ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]

■ XTZ125「ねこちやづけ」 勝手にチョークレバーが戻る・・・件の応急処置

以前に、キャブレタを整備した際、余計な箇所まで潤滑したところ、チョークレバーの動きが(必要以上に)軽くなってしまい、これまで手を放せば任意の位置でとめることができたチョークレバーが、勝手に戻ってしまうようになってしまった。

この時期、チョークレバーが勝手に戻ってしまうと、始動直後はずっとチョークレバーを手で押さえていなければ、エンジンの回転(アイドリング状態)を維持する事ができず、結果的に始動直後にエンジンストール・・・という状況になってしまう。
これではさすがに通勤用として運用するのは難しいので、とりあえずチョークレバーを下げた状態で保持できるようにする応急処置を行ってみた。

■ 適当なステンレス製のワイヤを引っ張り出して来て・・・

以前に、XTZ125の後ブレーキのストップランプ用スイッチと、ブレーキペダルとを繋ぐスプリング(の代用品として使用したステンレス製ワイヤ)で、その後は後ブレーキのロッドの遊びを抑えるスプリングとして流用。
後ブレーキのシューを新しくした際に不要となり、最近は使用されず放置されていたステンレス製のワイヤ。

今回は、たまたまこの不要ワイヤが目に留まったので、

イメージ 1
適当にエンジン上面の金具と、キャブレタ付近のホース(燃料ホース)に両端を留めてみた。

チョークレバーを下に押さえた状態で保持したのが上の画像で、

チョークレバーを開放した状態が下の画像の状態。
イメージ 2
チョークレバーを中間的な位置で保持

ワイヤの凹凸にチョークレバーを引っ掛け、任意の位置でチョークレバーを保持する事ができた。

使いやすいとは言い難いが、始動直後のエンジン回転を維持するという目的は、とりあえず実現できているような気もする。



後で修正&もう少しだけマトモな仕様に改良するつもり。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事