ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ リアサスペンションのリンク(の一部)をグリスアップ

最近、懸案だった後タイヤの交換を済ませた管理人のヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」
リアタイヤを交換するためには、後ホイールを車体から取り外さなければならないのだが、せっかく後ホイールを取り外したので、普段なかなか手を入れられない箇所を、ついでに手を入れてみたりした。
本内容は管理人が行った作業の記録だったりする。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ついでの作業とか

これまでの運用で、特に支障があった訳ではないのだが、リアサスペンションのピボットやリンクまわりといえば、激しく可動する箇所なので、そのうちグリスアップ等の手入れをいなければと考えていた管理人。
他の機種でも、機会があればスイングアームを外してグリスアップしたりしてきたのだが・・・
 (参考)
最近は整備に当てられる時間的余裕も減少気味なので、ついでの機会を有効に活用して整備を実施していかねばなるまい。
という訳で、

■ ちょっとだけお手入れ
タイヤ交換のために後ホイールを外したついでに、
イメージ 4
後サスペンション(クッションユニット)の下部を見てみた
「ねこわさび」の場合、ドライブチェーン用の自作注油器(所謂「スットコオイラー」)を装備している関係もあって、このあたり特に油汚れが酷かったりするので、

イメージ 1
普段は見ないようにしている汚れだが、
今回ばかりは分解箇所の都合もあるので、少しだけ洗っておく。

イメージ 5
のりあられ

その後は、手近なところのボルトとナットを外して、
イメージ 6
なんとなく今後「プアーテック製品」が登場しそうなジャンルの部品を、

イメージ 2
なんとなく長さや、

イメージ 7
径の大きさを、

イメージ 8
測定してみた。

イメージ 9
これで、プアーテック製品が作りたくなったら、

イメージ 10
いつでも作れるのかも。

その他、
イメージ 11
リンクプレート前後のシャフト表面には、うっすらと白い錆が発生していたので、
(本来なら錆を落として、防錆処理を実施するべきなのだろうが、)
今回は軽くグリスを塗って使用。
更に
イメージ 12
リンク各部のカラーを

イメージ 13
抜いて、磨いて、

イメージ 14
ニードルベアリングも確認

イメージ 15
他のカラーも抜き取り、

イメージ 16
やっぱりベアリングも確認。

長らく手入れしなかった車両など、ニードルベアリングが摩耗してばらばらになっていたりするのだが、今回はそれほど痛んだ様子は見当たらず。

各ベアリングに管理人特製のグリスを塗布して馴染ませた後、カラーを挿入して、
イメージ 3
ついでにカラー内部にもグリスを突っ込んでおく。

先ほど錆が見つかった最下部にあるシャフトは、
イメージ 17
通常よりも大目にグリスを塗っておいた。
(錆止め用のつもり)

とりあえず、今回はこのあたりのグリスアップをして満足しておいた。
本来なら、スイングアームのピボットや、サスペンションクッションユニット上下端の可動部分も点検・整備しておきたかったのだが、次回以降のお楽しみとしてとっておこう。


何かあったら、次回以降に続くかも。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事