ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト ]


■ XT660ZテネレでSWモテックEVOタンクリング系タンクバッグを運用したい

 管理人のXT660Zテネレ「ねこわさび」は、これまで「GIVIのタンクロック方式」のタンクバッグを「自作のアダプター」を介して無理矢理装着して運用してきた。
 それが他車用に導入した新しいタンクバッグ(SWモテックのEVOタンクリング系アタッチメント方式のタンクバッグ)をXT660Zテネレでも運用できるように、自作のアダプターをEVOタンクリング系アタッチメントに対応できるよう改修を行うのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでの話のおさらいとか

 前回、途中まで工作した際の話は、


 他車に「新型タンクバッグ」を導入した話は、
 あたりに書かれていたりする。

■ 作業とか
 前回からの続きで作業を継続してしまうと、
イメージ 13
ボルトとナットでSWモテックのリングをアダプターの上板に固定して、

 アダプターのベースに上板を固定する前に、
イメージ 12
タンクバッグにアダプターの上板を固定してみる。
無事に固定することができた。

 アダプターの上板と、
イメージ 11
ベースを固定して、とりえずアダプターが形になった。

イメージ 10
とりあえず改修が終わったアダプター。

イメージ 9
個人的には銀色の円盤でもリングの内部に挟みたくなったりする。

 出来上がったアダプター。
 実際に車体に載せて、その上に「新しいタンクバッグ」を載せてみる。
イメージ 3
燃料タンクの上に固定する部分は以前のとおり。

 その上に、
イメージ 6
「新しいタンクバッグ」を載せてみた。
タンクバッグを固定することはできた。
タンクバッグの後端がシート上に突出しているので、このあたりは何か対策が必要だろうな。
(見た目の問題が大きい)

イメージ 7
覚悟はしていたが、メインキーシリンダーの上方は、タンクバッグが覆ってしまう。

イメージ 8
結果としてタンクバッグを装着した状態で、キーの抜き挿しは若干面倒になった。

 ただし、タンクバッグの底面が凹んでいて、その空間を使えばタンクバッグを装着したままでもキーの抜き挿しは可能だった。
 (一旦、キーの上部をタンクバッグ底板下の凹みに挿し込んで、それからメインキーシリンダーにキーの先端を挿し込む)
 実際の運用では、タンクバッグがワンタッチで脱着できるので、素直にタンクバッグを持ち上げてキーを抜き挿しするだろうが。

 車体にタンクバッグを載せた状態は、
イメージ 4
こんな感じ

イメージ 5
もともと燃料タンクの前後長が短く、タンクバッグが載せやす方ではないと思われるXT660Zテネレ
タンクバッグが運用できるだけ恵まれていると思わざるを得ない。

 タンクバッグの後端が浮いてしまう問題については、
イメージ 2
仮設で以前作った小箱を挿入して、

イメージ 1
隙間を埋めてみた。


 今後、試用してみて改良を行う予定。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事