ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ チョークレバーホルダの(更なる)改良・・・?

最近はずいぶんと暖かくなってきて、冬場のように「チョークレバー」に頼る運用ではなくなった管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
始動や始動直後のエンジン回転数を維持するのも、ずいぶんと楽になってきたので、冬場は非常に重要だった自作の「チョークレバーホルダ」も、以前ほどは大活躍できなくなったのだが、まだまだ改良というか、自己満足というか、何やら切ったり貼ったりの作業は続いていたりした。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 「ゲート式」ではないチョークレバーホルダ

今回のチョークレバーに関する話は、以前「キャブレタからガソリン駄々漏れ事件」から始まり、キャブレタの分解・清掃を実施したのだが、その際に「チョークまわり」を潤滑したことから、チョークレバーを「チョーク状態」のまま保持する事ができずに、スプリングの力で勝手に「通常走行位置」にまでチョークレバーが戻ってしまうようになった。
さすがにチョークレバーを使わずに、冬場の運用はできない(=しない方が良い)ので、何らかの方法でチョークレバーを保持できるようにしたのだが、その方法がわざわざ穴を開けた大きな樹脂板を使う、無駄に趣味に走った器具を作っていたのだった。
(参考)

■ 今回は、ひたすらシンプルにしてみた
先に言ってしまうと、チョークレバーホルダの改良作業も、もう1段階程度で一旦終了しようかと思っていたりする。
そんな訳で、前回まで無駄に大きな樹脂板を使った「ゲート式」の「無駄」を削るべく、ひたすらシンプルな機構を試してみた。

イメージ 1
今回の部品
そのへんに転がっている樹脂部品。
これまでの「ゲート付き樹脂板」と較べて、一気に軽量かつ小型化が進んでいる。

(ちなみに、ゴーグル等のバンドをヘルメットの淵に沿わせて固定するための部品である)

この部品を、
イメージ 2
チョークレーバの先に挟み込んでみた。
ゴムバンドを通すための溝に、ちょうどチョークレバーが嵌まりこむ。
適度な保持力で、他に固定手段は用意しなかったが、部品の脱落や紛失は発生しなかった。

これをどのように使うかというと、
イメージ 3
チョーク時(始動時・チョークレバーを下げた状態)で保持するには、
チョークレバーを下げて、「今回取り付けた部品」を、付近を通っているゴムホース(ベント用)に引っ掛けるだけ。

これなら無駄に大きなゲートも必要ないので、以前の「ゲート式の部品」と較べれば、一気に軽量化・小型化しているはず。

■ その後
以前に、思いついた方法(=ゲート式)での目的達成はひとまず置いといて、今回は全く別の手段で、目的の達成を試みてみた。

結果としては、「チョーク状態」でチョークレバーを保持することは、非常に楽になった。
(以前の「ゲート式」よりも簡単)
そして、キャブレタのエアスクリュ等を調整する際に、「ゲート式」のように「樹脂板」が邪魔になることもない。

問題としては、
・ 燃料ホース等ではないにせよ、ゴム製のホースに(僅かとはいえ)負荷をかけるのは美しくない。
・ チョークレバーの位置は、チョーク状態(=始動時等)と、通常走行状態の二種類の状態では問題がない。
 ただし両者の間、(半チョークとか)等では、レバーが保持できないので、これとは別の手段を用意する必要があるのだろうな。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事