ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ XTZ125「ねこちやづけ」冬の朝

管理人が酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
この冬空の下でも、酷使され続けていたりする。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 水分 + 氷点下

昨日はひさしぶりに雨が降った後、夜からはすっかり晴れたこともあり、今朝の「ねこのすⅡ」周辺は気温が氷点下という、バイク通勤にとっては厳しい環境に見舞われた。

イメージ 1
軒先に停められたXTZ125「ねこちやづけ」

気温が氷点下ということで、屋根がある場所とはいえ、昨日の雨粒が付着したままの車体表面は、水分が凍りつく。
イメージ 2
シート表皮の上の水分は薄い氷となり、トップケース上など、水滴はそのままの形で凍りついていた。

イメージ 4
シートの上の薄氷

周辺は、
イメージ 3
昨日の雨が乾かずに残っていた部分は、凍っている。

幸いなことに、晴天ということで日の出以降は日差しも強く、気温も上がったので周辺の氷も解けて、管理人が出発する時間帯までには走行に支障はなくなった。

■ エンジン始動には特に問題なし
今朝の環境は、それなりに水分があるなか、気温は(僅かながら)氷点下という、キャブレタ内で水分が凍ってしまうという、アイシングという現象が発生しやすい環境だった(はず)。
XTZ125や、同系エンジンを装備するYBR125等では、冬季にアイシングが発生してエンジン始動が困難になるという話はたまに聞く。
管理人としても、今朝一番の始動時には、慎重に状況を確認しながら始動したのだが・・・

本日の始動も、いつもと同様にキック一発で素直に始動した。
その後も特にエンジンの機嫌が悪くなるようなこともなく、素直に走行ができた。

〔始動直後はチョークを引いた(レバーを押し下げた)まま、その後しばらくは「半チョーク状態」で走行しながら暖機しているが。〕

■ アイシングの発生条件とか?
今朝の状況では、「アイシング」は(たぶん)発生していない。
これは気温がそれほど低くなかったのが原因なのか?
それとも湿度が高くなかったのが問題だったのか?.
(別にわざわざアイシングが発生して欲しいという訳ではない)

アイシングが発生した具体的な状況(気温や湿度・天候等)の情報が入手できれば、再現や対策もやりやすくなると思うのだが。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事