ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ チョークレバーの保持方法について、いまだに考えていたりする

基本的に冬季も始動性については問題がない管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
基本的な始動性については問題はないのだが、以前にキャブレタを整備&潤滑した際に、「チョークレバーの位置を保持させるための摩擦箇所?」まで潤滑してしまったので、チョークを効かせた(チョークレバーを押し下げた=始動時)状態から、手を放すと勝手にチョークレバーが上がってしまう(暖機後の通常走行状態)ようになってしまった。
いくら始動が容易にできたとしても、勝手にチョークレバーが戻ってしまうようでは、暖機が完了するまで、そのアイドリング回転数を維持することは困難。(左手でチョークレバーを押え続ける訳にもいかないし)
信号待ち等で停止するたびにスロットルを開けてエンジンの回転数を保持しなければならないので、乗っていて非常に気疲れして、通勤運用で使うには非常に芳しくない状態となっていた。
本内容は管理人が行った作業の記録だったりする。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ (ゲート式?)チョークレバーホルダの改良

チョークレバーを保持するため、前回
で針金を用いたゲート式(っぽい)チョークレバーホルダを試作してみた。
その試作品を試用したところ、
・ とりあえずチョークレバーを保持する事はできた。
・ 操作も片手で、手元を確認することなく可能。
・ が、走行中の振動等で、保持状態が勝手に解除されてしまうこともあった。
・ 更に、段階が3段階しかなかったので、所謂「半チョーク」という、中間的な位置が使いにくい。
という結果を得た。

前回のゲート式チョークレバーホルダでは、金属(チョークレバー)と金属(針金)が接触する箇所の摩擦力でレバーを保持していたので、走行中の衝撃等によって(ロック機構が外れて)勝手にレバーが戻ってしまうことがあった。
後に針金にテープ類を巻きつけて、チョークレバーとの摩擦力を調整して勝手にレバーが戻る問題を克服しようとしたのだが、気休め程度にしかならなかった。

という訳で、前回の金属製(=針金)のゲートによるチョークレバーの保持はもっと芸が細かい、気のきいた「ゲート」を作らないと実現はムズカシかろうという結論に達し、次は樹脂製のゲートを作成して、ついでに中間的なレバーの状態を作り出せる「段数の多段化」も図って、改修してみることにした。

■ 製作とか
今回の樹脂製ゲート作成は、
イメージ 1
前回の針金ゲートの上に、固定して使うつもり

今回も製作に活用する資材は、
イメージ 2
いつもの「廃ポリタンク」を電動ジグソー切り刻んだように見える樹脂製の板

いまどき廃ポリタンクでしつこく遊んでいるのは、募金CM内に出てくる発展途上国の子供たちか、日本の管理人くらいだろうな。

適当な端材を引っ張り出して来て、
イメージ 3
電動ドリルで適当に穴を開けて、

イメージ 4
取り付け用(のつもり)の穴も開けて、

イメージ 5
前回作成した針金式ゲートにタイラップで取り付け

イメージ 6
とりあえずレバーを上段とか、


イメージ 8
下段とか

イメージ 7
最下段とか

レバーを各段で固定することはできた。

今回の回収の結果、以前の「針金の弾性でチョークレバーを保持する」という感じではなく、
樹脂板を左手薬指・小指で「捲るような感じ」でチョークレバーから外し、チョークレバーを人差し指と親指で動かした後、捲っていた樹脂板を戻せば、勝手に樹脂板の穴にチョークレバーが刺さる・・・というような感じで使っている。

当初の予定とは使い方が若干違っているような気もするが、思ったより使いやすかったので、これはこれで良しとしておこう。

ただ、キャブレタの左側面が樹脂板で覆われてしまったので、アイドリング回転数の調整スクリュ等、工具を挿入するのも面倒になってしまった。

このあたりは何か対策を考えねばならないだろうな。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事