドリブンスプロケットを固定しているナットを緩めて、

イメージ 5
リアのアクスルシャフト(を固定するナット)も緩めておく

■ 作業開始
事前準備が終わったら、
イメージ 1
上下可動式の別体式スタンド(以下「レーシングスタンド」)で車体(後輪側)を持ち上げて、

イメージ 6
リアのアクスルシャフトを抜いて、
(後ブレーキのロッド等はアジャスタを緩めて外しておく)


ここで、参考まで
イメージ 7
後輪ハブのブレーキドラム内部を見てみる

イメージ 8
本車体では、走行距離で10万キロメートル以上、ドラムはもちろんシューも交換していない。
交換が面倒なので、管理人が運用時に後ブレーキを「温存」しているという面もあったりする。

更に
イメージ 9
後ブレーキのパネルとブレーキシュー

イメージ 10
後輪ドラムブレーキのブレーキシュー


イメージ 11
シュー表面は溝状に削れている


イメージ 12
ハブのドラム内側の様子
こちらも後で確認するつもり。

■ ドライブチェーンの確認
後ホイールを外したら、
イメージ 3
7万キロ以上を走ってきたドライブチェーンを

確認してみる。
イメージ 13
ノンシール式のドライブチェーン(クリップジョイント付近)の様子

非常に汚れたドライブチェーン。 良い子は真似しないように。

(今回は、ドライブチェーンのジョイントを外してチェーンを切り離すよりも先に後輪ホイールを外してしまったので、この状態でクリップを外すことになってしまった。
クリップジョイントを外す際には、クリップジョイントをドリブンスプロケットの2時か10時くらいの位置に回しておいて外した方が、ほんの少しだが楽だと思う。)

・・・続いてしまう。




「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事