ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

本日、管理人は走行距離が3,000キロメートル弱のXTZ125に乗る機会があった。
 
ねこのすに「ねこちやづけ」以外のXTZ125がやってきたのは初めて。
イメージ 1
新旧XTZ125@ねこのすⅡ
 
新しいXTZ125(以下「黒XTZ125」)に乗ってみた感想は、
 
①車体がしゃきっとしている。
「ねこちやづけ」は走行距離が伸びていることもあって、リアサスペンションのヘタリが問題になっているところだが、黒XTZ125は当然ながらリアサスペンションも新しい。
ダンピングが効いていて、「ふわふわ」しない。
走っていても気持ちがよい。
 
②エンジン音が静か。
「ねこちやづけ」も比較的静かなエンジン音だと思うのだが、黒XTZ125は、すごく静かなエンジン音である。
排気音というよりは、エンジンノイズが違う感じ。
2台で並走していたら、黒XTZ125に乗っていても、「ねこちやづけ」のエンジン音の方が聞こえた。
ちなみに「ねこちやづけ」は、これまでに一度もタペット調整をしたことが無い。
一度確認してみよう。
 
③エンジンの回転がマイルド
黒XTZ125は、ならし運転が終わって間もなくということで、まだまだエンジンのアタリがついていないと思われるが、「ねこちやづけ」のようにはエンジンの回転が軽くない。
これから乗り込んでいけば、どんどん回転が軽くなるのだろう。
 
④クラッチに少し違和感
今回、黒XTZ125が「ねこのす」までやってくる事になったのは、このクラッチの違和感のためなのだが、クラッチレバーを放しても(クラッチを繋いだつもりでも)、すぐにはクラッチが繋がらず、一瞬遅れてからクラッチが繋がる気がする。
以前の「ねこちやづけ」もこんな感じだっただろうか。
なお、以前の「ねこちやづけ」の場合は、発進時にクラッチから「ガリガリ」と異音が発生していたが、黒XTZ125から異音は出ていないようだ。
 
⑤その他
当然ながら、走行距離が多い「ねこちやづけ」の方が、全般的に「緩い」乗り味になっている。
サスペンションやエンジン、クラッチ、ミッション、車体まわり全般に緩く感じる。
良い意味で「遊びがある」というか、「こなれて」軽く回る感じである。 (リアサスが軽いのは嬉しくないが)
これに対して、黒XTZ125の方は、遊びが少ないというか、まだ磨り減っていない感じ。
これから「こなれて」いくのだろう。 ミッションも少し渋いが、新車時はこんなものだろう。
(別の車種だが、新車の慣らし時には本当にシフトが入らず、先行きが心配になった車種もあった。 ちなみに、この車種は慣らしが終わった後は、非常に軽くシフトが入るようになった。)
 
 
 
つづいてしまうかも。
 
 
 
 
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事