ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ 醒ヶ井 関ケ原 伊吹山あたり ホンダフリード「ねこまくら」

ひさしぶりに管理人常用の乗用車、ホンダフリード「ねこまくら」でお出かけした際の話。
今回は最近しつこく訪れている「関ケ原・伊吹山方面」の近所、醒ヶ井周辺を訪れた際の出来事について。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 梅花藻(ばいかも)見物 + しょうゆぷりん・しょうゆソフトクリーム + そば

今回は先日(先月の下旬)に出かけた際の話。
主な目的は、「導入から7年間が経過したフリードに対して実施した整備内容の確認」と、普段あまり行かない醒ヶ井周辺の見物、それと伊吹山のすぐ近くでそばを賞味すること。

■ 国道21号線
朝からこの地方を主に東西にはしる幹線道路、国道21号線を西に向けて走る。
途中、スフレケーキが有名な喫茶店(星乃珈琲)でモーニングセットとスフレケーキを賞味した後、普段は裏道を通って伊吹山方面へと抜けてしまうのだが、この日は醒ヶ井方面へと向うため、JR関ケ原駅手前あたりから再度国道21号線に戻って、更に西に向けて走る。
が、関ケ原市街は駅前から大渋滞。
停車時間が非常に長い渋滞を抜けたら、
イメージ 9
今回の渋滞の原因が停まっていた。

イメージ 8
大型トラックの車両火災
交通情報によると、この日の朝早くに火災が発生したらしい。

このため周辺の道路は片側交互通行になっていて、大渋滞になっていた。

■ 醒ヶ井周辺
今回の主目的の一つ、醒ヶ井にやってきた。
醒ヶ井駅前から南に入り、
イメージ 7
幹線道路を離れて町の中を行く。
参考 (関ケ原駅付近の地図)

イメージ 6
駐車場に車を停めて

小川(地蔵川?)沿いに並んだ町並みを見ながら歩く、
イメージ 26
途中、面白そうな醤油店があったので、立ち寄ってみる。

店の前に並んだ木製ベンチには、
イメージ 5
謎の植木鉢と植物

イメージ 4
まゆはげ
おそと?

看板には、
イメージ 1
梅花藻くずもち 名水めぐり
しょうゆぷりん
しょうゆソフトクリーム
新味噌でました!!

とりあえず興味を持たざるを得ない看板が並ぶ。
さっそく店内に入ると、
イメージ 10
趣のある店内。
店の奥には巨大な木製の樽が並んでいたりするので、見学したくなってしまう。

なお、番台の白いレジスターには興ざめだが、NECのPC8801やシャープのMZ80K2Eだったら、より趣き深いと思ってしまう管理人には、この店のレジに文句を言う資格はない。

余計な事を考えながら、
イメージ 11
購入した醤油プリンと醤油ソフトクリーム

ついでに、
イメージ 12
買ってしまったパウチ甘酒

ヤマキ無添加あま酒 komeka(米花)
食べ歩きストレートタイプ
醒井の名水・滋賀県産うるち米使用
「シャーベットにおすすめ」

これは運動時の栄養補給等には良いかも。


その他、醤油屋以外にも、旧い建物を保存・公開しているところもある。
イメージ 13
せっかくなので見物してみた、米原市醒井宿資料館
板張りの床

イメージ 14
かまど

イメージ 15
問屋場、中山道醒井宿についての紹介とか

他にも、
イメージ 18
梅花藻ソフトクリームやら、興味をひかれる名物?もあったりする。
(菓子処 「丁字屋」かと思ったら、「丁子屋」だった。)

ちなみに、これまで何度も出てきた「梅花藻(バイカモ)」について、
イメージ 16
ここでは湧水が小川になって流れている。

この小川に、
イメージ 17
梅花藻(ばいかも)という植物が生えている。
名前のとおり、梅のような花が咲く藻(という意味だと思う)。

この小川、すぐ近くの加茂神社に湧き出し口があって、
イメージ 19
湧き出し口

ここは名神高速道路のすぐ脇にあって、
イメージ 2
鳥居の上部のあたりに高速道路のフェンスが隠れている。

鳥居のすぐ横に、
イメージ 20
「平成名水百選 居醒の清水(いさめのしみず)」
という立札がある

昔、高速道路を建設する際に、工事によってここの湧水が止まってしまうのではないかと心配されたらしいが、今でも湧水は湧き出し続けている。(小川ができるほど)

そういえば、米原市といえば、
・ (雪で新幹線が遅れることで)有名な「関ケ原」の隣。
・ ねこのす地方のJR線で、行先表示でよく見かける。(普通列車の終点)
という理由で、なんとなく岐阜県のようなイメージがあったりする管理人。

これ以上刺客が増えても面倒なので、知り合いに米原市民が居ても通報しないように。

■ 伊吹山
醒ヶ井を見物した後は、いつもの伊吹山方面に向うが、
イメージ 3
今回は、いつもと違う方向から伊吹山に接近する。
あまり見慣れない伊吹山の形

普段通らない道を使って、道の駅「伊吹の里」にやってきた。
イメージ 21
青空と伊吹山

信号待ちをするのは、
イメージ 22
バイク乗り三人組
白色燃料タンクの車体はスズキのST250か。
(名車ボルティを思い出す。)

道の駅に併設の蕎麦屋で、
イメージ 23
いつもの「ざるそば」を賞味してから帰路につく。

■ 帰路
時間的な都合もあって、早々に引き揚げてしまうのだが、
その帰り道、
イメージ 24
珍しい単車を見かけたので、すかさず撮影してみる。
ヤマハのXT660Rか。

一旦は別ルートに別れたものの、
イメージ 25
国道21号線で再び出会う。

珍しいといわれるXT660Z(テネレ)に乗っていても、XT660R/XT660Xは非常に珍しいと思う。
傍から見たらどんぐりの背比べだろうが。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事