ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ 自作エンジンガード(もどき)のとりはずし

管理人がしつこく酷使中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
そのエンジン下部あたりには、自作のエンジンガード(もどき)が装備されている。
もともとは冬場のエンジン保温や、前輪が跳ね上げる雪や泥水から、足元の汚れを防ぐ目的で取り付けていたのだが、比較的(自作の外装部品としては)邪魔にならず、オーバーヒート等の問題も起こしていないことから、冬場以外でも車体に付けっぱなしになりがちだったりする。
そんなエンジンガードもどきも、そろそろ本格的に夏場になってきたということで、取り外してみることにした。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 過去の経緯(を自分でも思い出してみた)

すでに本人(管理人)も製作の経緯を忘れていたりするので、ここらで一度(エンジンガードもどき)過去の経緯を調べてみた。
結果、予想外に多くの記事が見つかったりした。

当時はポリタンクの「切り出し」に、「電動ジグソー」ではなく、「半田ごて」を使用した「ヒートカッター」を利用していたりしたのだな・・・。

■ とりはずし
取り外し自体は何も大したことはなく、純正の樹脂製エンジンガード(本来はTT-R125用)とほぼ同様、車体に固定しているボルトを外して、エンジンガード本体を取り外すだけ。

イメージ 1
作業前

イメージ 2
純正のエンジンガード同様、
エンジン下部(後方)にボルト2本。(前方)にボルト1本。
あと、補助としてエンジン前方にボルト1本を追加している。

イメージ 3
外してみた。

作業自体は数分の内容。
寒くなるまで、エンジンガードもどきを保管しておこう。

■ その他
ちなみに、以前はエンジンガードを付けたまま、この夏を乗り切ってみよう・・・などと考えていたのだが、

イメージ 4
今回の作業は、エンジンガードを取り外した方が、安定性が良いと思われる作業の準備だったりする。

たぶん続くはず。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事