ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ 贅沢な「シールチェーン」を導入したら、ご褒美のおまけシールが付いていた

管理人がしつこく酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
何を勘違いしたか、その駆動系(ドライブチェーン)に、贅沢な「シールチェーン」(しかも国産の凝ったシールを装備した低抵抗の高級仕様)を取り付けてしまったりした。
そんなシールチェーンを取り付けた直後、XTZ125「ねこちやづけ」で試走を兼ねて近所の給油所に出かけた管理人。
給油を終えて、タイヤの空気圧でも調整しようとした際に、「何か」を発見してしまったりした。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ チェーンカバーにおまけが付着していた

以前に、前後スプロケットの交換に併せ、ドライブチェーンを、
イメージ 4
ごくごく質実剛健なノンシールチェーンから、極めて贅沢なシールチェーンに交換した。
(以前のおはなしを参照のこと)

駆動系の「丸ごと交換」と、その他「ついでに行った整備」を終えて、近所の給油所まで試走に出かけて、タイヤの空気圧を調整しようと、エア充填用のノズルを持って後輪付近を見た際、

イメージ 1
「 ? 」
画像の赤矢印の先端あたりに、見慣れない物体を発見してしまった。

通常であれば、路上にあった小さな異物が、
⇒走行中のタイヤに跳ね上げられて、
⇒ドライブチェーンのグリス等粘着力により付着し、
⇒ドライブチェーンが回転したことにより、付着物が遠心力で飛散し、
⇒グリスの粘着力により、チェーンカバーに付着した。
・・・かと思い、特に気にすることもないのだが・・・。

今回は、ドライブチェーンを交換したばかりということと、「異物」の形状が、つい先程まで扱っていたシールチェーンのシールに似ていたことから、とりあえず「異物」を手にとって確認してみたところ、

イメージ 2
どう見てもシールチェーンのシールである。

状況から考えて、本車体(=XTZ125「ねこちやづけ」)に関連した部品と考えるしかなかろう。

■ シールチェーンのジョイント作業の失敗?
シールチェーンの「シール」(=ゴム製のOリング。実際には抵抗を減らす等の目的で、単純なリングではなく、複雑な形状になっている)が、一つ「チェーンカバー」に付着したのを発見した管理人。
ここで管理人が考えたのは、



「シールチェーンを結合(=ジョイント)する際に、シール(=Oリング)を組み付け損ねていた?」

というもの。


「走行中に遠心力で跳んだ”シール”が、チェーンカバーの内側に付着して、それが走行中に脱落せずに管理人に発見される」というのも、「確率的にありえる事なのか?」などと考えてみたものの、本来ドライブチェーンの中で働いているはずの「シール」が、本来無いはずの場所で発見された時点で、確立について考えてもあまり意味は無い。

が、その時点で「自分が作業ミスした可能性が大」だと考えていたので、余計な事も頭の中をぐるぐると回ってしまう。

■ とりあえず、「ジョイントリンク」部分を目視で確認
給油所のタイヤエア充填場所で、車体を左に傾けて、サイドスタンドで車重を支え、後輪を空転させてドライブチェーンのジョイントリンクを視認できる場所まで移動させ、覗き込んでみたところ、インナーとアウターの各プレートの間には、4枚のシール(=Oリング)が入っているように見える。
が、白っぽいグリスが大量に付着した新品のチェーン。
シールが入っているように見えて、実はグリスだったという事も無いとは言えない。

■ 作業中の「シール」の状況を確認してみる
タイヤのエア充填を済ませて、とりあえず作業場所である「ねこのすⅡ」まで戻る。
当初の予定では、もう少し試走を続けるつもりだったのだが、ドライブチェーンにOリングが抜けた箇所があっては、余計な消耗を避ける意味でも、これ以上の走行を続けるべきではなかろう。

「ねこのすⅡ」に戻ったら、先程まで作業状況を撮影していたデジタルカメラ(キャノンのD30)で、ジョイントリンクを組んだ際の画像を確認する。

「軸付き」のアウタープレートを組んだ際には、
イメージ 3
確かに、シール(=Oリング)を2個挿入している。

そして、その軸を両側のリンク端に通した後、
イメージ 5
シール(=Oリング)を2つ取り付けて・・・

・・・穴あきのアウタープレートを圧入して、クリップで留めたはず。

上2枚の画像で、軸付きのアウタープレートに通したシールは脱落しそうも無いが、穴あきのアウタープレートを圧入する側のシールは、ひょっとすると圧入作業時にシールが脱落した可能性も考えられる。




とりあえず、クリップで留めた後のジョイント部分を見ると、
イメージ 6
やっぱり、シール(=Oリング)は、4枚ともにあるべき場所に収まっているように見える。

ひとまず、「ジョイント部分のシール組み付け忘れ」という、「最悪の事態は避けられた」ようで一安心である。

■ 念のため、他のリンク部分も確認してみる
後日、ドライブチェーンのグリスが馴染んできたところで、ドライブチェーンの全リンクのシールを確認するため、
イメージ 7
車体をスタンドに載せて、後輪を空転させられる状態にし、

全リンクのシールを確認するべく、
イメージ 8
ジョイント部分から、

イメージ 9
タイヤ(後ホイール)を回して、


イメージ 10
全リンクのシールを確認してみた。

・・・結果、
全リンクにシールが収まっていることを確認した。


結局、今回発見された1個のシール(Oリング)は、
ドライブチェーン(内のシールが必要な箇所)から脱落した訳ではなく、
メーカーがドライブチェーンを組み立てた際に、余分なシールがたまたまチェーンに付着していたものと推定。

メーカーが予備用のシールを、管理人の為に「おまけ」で付けておいてくれたのかも。





「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事