ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ チョークレバーホルダのとりあえず(今シーズン)最終型

最近は「ねこのす地方」もすっかり暖かくなって、これまでせっせと改良を続けてきた「チョークレバーホルダ」の重要性も薄らいでいたりする、管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
冷間のエンジン始動時に、チョークレバーホルダでチョークレバーを「チョーク・オン(=始動時用)」状態で保持しなくても、十分に運用ができる状態になっている。
(指でチョークレバーを下に押さえたままエンジンを始動し、しばらくしてから指を放せば、チョークレバーは通常状態に戻るが、エンジンはストールすることなく、回転を維持できている状態。)

・・・春が来たということで、長らく続いてきたチョークレバーホルダの改良作業だが、今シーズンは今回の仕様で最終型としておこう。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ すぷりんぐ ハズ カム

これまで、「まわりくどい」ゲート式のチョークレバーホルダ等を中心に作ってきたのだが、今回は前回と同様に、できるだけシンプルな構成を考えてみた。

という訳で、アイデア自体は以前からあったのだが、適当な資材が無かったので実現できていなかった「スプリング式」のチョークレバーホルダを試してみる。

ここで「スプリング式」といっても、勝手に戻ろうとするチョークレバーの力を、打ち消す方向に作用するスプリングの力でバランスをとるという、高度な「バランススプリング式」のことではない。

ついでに、使用する資材は、
イメージ 1
こういうの。

メモ帳やスケッチブック等のリング製本で使われている「針金」である。
(当然、いつものように廃材から再利用である。)

■ 作業とか
今回も例によって大した作業ではないのだが・・・
リング製本の古い冊子を処分する際に、スプリング状のリング(針金)を引き抜いて、

イメージ 2
スプリングの上側はフレームの適当な穴に、
下側はクラッチケーブルのホルダに引っ掛けて固定してみた。
(ひっかけただけなので、容易に取り外しが可能)

このスプリングで、
イメージ 3
チョークレバーを押し下げた(=始動時)状態で、スプリングで固定

ちなみに、
イメージ 4
チョークレバーを戻した(=通常走行時)状態だとこんな感じ。


という訳で、無事にチョークレバーを保持する事ができるようになった。
これまで検討してきた、「くどいゲート式」のチョークレバーホルダと較べれば、ずいぶんとシンプルなつくりになったものである。

これなら、前回のチョークレバーホルダで課題となった、
・ 「他のホースに負荷がかかる」という問題や、
・ チョーク時jと通常時の間に「中間状態」が無いという問題も解決できる。

実際にしばらく運用してみたのだが、適度にスプリングの張力を維持しておけば、スプリングを少し車体前方向に指で押さえながらチョークレバーを操作し、指を放せばスプリングが勝手にチョークレバーに引っ掛かるので、指を放してもチョークレバーの位置を(スプリングが引っ掛かった位置で)保持できる。

これなら、チョークレバーホルダの役割は果たしているといえるはず。

■ その後
今回はスプリングの「巻き」が粗い(巻数が少ない)ので、「チョークの中間状態」の段数が少ないのだが、廃材の再利用ではなく、自分で針金を巻いて適切なスプリングを作れば、もっと使いやすいチョーレバーホルダが出来上がるはず。


とりあえずは、この状態で(来シーズンまで)運用しておくつもり。



何かあったら続くかも。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事