ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ ホンダR&P50(CY50)で揖斐川・藤橋あたり その3

 ホンダR&P(CY50)「ねこぴいなつ」で藤橋方面へとお出かけした際のおはなし。(3回目)
 久しぶりに少し足を延ばしてみたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 梅雨のおでかけ日和

 梅雨に入ったといわれるものの、天気もよくおでかけ日和となった日曜日。
からの続きである。

■ 揖斐峡あたり
 これまで、この方面を走る際には、国道417号線を走るのだが、「原付一種」であるR&Pでの走行を考慮して、「(だいたい)揖斐川の対岸に沿って走る道」を始めて通ってみる。

イメージ 20
なんとなく観光地にやってきたような雰囲気になってきた。

 揖斐川と山の間、川沿いにある崖に沿って走る道、
イメージ 19
後ろを振り返ると、崖にへばりついた工場とかも見える。

イメージ 18
こんな風景

イメージ 17
ほとんど交通量はないが、道としては「結構大変なところ」を通っているような気がする。

 道路から眼下の揖斐川を覗き込むと、
イメージ 3
透明度の高い水が流れる

イメージ 16


イメージ 15
滝ではないが、上方から流れ落ちる水。


イメージ 14
運動公園のような場所の横を通り抜け、


イメージ 13
川沿いを走り、

前回、通行止であった箇所の上流側に到達。
イメージ 12
赤い橋(前々回の橋とは別)を渡り、国道へと戻る。
(前方のトンネルは岐阜県道40号線、華厳寺方面へと続く道)

イメージ 11
橋の上から見る揖斐川

イメージ 10
山間地から抜け出て、池田山から繋がる山麓を南下する。

イメージ 2
運転中に見える風景

イメージ 9
池田山の山頂から見えるような山麓地帯

イメージ 8
この時期、広い範囲で麦が実っていた

そんな中、バイク日和で、多くのバイクやバイク乗りたちとすれ違う。
イメージ 7
すれ違うヤマハT-MAX

イメージ 6
最近はよく見かけるようになった、ホンダCRF250ラリー

イメージ 5
カワサキZR7とか?

イメージ 4
タンデムのヤマハトリシティ125

そして、「ねこのすⅡ」に辿り着いた
イメージ 1
R&P「ねこぴいなつ」

 久しぶりに乗る「原付一種」
 いろいろ気をつかう点もあるが、懐かしい思い出が蘇る。
 法的な面はともかく、ゆったりしたポジションや柔らかなシート。
 トコトコとのんびり走りながら、いざとなったら予想外に回転が上まで「伸びる」、名機CB50直系のエンジン。
 実用上は、もう少し大きめの排気量のバイクを選びたくなるが、たまにはこんなバイクでツーリングに出かけるのも良かろう。


閉じる コメント(1)

ナンバーだけでも黄色にすると免許が安心ですよね、
今でも簡単なのかな?役所によって違うみたいですね^_^;

2017/6/16(金) 午前 6:52 [ のんぱぱ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事