ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ 10年目の維持

先日、新車で導入してからの運用期間が10年を経過した管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
日々の酷使により、各部は順調に劣化してきていたりする。
特に樹脂製の一部パーツは、直射日光の影響かヒビが発生して、その一部は崩壊を開始してしまっていたりする。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ チェーンスライダー

XTZ125のスイングアームの基部(ピボット)付近、ドライブチェーンが配置されている車体左側には、樹脂製のチェーンスライダが装備されている。
スイングアームの可動により、スイングアームの基部にドライブチェーンが干渉して、スイングアーム基部が削れたり、ドライブチェーンが無駄に摩耗しないようにという配慮から設置されている(はず)。

そんなXTZ125「ねこちやづけ」の「チェーンスライダー」は、新車で導入した頃から、結構劣化はしていた。
もちろん、地球の反対側であるブラジルから、長期間、船に揺られて日本にやってきているので、樹脂類が多少劣化をしているのは当然といえば当然。(特にクレームにするつもりもない)

という訳で、今回は(XTZ125「ねこちやづけ」)の、樹脂製チェーンスライダが崩壊した様子と、過去と最近の画像を引っ張り出してきて、その変化を追いかけてみた。

■ 以前の様子
を確認したところ、在りし日のチェーンスライダが写っている画像があった。


イメージ 3
崩壊前の様子

2016年4月時点

これが、2016年4月の時点で、
イメージ 1
樹脂が茶色く変色しているのは自然なながれ。
チェーンスライダの端が一部崩落して無くなっている。

■ 2016年6月時点
4月の時点から約2ヶ月が経過して
イメージ 4
崩落発生

フレームカバーを少し捲って、チェーンスライダーを確認すると、
イメージ 2
確認中


つづいてしまう。(予定)




















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事