ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ 復活

次の四月が来たら運用開始から10年、いまだに管理人がしつこく酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
最近、これまでになかった程の大きな(運用上の)問題が発生したりした。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 「始動性に難有り」とはこういうことか?

これまで、寒い冬季(湿った雪が降り積もった環境下でも。 もっとも、ねこのす地方では、寒いといっても氷点下数度までしか下がらないが・・・)でも、特に問題なく始動して、快調に走り続けてきた「ねこちやづけ」
そんなタフでストロングなマシーンだった「ねこちやづけ」なのだが、それが最近では、始動には困らないものの、その後の回転の維持と走行に苦労するようになってしまった。

ちなみに、その原因ははっきりしていて、原因のモトは管理人にあることもはっきりしていたりする。

■ 油を注ぐはなし
これまで、XTZ125のインプレッションの中で、「始動性に難あり!!」という話は、数多く存在していて、管理人も何度か聞いたことはあるのだが、自分のXTZ125=「ねこちやづけ」の始動性は全く難が無いことから、その話を疑うとともに、
・ たまにしか乗らないユーザーが多いので、キャブレタ内のガソリンが劣化しているのでは? とか、
・ 初心者が乗るバイクの場合、始動時に燃料を濃くする意味が理解できていないのでは? とか、
・ そもそもキャブのセッティングが薄すぎるのでは?
などと、問題の理由を推測していたのだが、今回の件で、もしかすると、「始動性が悪い!!」と言っているユーザーの車体も、現在の「ねこちやづけ」のような状態になっているのではないか? ・・・と思えてきた。

このあたりの話を、今回の管理人の失敗の例で振り返ってみると、

■ 遠因
以前、
でとりあげたように、XT660Zテネレ「ねこわさび」「北海道ツーリング2015」へ出かける直前、XTZ125「ねこちやづけ」で走行中に、キャブレタから燃料(ガソリン)が駄々漏れになったことがあった。

イメージ 1
XTZ125「ねこちやづけ」

その修理の際、そのキャブレタを取り外して分解し、清掃の後、復旧して、その後の試走では問題なく運用できたのだが・・・

その際、管理人が行った余計な一手間(ひとてま)が、その後の始動性に問題を起こすことになる。

イメージ 2
キャブレタを分解する前

イメージ 3
取り外したキャブレタ

キャブレタの分解・清掃作業は、それ自体はそんなに難しい作業ではない。
基本的に、分解して、傷や汚れをつけないように清掃して、元どおり組みなおすだけ。

管理人も、そのように作業しようとしたのだが、いつもの習性で、各部の潤滑を行ってしまったりした。

今回、注油を行ったのは、
イメージ 5
上の画像で赤色と黄色の矢印で指した部分

イメージ 4
キャブレタを上から見ると、こんな感じ。

潤滑用の油を差した箇所は、上記の2カ所。
具体的には、エンジン始動時に一時的に燃料を濃くして、始動性を上げる「チョーク」を作動させるためのレバー(チョークレバー)があるのだが、そのチョークレバーが動く際に、摩擦される箇所である。

ここに注油してしまった影響で、チョークレバーを操作した位置で保持する力(摩擦力)が減り、
・ これまで、任意の位置で「チョークレバー」を保持することができたのだが、注油してしまったことから「チョークレバー」を任意の位置で保持することができなくなってしまった。
・ チョークレバーを手で押し下げて(チョークオン状態・冷間始動時)の状態で始動できたとしても、その後チョークレバーから手を放すと、すぐにチョークレバーがもとの位置に戻ってしまう。

そんな事から、エンジンの始動はできても、チョークレバーから手を放すと、(スプリングの力で)チョークレバーが通常位置にまで戻ってしまい、回転の維持が困難となっていた。


キャブレタのセッティング的には、(清掃直後ということもあって)たぶん、問題は無いのだが、始動にはてこずる。

夏場の暖かい時期等、それ程チョークを必要としない季節なら、全く問題に気づかないのだろうが、冬場にチョークが作動できないというのは辛い。

という訳で、次回以降、その対策について考えてしまう(予定)。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

80,90年代に原付に乗っていた経験があると、チョークをしばらく引いておくのが基本と思いますが、それ以降のバイクは、オートチョークですぐ走り出せて当たり前になっています。それを思うと、XTZはエンジンが温まるままでは、頼りないです。
XTZはガソリンコックの儀式をすれば始動性に問題ないと思います(週1乗りで、セル2発)
私のXTZはチョークが戻りません。

2015/11/26(木) 午前 5:31 [ xtz*20*90 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事