ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ 交直両用LEDヘッドライトのHi/Low切り替え

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
しばらく前に ヘッドライトをLED化(H4 LED) XTZ125「ねこちやづけ」 で紹介したように、ブラジルで生産された「ヘッドライトに交流電源が供給される」仕様のXTZ125に、LEDヘッドライトバルブを装着してみたのだが、そのページに「後で更新予定」と書いておいたものの、更新をすっかり忘れていたりした。
今回は、その穴埋めをするべく、遅ればせながら、動画を含めて少しだけ内容を追加しておく。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ LEDヘッドライトのハイロー切り替えとか

今回、LEDヘッドライトを切り替える際の状況を動画で撮影してみたので、短時間の動画ながらYou Tubeにアップしておいた。

普段は常時点灯なのでヘッドライトスイッチは機能していないのだが、今回はパッシングスイッチの機能確認のため、ヘッドライトを消灯できるよう、一時的にその機能を戻している。


容量節約のために短時間となっているが、撮影の順番に、
① 消灯
② 消灯状態からのパッシングスイッチ操作
③ ヘッドライト点灯(ロービーム)
④ ヘッドライト点灯(ロービーム)からのパッシングスイッチ操作
⑤ ヘッドライト点灯(ハイビーム)
⑥ ヘッドライト点灯(ハイビーム)からのパッシングスイッチ操作 ←反応せず。
となっている。

ヘッドライト点灯中(ハイビーム)の場合、パッシングスイッチを操作しても全く反応がないのだが、それ以外はパッシングスイッチを押せば、ハイビーム側のヘッドライトが点灯するので、通常(ハロゲンランプ)時と同じ機能が実現できている。

ただ、ハイ/ローの切換が瞬時に出来るのは、これまでのXTZ125(ヘッドライトが交流電源仕様のハロゲンバルブ装着)では臨むべくも無かったので、やっぱりLEDに換装する効果は大きいと言わざるを得ない。

イメージ 1
とりあえず、「ねこちやづけ」のLEDは快調に運用中。
(もう少し明るいと更に嬉しいが・・・贅沢は言わない。)



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事