ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ ひさしぶりに走行に支障がでる不調が発生した

新車で導入してから10年間・11万キロメートルが経過している、管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
先日、走行中にその後の走行に支障がでる不調が発生したりした。
数年前の「山中でスタータークラッチがバラバラになって走行不能」事案以来の、ひさしぶりに不調らしい不調が発生したことになる。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ クラッチケーブル(クラッチワイヤー)のこれまで

管理人のXTZ125は、管理人の勝手な分類では、「ねこまんま級」という、「通勤等で酷使はされるが、手入れや整備は必要最低限度のみ」という、「非常に気の毒なバイク」だったりする。 
(一般の人には訳が分からないだろうが。 ← 「ねこかんす」における用語の解説とか#01

そんな中で、各部のワイヤー類は、新車時からこれまで交換されたものは一本もなく、各部に注油したり、グリスを塗布したりするだけで、これまでの期間、無事に走行を続けてきた。

強いて言えば、「スピードメーター駆動用のケーブル」(メーターワイヤー)は、かなり以前からその外皮が裂けて、内部のケーブルが外から見えるような状態になっていた。(防水のため、ビニールテープ等を巻きつけてあるが。)
そのため、本車のケーブル類が切れるのであれば、「スピードメーター駆動用のケーブル」が最初に切れるだろう・・・と、予測をしていたのだが、実際にはスピードメーター駆動用のケーブルよりも、クラッチケーブルの方が先に切れてしまった。


(参考)
管理人は、これまでスピードメーターケーブル(メーターワイヤー)の破断は何度か経験していて、スピードメーター駆動用のケーブルは結構頻繁に切れるものだという認識がある。
例1) 新車で買ったばかりのスズキジェベル200「にほんいつしう」。 導入直後に北海道ツーリングに出かけたところ、青森あたりでメーターワイヤーが切れて、速度計や、トリップメーターが機能しなくなった。
例2) ホンダNX650ドミネーター「ねこなんどでも」 なんと売却の当日にメーターワイヤーが切れる。


メーターケーブルが切れただけなら、メーターまわりの駆動が止まるだけで、(管理上好ましいとはいえないが)走行不能になる訳ではないので、
「メーターケーブルが切れてから、他のケーブル(ワイヤー)類をまとめて交換すれば良かろう・・・」などと、甘い考えを持っていたことは事実。

■ 夜間走行中に、クラッチワイヤー(クラッチケーブル)のエンジン側末端(タイコ)が行方不明
いろいろ深い言い訳を並べてみたが、事実としては、クラッチケーブルが切れて、クラッチが操作不能になった。
その詳細は、
・ 夜間、XTZ125「ねこちやづけ」で走行中に、交差点を曲がろうとした際、前走車(四輪車)が横断歩道手前で減速した。
・ 管理人も、その前走車にあわせて減速した。 途中までは通常通り減速できたと思ったのだが、途中から調子がおかしくなる。
・ クラッチレバーを握ったが、握り応えが全く無く、クラッチレバーが完全に握り込めるようになってしまった。
・ そして、減速の際にエンジン回転が極端に落ち、車体がガクガク振動する。

早い話が、クラッチを切らずに、極低速になったので、エンジン回転が低くなりすぎて、ストールする寸前である。

さすがに、この状態で再加速するのは無理と思ったので、まわりを確認してから、そのまま路外に出て、ブレーキをかけてエンジンをストールさせた。

イメージ 3

クラッチレバー(の操作力)が無くなって、「スカスカ」になっていたので、クラッチワイヤーに異状が発生したと考え、クラッチワイヤーを見ていく。

イメージ 2
左手側、クラッチレバーの基部にはケーブルが見える。

そして、エンジン側のクラッチケーブルを確認すると、
イメージ 1
画像では判り難いが、クラッチケーブルのエンジン側「タイコ」が無くなっている。
(クラッチのエンジン側操作レバーが、普段とは違う方向を向いてしまっている)

とりあえず、シフトをニュートラル状態にしてから、両脚でじたばたと車体を押して、動き出してから、強引に二速にギヤを入れ(ついでに、一時スターターボタンを押してセルモーターで始動の補助を行う。良い子は真似しないように。)、速度が乗ったら、クラッチを使わずにシフトを行い、なんとか「ねこのすⅡ」まで帰り着いた。

■ その後
イメージ 4
明るくなってから、クラッチケーブルのエンジン側端部を見ると、
見事に「タイコ」部分が無くなっていた。

具体的には、
イメージ 5
赤線のように、円筒形の金具が切れたケーブル(ワイヤー)の端部に取り付けられていた。
そして、この「タイコ」が、画像中央付近のエンジン側クラッチの「レバー」に引っ掛かっていた。

この不調を修理するには、クラッチケーブルを交換すれば、良いのだが、

イメージ 6
パーツリストを確認。
画像の7番が必要な「クラッチケーブル」

部品番号で言うと、5RM-F6335-00 となる。

さっそくヤマハの販売店に出向いて部品の発注を行う。


そして、発注の際に「部品が欠品になっていて、部品の到着までしばらく時間がかかる」という事が告げられる。
(確かに、ヤマハの「部品検索」で調べたら、「在庫 なし」になっていた。)

ここで、「素直に部品の到着を待つ」以外の手段について、
・ ケーブル製作キットを調達して、現在の切れたケーブルに、新たにタイコを取り付ける。 ・・・とか、
・ 他機種の、長さが似たケーブルを購入して、「人柱」になる。・・・とか、
いろいろ考えてみたのだが・・・

せっかくなので、純正部品の到着を待とう。
・・・ということになった。


ただ、到着まで一ヶ月くらいかかる可能性があるとのことなので、


しばらくXTZ125「ねこちやづけ」も、「ねこのすⅡ」内で休息の予定である。











作成中










閉じる コメント(1)

顔アイコン

私のXTZもH18年・ブラジルです
まだ、クラッチワイヤーは最初のものです。切れていません。(走行距離がねこちゃづけの1/5)
今日、「クラッチ無しで帰宅」したとの記述を読んで、自分も挑戦しましたが、チェンジ時のショックがあり、直ぐに断念しました

2016/9/17(土) 午後 9:29 [ xtz*20*90 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事