ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 駆動系(前後スプロケットとドライブチェーン)の交換に合わせてホイールも清掃

走行距離が100,000キロメートルを越えて、いまだに走り続けている管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
その駆動系(前後のスプロケットとドライブチェーン)を交換したついでに、(新しいドライブチェーンを導入する前に)汚れた後ホイールのリムも清掃してみた。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ ドライブチェーンオイル注油器とホイールリムの汚れとか

XTZ125「ねこちやづけ」には、そのドライブチェーンに注油をするための「注油器」が装備されている。
注油器を装備しているおかげで、たとえ走行中であろうと、ドライブチェーンに容易に注油することができるので、注油の機会も増してドライブチェーンの耐久性を向上させるのはもちろん、駆動ロスを低減させて走行性能の低下を抑制できるのは大きな利点だと考えている。

そんな便利な「注油器」だが、「注油器」からドライブチェーンに注油されたオイルは、その役目であるドライブチェーンの潤滑等を行った後、消えてなくなってしまう訳ではなく、その周辺部に飛散・付着する場合もある。
大部分は「チェーンカバー」の内側に油汚れとして付着するのだろうが、後ホイールのリム等に油分を含んだ埃として付着する場合もある。

■ リムに付着した油埃を拭き取ってみる
純正の鉄製リムから、アルミリムに換装されている「ねこちやづけ」のスポークホイール。

そのリムには、(長年洗車もしていないので)前述の油埃が多量に付着していたりする。

イメージ 6
数万キロメートル分の埃

埃といっても、軽く油分を含んでいるので、水をかけたからといって、簡単に流れ去ってくれるものではないのだが、
イメージ 5
乾いた布で拭き取ると、


イメージ 4
簡単に除去することはできる。

ちなみに、多少なりとも油分を含んでいるので、リムやスポークに付着したなら、その表面を油分で保護して錆を防ぐ等の効果はある。(重要)

面倒なので、ホイールを手で回して
イメージ 3
リム部を拭いていく


イメージ 2
リムを拭き終わった状態


イメージ 1
とりあえずリムはきれいになった。
きれいなリムは気分が良い。
(今後、たまには洗車しよう)


これでいつドライブチェーンが新しくなっても良かろう。




「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事