ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ トップケースの運用能力を獲得

 ヤマハトレーサー900「ねこけり」を手に入れた管理人。
 管理人が運用中の他のバイク達と同様に酷使されてしまう運命なのは言うまでもないのだが、今後の酷使に向けてトップケースくらいは装備したいということで、さっそくトップケースキャリアを装備することにした。
 なお、トップケース用のキャリアに取り付ける箱は、既存のケースを有効活用する意味もあって、GIVIのモノキーケースを運用できるベースを選択しておいた。
 具体的には「GIVIの SR2139」 に 新作のモノキーベース「M8B」
 これを追加(取り付け)した際のはなし。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 今回は事前準備

 とりあえず今回は取り付け作業開始前の準備ということで、
イメージ 3
届いたキャリア類

イメージ 2
以前のモノキーベースと比べるとずいぶんと垢抜けたデザインになった新型モノキーベースM8B

イメージ 4
これでモノキーケースを運用できる

■ 準備(計測・防錆・タッチアップ)
 取付作業を開始する前に、
イメージ 5
部品全体での重量を計測しておいた。

 その後は、
イメージ 6
いつもの防錆作業を実施してしまう。

イメージ 7
凹みや溶接部分には防錆剤を塗布しておいた。

イメージ 8
複雑な構造

イメージ 9
溶接部分等にも防錆剤を流し込んでおいた。

イメージ 10
ちなみにこの部品はテールランプやナンバープレートのステーを保持する部分になる。

イメージ 11
トップケースベースの後部を支えるステー。

イメージ 12
一部、

イメージ 13
塗装がはがれていた箇所もあったので艶消黒の塗料でタッチアップしておいた。

イメージ 14
パイプと板材の溶接部分には、空気抜きの穴が開いた箇所もある。
ここの部分は万一雨水等がパイプ内部に流入すると、他に流出できる箇所がないことから、

イメージ 15
何らかの方法で開口部を塞いでおこうと考えたりした。

イメージ 16
今回はパイプ内に防錆剤を注入した後、
開口部には柔軟なコーキング剤を充填して塞いでおいた。

イメージ 17
柔らかい素材なので、内部空気の膨張や収縮にも剥がれずに追従できるはず。

 という訳で、取り付け作業を開始する前に、
イメージ 1
前後シート類を取り外しておいた。

 その他、取付説明書等を、
イメージ 18
作業中にも、

イメージ 19
確認できるように、

イメージ 20
クリアファイルに入れて、

イメージ 21
作業しながら、

イメージ 22
確認できるようにセットしておいた。





 実際の取り付け作業に続いてしまう予定。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事