ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全701ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


■ スターターモーター撤去後の跡地を有効に活用してみたかった

 先日、スタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)が崩壊して、結果的にスターターモーターを撤去してしまった管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
 スターターモーターを撤去したあとには、エンジン(クランクケース)前面に無駄に大きな空間が空いてしまったので、その有効活用を考えた管理人。
 とりあえず小物入れ(工具箱)でも作ってみようかと考えたりしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ スタータークラッチやスターターモーターに関する経緯とか

 スタータークラッチやスターターモーターに関するこれまでの経緯は、
 あたりに書かれていたりする。

■ ちょっと構成を練ってみる
 今回のはなしの発端は、
イメージ 5
スターターモーターを撤去して、
クランクケースに空いたスターターモーターのピニオンギアが通るクランクケースの貫通穴を塞ぐ蓋を作った。

イメージ 6
そのため、スターターモーターが鎮座していた箇所が、ぽっかりと空地になってしまっていた。

 小物の収容箇所も出荷状態ではほとんどないXTZ125
 無駄な空地を有効に活用して、工具箱でも作ろうというはなしになる。

 そんな工具箱についてあれこれ製作手段を考えた管理人。

 いくつか「案」を考えた後、その「案」のうちの一つを実際に試してしまう。

 まずは近所のD.I.Y.店でゴム製の家具の脚を購入してきた。
イメージ 7
ゴム底脚。

 これをクランクケースに空いたセルモーター(スターターモーター)の穴に、これを差し込んで工具箱を保持するつもり

■ 早速作業とか
 クランクケースに空いた穴。
イメージ 1
画像中央はクランクケースに開いたセルモーターのギアを通す箇所。

 ここに、
イメージ 8
先程のゴム脚を挿入すると、
テーパー形状のゴム先端が、穴の外周部に引っかかった。

 とりつけに関する方針が決まったので、
イメージ 9
小物入れの本体となる部分に嵌まる容器を考えていたところ
所謂「塩ビ管」 : 排水管(VU50=その外径がほぼ60φ)
を使えば、作業が簡略化できるだろうということになる。


イメージ 10
なお、パイプ本体の外径は60φだが、
パイプの端部を保護するキャップは、外径が大きすぎてそのままではフレームと干渉してしまう。

イメージ 11
外周部の直径は60ミリメートルを超える。

 そこで、
イメージ 12
エンジンと干渉する部分を少し削り落とすことにする。

イメージ 13
一部の外周部を削り落としてみた。

イメージ 14
パイプ(本体)と組み合わせるとこんな感じ。
多少の隙間は開くが、接着剤で塞げば問題はなかろう。

 外周部を削ったキャップを嵌めたパイプをセルモーター跡地に納めてみると、
イメージ 15
こんな感じ。
ここでパイプの長さを考える。

 パイプの長さが長ければ、内部の収容量は増える。
 ただ、長すぎると自作のエンジンカバー等に干渉してしまう。

イメージ 16
そこでエンジン側面から突出しない程度の長さを調べて、
手動式ののこぎりでパイプを切断することにした。

イメージ 17
切り出したパイプ(+削ったパイプの蓋)に、
削っていないパイプの蓋を被せてみた。

 これを、
イメージ 2
セルモーターの跡地に納めると、こんな感じ。

イメージ 4
その内部は、
工具等、小物入れとしては上出来だろう。
(管理人にとっては)

 そして、先程のゴム底は、
イメージ 3
クランクケース側に嵌め込むことができるよう、
ゴム底を蓋(エンジンの穴側、先程削った方の蓋)に固定する。

イメージ 18
これをセルモーター跡地に納め、

 本体を固定する部分(セルモーターと同様に、エンジンの左側、クランクケースカバにボルト2本で留められるようにステーを設置するつもり。






 今までのところ、特にこの工具箱を必要とする機会はなかったので、とりあえず準備だけをしておいて満足してしまった。




 何か状況に変化があったら、再度とりあげる予定。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ツラーテックのエンジンガードのアルミ板に塗装を施してみる

 管理人が運用中のヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」
 そのエンジン下部には、エンジンまわりを保護するためにツラーテック(ツアラテック)製のエンジンガードが取り付けられている。
 そんなエンジンガードのアルミ系素材の金属表面を手入れしようと考えたのがしばらく前。
 前回、
 で、その表面を磨いたところアルミ表面の錆などの除去は可能だった。
 今回は、せっかく磨いたあとの美しいアルミ表面を少しでも長く維持できるように、「保護塗装」を施そうと考えた事から実験的な対策を施してしまうのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ミッチャクロンのアルミ素材への塗装テスト

 最近、アルミ板の表面にミッチャクロンを塗装したり、シールコート等の保護塗装を施している管理人。
 今回のツラーテック製ヤマハXT660Zテネレ用エンジンガードの保護塗装には、染めQテクノロジィの「ミッチャクロンマルチ」を塗装してみることにした。
 他にもアルミ表面保護用塗料は準備していたのだが、ミッチャクロンを使用した場合、ミッチャクロンを塗装した上から更に「上塗り塗装」が必要なのか? それとも必要ないのか?
 この点について疑問に感じたことから、この点を確認するためにもミッチャクロンを使用して実験してみることにした。

■ ミッチャクロン マルチ(スプレー)
 前回、
イメージ 4
磨いたエンジンガード内側、アルミ板の表面

イメージ 3
ここにミッチャクロンマルチ スプレー缶で塗装を行う。

 他の缶スプレーと同様、
イメージ 5
ミッチャクロンマルチの缶スプレーを、

イメージ 6
塗膜が厚くなりすぎない程度に、

イメージ 7
アルミ表面に吹き付けていく。

イメージ 8
各面を塗り終えてしばらく塗膜を乾燥させるために放置してから、

イメージ 1
ひとまずエンジン下の定位置に取り付けておくことにした。

■ ミッチャクロンマルチ塗装後、しばらくして上塗りが必要かどうか考えてみた
 ミッチャクロンマルチを塗装してから数日、その塗膜を乾燥させてみた。
 その後、アルミの表面を手で触れてみたところ、「ややべたついたような感触」がすることを確認した。
 「この塗膜の上からなら、他の塗料もしっかり密着できるだろうな・・・」などと考えるのだが、このエンジンガード表面についていえば、この密着性が良さそうな表面塗装では、その表面に埃や汚れを付着させてしまいそうな気がしてしまう。
 以前の使用状況を考えるまでもなく、エンジンガードの表面がべた付いてしまっては、砂や土埃、エンジンオイルなどの汚れまでもがアルミの表面に密着してしまいかねない。

 そんな訳で、ミッチャクロンの上から「クリア塗装」を行い、汚れ等の付着を防ごうと努力してみる。

イメージ 2
ミッチャクロンを塗装しただけの状態で保管されていたエンジンガード。
 塗装表面に若干の「べたつき」を感じたりすることもある。
 これが上塗り塗装の密着性をあげるのだろう・・・。

 そこで、
イメージ 9
自動車ボディ用、クリアー塗料の缶スプレーを購入してきて、

イメージ 10
塗装を行ってみた。

イメージ 11
クリアー塗装ということで、透明な塗膜ができる。
透明なだけに、塗装済みの箇所が認識し難い。

 そしてその塗膜の厚みが認識できずに、クリア塗料を吹き付けすぎると「アルミの表面」にムラが発生してしまうこともある。

イメージ 12
エンジンガード内面がちょっと「ゆず肌」になっている。
 外から見られて目立つトコロではないので、このまま塗装を続けて、

イメージ 13
無事にクリア塗装(上塗り塗装)完了。
クリア塗装を行った後は、その表面のべた付きも感じることはなくなった。


これでひとまず安心してエンジンガードの機能を活用することができるだろう。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ステップワゴン(RF1)の車検前準備

 本ブログで時々重要な役割を果たしてきたホンダのステップワゴン(RF1)「いぬはみがきのはこ」
 車検の時期が迫ってきたことから、その準備を開始したりしたのだが、ステアリングラックブーツの破れが発覚したので急遽修理作業を行うことになったりしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 管理人初となるタイロッドエンドの分解作業 「アストロプロダクツ タイロッドエンドプーラー」

 前回は、ブーツの破れた箇所を確認して、交換用の新しいステアリングラックブーツを取り寄せている。
 今回は、いよいよタイロッドエンドを分解して、ナックルアームを外し、古いブーツと新しいブーツを入れ替えることになる。
イメージ 4
破れたステアリングラックブーツ

■ 作業とか
 今回の作業を開始する前に、ネットで作業手順等の情報収集を行うとともに、必要な(はずの)工具を用意しておいた。
イメージ 5
今回用意した工具 アストロプロダクツのタイロットエンドリムーバー TL295
 おそらく二度と出番は無いだろうと考えているのだが、念のためピンを差し替えることでリフティング量を調整できる仕様のものを選んでおいた。

イメージ 1
側面

イメージ 6
この工具をナックル部分に嵌めて、ボルトを締めこみ、ハンマーで端部を叩くことでタイロッドエンドを分解する。

 工具と交換用のブーツを用意できたので、
イメージ 7
作業を開始する。
車体を支えた上で左前ホイールを外す。

イメージ 8
タイロッドエンドの調整部分。
 ここの長さが変わってしまうとアライメントが変わってしまうので、作業前(もとの状態)に戻すことができるように、ねじの山の数等、記録を残しておく。

イメージ 9
とりあえず露出したねじ山の数と、ナットの位置を記録しておいた。

イメージ 10
記録を残した後で、

イメージ 11
タイロッドエンドのナットと割りピン。

イメージ 3
割りピンを外し、タイロッド下部のナットをレンチで緩める。

イメージ 12
タイロッドエンドを分解する作業の前に、
まずは工具(タイロッドエンドリムーバー)の各部に対して、グリスで塗布しておく。

イメージ 13
外したナットを仮にタイロッドエンドに仮留めして、タイロッドエンド、ナックル部分にツメをかけ、

イメージ 14
工具の端部(画像奥側)をハンマーで叩けばタイロッドエンドがハズれるらしい。(本来なら)
今回の作業時にはハンマーの出番はなkった。

イメージ 15
外したタイロッドエンド

イメージ 16
ステアリングラックブーツを見る

イメージ 17
ステアリングラックブーツを取り外す前に、

イメージ 18
ステンレス製のバンドを外しておく。

イメージ 19
ブーツを引っ張って、

イメージ 20
抜き取る。
途中、左右のゴムブーツ内の気圧を調整するバイパスホースも抜き取り。

イメージ 21
外れたステアリングラックブーツ。
ゴムが劣化して大穴が開いている。

イメージ 22
車庫入れ等でステアリングをいっぱいに切る機会が多い車両だけに
ブーツ類の傷みも早いのだろうな。

イメージ 2
外した古いブーツと、これから取り付ける新しいブーツを比較しておく。

 まったく同じとは言わないが、形状的には互換性があるようだ。





 次回に続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



■ トップケースの運用能力を獲得

 先日、ヤマハトレーサー900「ねこけり」を導入した管理人。
 管理人がツーリングで使用するための機種として、最低でもトップケースの運用能力くらいは獲得したいということで、前回、
 でトップケースを載せるためのキャリア(ベース)を取り付ける作業を開始した。
 キャリアやベース、ケースについては、既存のケース類も運用ができるようにという理由で、GIVIのモノキー系ボックスやベースを選定している。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 今回は部品を取り付けるために外装部品の取り外しとか

 今回は、前回「下ごしらえ」した部品類を取り付けるため、前もって外装部品を取り外しておくなど、取り付け作業の準備が中心となる。

■ (外装の取り外し)作業とか
 ほぼ工場出荷時の状態に近い「素のトレーサー900」に対し、トップケースキャリアを取り付けるための作業を開始する。
イメージ 1
素のトレーサー900

 まずは後席シートの更に後、
イメージ 4
「グラブバー」を取り付けている後側のボルトを外し、

イメージ 5
前側のボルトも外し、

イメージ 6
左右のグラブバーを外して保管しておく。

イメージ 7
カウルを留めているプラスチックのファスナーを外し、

イメージ 8
後席シートの後、上面のカウルを外す。

イメージ 9
カウル裏の様子

イメージ 10
シート左右のパネルを外すために、プラスチックファスナーを外し、

イメージ 11
ボルトを抜いて、

イメージ 12
サイドのカウルを外す。

イメージ 13
左側はシートを取り外すためのキーシリンダーとオープナーが接続されているので、
キーシリンダーを一時取り外しておいた。

イメージ 14
反対側も同様に、

イメージ 15
カウルを取り外しておく

イメージ 2
外装を取り外したシートフレームまわりの様子
これで各種部品を取り付けることができるようになった。

■ (細かな部品類の取り付け)作業とか
 トップケースキャリア(Givi SR2139)のキットから、
イメージ 16
付属していた小物類を出してきて内容物を確認

イメージ 17
アルミ系ダイカスト部品の保護?補強?カバーとか、

イメージ 18
ボルトを抜いてカバーを被せておく

イメージ 19
ナンバープレートホルダや後ウィンカー類に繋がるステーを留めているナット4個を確認

イメージ 20
ステーの取り付け基部(車体下側から見る)

イメージ 21
ウィンカーやナンバープレート照明に繋がるコネクタを外し、

イメージ 22
ステーごとナンバープレートホルダや後ウィンカーを外す。

イメージ 23
ステーの基部にあるスタッド4本の根元には、
厚いワッシャ(カラー)が嵌められている。

 せっかくなのでナンバープレートホルダーや後ウィンカーを取り付けるステーを確認しておいた。
イメージ 24
ステー裏側のプラスチック製カバー

イメージ 25
ナンバープレート照明やウィンカーへの配線

イメージ 26
配線やスタッド基部のカラー

イメージ 27
カラーを外して、スタッド基部にも惰性で錆止めしてしまう。

 ステーから伸びる配線を、前回準備したステー基部に取り付ける金具に通す。
イメージ 3
ステーとシートレールの間に、この金具を挟み込むことになる。
電気配線を傷付けないように金具の穴を通しておく。


 続いてしまう。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ フェザーミュージアムまで出かけてみた(#02)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 先日、前後のブレーキパッドが消耗していたことから、前後のブレーキパッドを交換してみたので、試運転を兼ねて少しばかり遠くまで出かけてみることにしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 関市フェザーミュージアムから美濃市を通過して九頭竜湖方面へ

 岐阜県は関市にあるカミソリで有名なフェザーの博物館を訪れた管理人。
 前回は収蔵物の紹介をしていたら容量が多くなりすぎてしまったので、今回と二回に分けて紹介することになってしまった。
 そしてフェザーミュージアムを出た後は、ついでに九頭竜湖方面へと少しばかり足をのばしてみた。
 ちなみに、4月上旬のはなしである。

■ フェザーミュージアムのつづき
 前後のブレーキパッドを交換して、その試走ということででかけたフェザーミュージアム。
 一般にも見かける機会があるカミソリ等の他に、
イメージ 1
医療用の器具(メス等)の商品も紹介されている。

イメージ 5
外科用・採皮・採血用のナイフ類
替刃とハンドルシステムになっているのだな。

 眼科で眼球を手術する際に使用するメス類も充実していて、
イメージ 2
緑内障ナイフとか、

イメージ 3
ストレートナイフ

イメージ 4
ガードナイフ

イメージ 6
ラウンドナイフ

イメージ 7
クレセントナイフ

イメージ 8
スリットナイフ

イメージ 9
インプラントナイフ

 眼科用のナイフは多種存在していることを知った管理人。
 これだけナイフがあれば、眼球の改造や性能向上も可能だろうな。

 眼科用の他にも、
イメージ 10
歯科用のナイフも。
歯周ポケットやらをカリカリしたら気持ち良さそう。
実際には切って開くのだろうが。

 更には医療の歴史とか、
イメージ 11
頭蓋骨に3つの穴があけられた4000年前の手術跡
治療用ヒルが輸入された19世紀ヨーロッパとか、

イメージ 12
医療用器具等が並ぶ展示

イメージ 13
謎の彫像とか

イメージ 14
年季の入った医療器具とかも多数展示されている。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
二階から一階に戻り、

イメージ 18
駐輪場に戻ってきた。
管理人のマジェスティS「ねこうめ」

 せっかく出掛けたので、もう少し足を延ばしてみることにした。
イメージ 19
美濃市方面に向かい、

イメージ 20
旧名鉄美濃駅跡を通過

イメージ 21
少しうだつが残っているような気がする町並みを通過して、

イメージ 22
国道156号線に出て郡上八幡方面に向けて北上する。
すれ違うバイク乗り(ホンダCBR250RR)

イメージ 23
長良川と長良川鉄道に沿って走り、

イメージ 24
道の駅古今伝授の里やまとで、、

イメージ 25
足湯であたたまっておいた

イメージ 26

 白鳥近くでは、
イメージ 27
気温セ氏+6度。

イメージ 28
白鳥ループ橋にやってきた

イメージ 29
ループ橋をのぼって油坂峠道路に入る
気温表示はセ氏+4度。

イメージ 30
九頭竜湖のあたりまで来たところ。
4月上旬で春になったかと思っていたが、ここでは時々白いものが舞う。

イメージ 31九頭竜湖ダム

イメージ 32
マジェスティS

イメージ 33
ブレーキパッドの様子を確認。
特に異状はない。

イメージ 34
今シーズンは雪の上を走る機会はなかった本車。

イメージ 35
九頭竜ダム周辺

イメージ 36
周囲の雪山とか

イメージ 37
寒くなってきたところでそろそろ帰路につく。

イメージ 38
九頭竜湖を横に見ながら国道158号線を走り、

イメージ 39
湖上に黄色の橋が見えてくる。

イメージ 40
国道157号線方面へと繋がる道。
以前、冠山林道を通って揖斐川から大野に抜けた道の途中に繋がるはず。
そのうち通ってみるつもり。

イメージ 41

イメージ 42
ループ橋を降りて、

イメージ 43
道の駅清流の里しろとりにやって来た

イメージ 44
ここでちょっと休憩。

 このあと、暗くなった道をねこのすⅡまで走る。
 無事に帰宅できたのでブレーキパッドの交換は成功したと考えて良いはず。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全701ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事