ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ スロットルケーブルに注油してみた

新車で導入してから10年間・11万キロメートルが経過した管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
先日、クラッチワイヤー(クラッチケーブル)が破断して、ブラジル製の純正部品でクラッチケーブル(クラッチワイヤー)を入手して、修理を済ませたところなのだが、クラッチ用のケーブルやワイヤーを整備するのにあわせて、その他のケーブルやワイヤーも整備しておくのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ワイヤー(ケーブル)整備のついでに

XTZ125「ねこちやづけ」のスロットルケーブル(ワイヤー)への注油は、過去にも何度か実施していて、これまでは特に動きがおかしいとか、問題は発生していない。
が、これまで特に不調がなかったクラッチケーブル(ワイヤー)が突然切れたという先日の出来事を体験して、同じくこれまで不調がなかったスロットルケーブルに対しても、手入れをいておいた方が良いのではないかという気がしてきた。
実際には、クラッチケーブルへ注油したついでに、他のケーブル類への注油もあわせて実施したというのが正直なところだが。

■ 作業とか
スロットルケーブルに注油するために、とりあえずスロットルケーブルの端部を取り出す。
イメージ 5
スロットルグリップ(ハンドル)側の端部は、右手側グリップ基部にあるケース内にある。
(もう片方の端部は、キャブレタの上部にある)
ケースの片方を外して、

イメージ 6
スロットルケーブルを覆うケースを外したところ

イメージ 7
グリップに取り付けたチューブ(筒)の溝に、スロットルケーブル(スロットルワイヤー)を巻きつけて、
スロットルを調整するのだが、このチューブの溝からケーブル(ワイヤー)を外す。
(タイコを抜く)

イメージ 8
ケーブル(外皮)の外に、ガムテープで覆いを作り、

イメージ 2
その中にオイルを注入する。
(重力でオイルがケーブル内に流入していく。)
実際には、重力だけに頼らず、内部のケーブル(ワイヤー)を動かして、オイルの流入を促している。

ここで、クラッチケーブルのように大量にオイルを注入するのは避けておいた。
(キャブレタの内部にオイルが大量に流入すると、若干困りそうなので)

イメージ 9
スロットルケーブル(ワイヤー)を抜いた後、

イメージ 10
グリップとチューブの様子

スロットルチューブが擦れあうハンドル側は、
イメージ 11
ハンドルバーに摩擦痕が見える。
ここもオイル等で潤滑しておく。

■ 復旧とか
ケーブル(ワイヤー)への注油が終わったら、
イメージ 3
もとのケース内にケーブル(ワイヤー)を収める。
(ついでにグリスも塗布)

イメージ 4
タイコをグリップに取り付けられた溝のタイコに収めておく

ケース等をもとどおり復旧させて、
イメージ 1
スロットル側のケーブル(ワイヤー)への注油完了。

試走でも異状が見られなかったので、とりあえずスロットルケーブルの交換は完了した。

スロットル自体は、以前よりも軽く回転ができるようになった気がする。

何か気付いた点があれば、後で追記予定。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事