ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ エアフィルタースポンジの崩壊と新しいスポンジ(ツインエア)投入

新車で導入されてから10年が経過したにも関わらず、いまだに酷使され中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
ここにきて各部の劣化も気になりだしたので、これまで引き延ばしてきた各種整備を、まとめて実施してみたりしている。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 最近は見ないことにしていたりした

出力にそれほど余裕がある訳でもない、小排気量車を通勤で運用するにあたって、その乏しい出力を少しでも有効に引き出すべく、駆動抵抗になりそうな箇所や、余計な吸気・排気抵抗になりそうな箇所を管理するのは非常に重要だと思っていたりする管理人。
そんな管理人も、酷使中のXTZ125「ねこちやづけ」に関していえば、「以前は」せっせとエアフィルターの洗浄や清掃を行っていたのだが、最近は「洗浄」はもちろん、「確認」も避けてきたような状態である。
なぜ、そんな「芳しくない状態」だったかというと、整備が「めんどくさい」というのも確かなのだが、「そろそろ経年劣化で、スポンジが劣化しているはずなので、ヘタに整備しようとしてスポンジに触れようものなら、ボロボロに崩れ去ってしまうのでは?」と思っていたのも原因だったりする。

そんな訳で、これまで見ないふりをしていたエアフィルタースポンジを、導入後10年を経過したということで、重い腰をあげて整備してみることにした。

■ 予想通り「スポンジケーキ型スポンジ」
(手間を減らすために、他の整備内容等とまとめて実施していたりするが)
ひさしぶり(何年かぶり)にエアフィルタースポンジの確認を行う。


イメージ 2
ちなみに、XTZ125のエアフィルターは、車体右側サイドカバーの中、
エアフィルターケース(カバー)を外した中にある

そのカバーを外すと、
イメージ 1
ひさしぶりにエアフィルタースポンジと御対面。
フィルターの角(溶着部)が、剥がれて、なんとなく予想通りのような気がしている。

エアフィルターを取り付けてある、台座ごと横(画像手前)に引き出してみるが、
イメージ 4
スポンジを手で触れると、
ぼろぼろに崩れていく。
この適度にフィルターオイルがしみこんだ、しっとりとしたスポンジの崩れ具合は、まるでスポンジケーキのよう。

イメージ 5
エアフィルターの台座や、スポンジ内部のフレームを外してみるが、
すでにスポンジは崩壊して、再使用はしようと思っても出来ない状態。

しようがないので、スポンジの再利用は諦め、新たなエアフィルタースポンジを投入する。

■ ツインエア、エアフィルタースポンジ投入
今回、劣化して使用不能となったフィルターのスポンジを交換するため、本来ならヤマハの純正部品を取り寄せて、それに交換するべきなのだろうが、今回は、
イメージ 6
有名なツインエアのエアフィルタースポンジを手持ちで「在庫」していたりした。

ちなみに、この「ツインエアのエアフィルタースポンジ」は、以前にチタン製マフラーを譲ってもらった際に、オマケとして譲ってもらったエアフィルタースポンジである。
これまで初期装備の純正エアフィルタースポンジを洗浄・確認してきた際には、勿体ナイので使用せずにいたのだが、今回は投入せざるを得ない状況になったので、ようやく出番がやってきたことになる。
(管理人のモノモチの良さにも感動である。)
イメージ 7
フィルターの説明とか。

エアクリーナーケースの内部は、
イメージ 8
それなりに埃等が溜まっていたので、エンジンやキャブレタに汚れや埃が侵入しないように注意したうえで、
ケース内部を軽く清掃しておいた。

新しいエアフィルターは、
イメージ 9
適当なフィルタースポンジオイルを滲みこませて、

イメージ 10
フィルター内部のフレームを入れて、

イメージ 11
スポンジにフレームを嵌めこんだ状態

イメージ 12
蝶ねじでフレームごとエアフィルタースポンジを固定して、

イメージ 3
車体(エアフィルターケース内)に取り付ける。
あとは、エアフィルターケースの蓋や、サイドカバーを取り付けて、

イメージ 13
エアフィルターケースを元どおりに復旧して、
サイドカバー等も戻す。

これまで、フィルターオイルがたっぷりしみこんだうえに、劣化して崩壊寸前だった「スポンジ」が、
新しいフィルタースポンジ(しかも高性能と謳っている)と、同様の空気量を透過させていたとは(全く)考え難い。

そこで、これからしばらくの間は、新しいエアフィルターの吸入空気量等を観察するとともに、「キャブレタの燃料供給量(燃料の濃さ:空燃比)が、XTZ125にとって、都合が良いものになるよう、調整を行うつもり。


続いてしまう予定。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事