ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ XT660ZテネレでSWモテックEVOタンクリング系タンクバッグを運用したい

 サブタイトルで記事の内容がほとんど出てしまったのだが、いちおう中身を確認しておくと、
 管理人のXT660Zテネレ「ねこわさび」は、これまで「GIVIのタンクロック方式」のタンクバッグを「自作のアダプター」を介して無理矢理装着していたのだが、最近他車(ヤマハトレーサー900「ねこけり」)を導入した際に、ヤマハのオプション設定となっているSWモテックのEVOタンクリング系アタッチメント方式のタンクバッグを採用したことから、このタンクバッグをXT660Zテネレでも併用できるようにしたら、各種搭載機器を統一できるので、ツーリングの準備が容易になるのではないかと考えた。
 早速新型のタンクバッグをXT660Zテネレにも仮で載せてみたのだが、世の中そんなに甘いものではなく、SWモテックEVOタンクロックのアタッチメントを通常通り燃料タンクの給油口キャップ基部に取り付けたと仮定して新型タンクバッグを載せてみると、タンクバッグの前方がハンドルバーに干渉して、タンクバッグを外さないとメインキーの操作ができないばかりか、ハンドルの動きまで阻害してまともに走行できないという状況になってしまったのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでの話のおさらいとか

 以前に「新型タンクバッグ」を導入した話は、
 あたりに書かれていたりする。
イメージ 2
トレーサー900に取り付けた「新型タンクバッグ」
ヤマハの純正オプションだけあって、当然のようにスムーズな運用が可能である。

 XT660Zテネレはその独特の形態から、「タンクバッグ」を運用することが難しい機種だと思うのだが、管理人が感じているXT660Zテネレのタンクバッグについてのあれこれは、
・ ヤマハXT660Zテネレの燃料タンクは材質が樹脂製で一般的な磁力吸着式のタンクバッグは使用できない。
・ 燃料タンクの給油口がやたらと前方に位置しているのと、メインキーシリンダーがその直前にあることから、燃料タンクの給油口キャップの基部にアタッチメントを取り付けて固定するタイプのタンクバッグは取り付けが困難になっている。(GIVIのタンクリングでは、メインキーを操作する度にタンクバッグを取り外す必要があった。)
・ 管理人の趣味的に、タンクバッグを重視していて、是非運用したい。 かつベルトや吸盤で固定するタイプのタンクバッグは避けたいという我侭な嗜好を持っている。

■ 状況確認とか

イメージ 4
トレーサー900に「新型タンクバッグ」を積載した状態
ハンドルバーまわりとタンクバッグの位置関係がこのようになれば理想的なのだが、

 XT660Zテネレに「新型タンクバッグ」を仮積載してみると、
イメージ 5
メインキーシリンダーの上方を完全に覆ってしまうのはともかく、
ハンドルバーとタンクバッグが干渉するのは安全上の問題からとても運用できない。

トレーサー900用としてセッティングしたタンクバッグ底面の金具位置を目一杯前に出して、
できるだけタンクバッグが後方に位置するようにしたとしてもハンドルとの干渉は避けられそうもない。

 そこで、
イメージ 1
GIVIのタンクロック系のアタッチメントの位置を、無理矢理後方に移動させるべく自作した「アダプター」
 これの上面にあるアタッチメントをEVOタンクロック用のアタッチメントに換装したとして「新型タンクバッグ」を載せてみると、メインキーシリンダーの上方は覆ってしまうものの、タンクバッグの運用自体はできそうな雰囲気。

■ 作業とか
 管理人自作の「アダプター」
 GIVIのタンクリングを取り付けてある上面のアタッチメントをSWモテックのEVOタンクリングに換装するだけだろう・・・と気軽に考えて作業を開始する。
イメージ 6
改修前の「自作アダプター」

 GIVIのアタッチメントを取り外そうと、アダプターを分解する。
 この自作アダプター、作成した際には結構手間がかかった記憶が有り、分解・組立には苦労するかと思ったのだが、
イメージ 7
上カバーを取り外した状態。
(久しぶりに見て思い出した。)
 そういえば将来アタッチメント(加えて上カバーの表皮)を交換することも想定して、本体(分離・固定の機構)と上カバーを簡単に分離できるようにしていたのだった。

イメージ 8
上カバーの裏側
GIVIのタンクロックは3箇所で固定。

イメージ 9
ヤマハのオプションで用意されているSWモテックEVOタンクリング系アタッチメント

イメージ 10
固定穴の位置が微妙に違った。
 当初はヤマハのタンクキャップ用のボルト位置(穴)なので、そのままアタッチメントを交換できるだろう・・・などと考えていたのだが、以前にホンダ用の固定金具を使用して上カバーを製作していたため、新たにボルト穴をあけなおす必要があった。

イメージ 11
上カバー

イメージ 3
「新型アタッチメント」のボルト位置をペンで記録して、

イメージ 12
微妙にホンダとヤマハのタンクキャップの基部のボルト位置が違うのだな。

イメージ 13
電動ドリルで穴を開け、

イメージ 14
ひとまず「新型アタッチメント」を固定するための穴が準備できた。







 #02に続いてしまう。




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事