ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ XTZ125にも華が欲しいと御嘆きの貴兄に

管理人が10年11万キロメートルを越えてもしつこく運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
ワイルドでタフな管理人もびっくりのタフでワイルドな良いバイクなのだが、その質実剛健さを体現するかのように、交換用の「華がある」社外部品は極めて珍しかったりする。
そんな交換用社外部品のうち、主要な部品の一つであるマフラーについて、管理人が(テスト品?をたまたま入手して)運用中の超高級高品質チタンマフラーの他、ブラジルからやってくるマフラーなどが有名だったのだが、それぞれ「コスト」の面や、「質感」の面等で問題が無いとは言い難かったりする(と聞いている)。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 無いのなら、(流用で)作ってしまえ、XTZ125用のマフラー

時間も無いので、とっとと結論を書いてしまうのだが、
みんカラ の ささやん氏 のページ
SASAYANの"XTZ125" において、



が発表された。

概要は、
KLX125orDトラ125マフラー形状XTZのマフラーと酷似しているので、KLXかDトラ用のマフラーの流用に挑戦してみた。

というもの。

結果については、上記のリンク先を見てもらうとして、

この情報を持っていない状況で、もし他機種マフラーの流用について聞かれたなら、管理人も「バイク友達」と同じように答えたに違いない。

イメージ 1

とりあえず、人柱覚悟で他機種(他メーカー)の部品流用に突撃した挑戦者には管理人から敬礼を送っておこう。

「鳴かぬなら、自分が泣こう、ねこのす管理人。」


■ 新たな展開が始まるかも
XTZ125については、かつてのブラジルから輸入されて、プレストが「準公式」的に販売していたのも今は昔。
最近では中華製の「直流」XTZ125(所謂「非公式」)が主流になっている模様である。

現状ではXTZ125の交換用のマフラーは極めて希少なのだが、他機種用のマフラーが小変更で流用できるとなれば、他のブランドのマフラーを流用しようと挑戦する猛者が現れるかもしれない。

更に言えば、細かなセッティングはともかく、大きな部品としては「ほぼ流用が可能」という事が分かれば、他機種用マフラーを製作している社外部品メーカーが、同ブランドで「ちょっくらXTZ125用のマフラーも追加で造ってみよっかな?」と、血迷ってしまうことが無いとも言えない。

このあたり、国内で運用中のXTZ125の台数が一定数以上あって、かつマフラーが一定数以上販売できるだろうことが期待できないと実現しないのだろうが、マフラー等の社外部品の存在が、その機種の人気や販売数に影響を与えている面もあるので、両者が良いほうに循環することを願う偽善者の管理人。

とりあえず、今回の一歩が、XTZ125の新たな展開を開く可能性に期待している。

イメージ 2



■ その他
同じ機種のマフラーでも、純正部品や、社外品でもメーカーの違いで各部の形状は異なるので、他者が流用に成功した同一メーカーのマフラーでは、干渉しなかった箇所が、他メーカーのマフラーなら干渉してしまうことも十分に考えられる。
更に言うと、同じメーカーのマフラーでも、製造時期の違い等で形状に変更があったり、個体差による形状の違いがあるかもしれない。

他の例は参考にしても、結果は同じになるとは限らないので、これに続く挑戦者はそれなりの覚悟と、先駆者に対する少しの敬意は用意してから挑戦した方が良いだろうな。



イメージ 3




(今回は記事の紹介に関して作者の了解済)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事