ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ ひさしぶりにドライブチェーン用の注油器のお手入れ

先日、いまだに管理人が運用中のXTZ125「ねこちやづけ」を「冬季仕様」へと変更作業中に、たまたまドライブチェーン注油器の様子を確認したところ、ドライブチェーンとスプロケットの噛み合い箇所付近にある「アルミパイプ」の先端に取り付けられた「ビニールホース「と「プラスチック製パイプ」のうち、「プラスチック製パイプ」が無くなっているのに気がついた。
おそらく、「ビニールホース」が劣化して脆くなり、割れたことによって、その先に取り付けられた「プラスチック製のパイプ」が脱落したものと推定される。
という訳で、とりあえず普段の運用に支障はないのだが、せっかく装備しているドライブチェーン用の注油器。
(冬が来て、気温が下がり、手がかじかんで整備が面倒になる前に)有効に注油ができるように整備しておくのが得策だろうな。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。 

■ 過去の経緯

何年か前、適当な資材で自作したドライブチェーン用の注油器(所謂「スットコオイラー」)
当初は、しばらくの期間、持てば(保てば)いいや・・・的な感覚で作製したのだが、意外や結構な長期間・長距離を持ちこたえて、非常に有効な装備の一つとなっていた。
↑後で過去記事のリンクでも貼る予定。

■ 状況確認
今回、先端部の「プラスチック製パイプ」が無くなっているのに気付き、
とりあえずチェーンガードと「共締め」してある注油器をスイングアームから外したところ、

イメージ 4
脆くなったビニールホースが折れ、片方のラインは(ほぼ)アルミパイプのみとなってしまった。
(当初はこちらのラインにも、もう一本と同様のビニールホースとパイプが取り付けられていて、長さも同等だった。)

イメージ 1
別角度から見る

■ 処置・対策とか
今回、以前と同様の状態にまで復旧することはせず、
プラスチック製パイプは省略して、ビニールホースのみをアルミパイプの先端に取り付けることにした。
イメージ 5
右側のラインのみ、ビニールホースを取り付けた。

その後、左右のバランスをとる意味もあって、もう片方のラインのプラスチック製パイプと劣化・硬化したビニールホースを除去して、同様のビニールホースを取り付けた。
イメージ 2
両側のラインともに、先端がビニールホースとなった。

以前のプラスチック製パイプと較べれば、先端が短くなったが、
イメージ 6
機能としては、それほど変化はないのでは?

そんな訳で、
イメージ 3
現在は、この状態で試用中。

ホースの先端から空気や汚れがライン内に入るとか、どちらか片側しか油が流出しないとか、何か問題があるのかもしれないが、とりあえず使用はできている模様。

もうしばらく試用を続けて、何かあったら再度追記する予定。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事