ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ エアフィルタースポンジを交換した後の調整・確認とか

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
経年劣化により崩壊した純正(標準)エアフィルタースポンジに代わり、ツインエアのエアフィルタースポンジを投入したので、その後の調整と確認を兼ねて、スパークプラグを確認したり、キャブレタのスクリュを調整してみた。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでのおはなしとか

最近のXTZ125用エアフィルターの交換に関する内容は、
あたりに記載されていたりする。

エアフィルターは、これまでの劣化した純正のスポンジから、新鮮な社外スポンジに交換されたことにより、吸気抵抗が大きく減少したからか、混合気が「かなり薄い」状態のような症状を示していたので、(いつもの冬季調整のように)キャブレタのエアスクリュ(たぶん)を締めることで、適切な混合比に調整しようとしていた。

■ 確認(スパークプラグ)
先日、スパークプラグを取り外して確認してみたところ、

イメージ 1
スパークプラグの電極付近は、こんな感じ

イメージ 4
汚れが体積したうえで、表面が白っぽくなっている。
(ちなみに贅沢にもイリジウムプラグを使用している。)

もう少し調整が必要な模様である。

■ 確認(キャブレタ)
ここで、特に分解する必要はないのだろうが、ひさしぶりに確認する意味も込めて、少しだけキャブレタを分解してみた。

とりあえず、キャブレタを取り外すことなく、横倒し状態にするため、
イメージ 2
強制開閉キャブレタのピストンバルブを見る
あれこれコーティングが剥がれたりしている。

イメージ 5
11万キロメートルもの距離を走ってきたので、数ミクロンのコーティングが剥がれるくらいはやむを得まい。

ちなみに、ひかえめな出力のおかげか、キャブレタを採用した大排気量車の負圧ピストンのように、吸気の負圧によりキャブレタのピストンが貼り付いて、動かなくなるといった不都合は起こる気配も無い。

イメージ 6
こちら側のコーティングはきれい

キャブレタは、フロートチャンバを開けたかった訳ではなく、
イメージ 3
前後のインシュレータのバンドを緩め、キャブレタを横倒しにしてみる。
手前の排気管カバーを留めているスクリュは気にしないように。

イメージ 7
(たぶん)エアスクリュを抜いて確認してみる。
(緩める前に締め込んで回転数を確認しておく)

以前(劣化したエアフィルタースポンジを使用していた当時)よりも、少し混合気(の燃料分)を濃い方向に調整していたが、それでももう少し濃くしてみるつもり。

その他、
イメージ 8
これまで、何万回となく、スロットルを開けた状態から、スロットルを戻してアイドリング状態になったのだろうな。
歴史を感じさせるアイドリング回転数アジャスタ(スクリュが当たる)部分の凹み。




調整の結果、エンジンが以前にもましてルンルン元気に回るようになった。
まだ当分の間、元気に走ることができるに違いない。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事