ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 前回までのあらすじ
5年間の通勤運用での酷使に耐えたXTZ125「ねこちやづけ」
これまでの活躍に感謝して、シリンダーを開けてピストンを確認してみることになる。
前回までで、ピストンは取り外したが、露天で整備していたので、日没のため一時中断である。
 
ちなみに、ピストンリングやガスケットなど、エンジンを復旧するために必要となる消耗品類は用意していない。
もはや復旧を前提とはしていない。
分解整備ではなく単なる分解である。
 
■ 各部の状況確認とカーボン除去
車体から取り外した部品を室内に持ち込んで確認する。
イメージ 1
室内であれば照明もあるし、雨が降ることもない。
 
ピストンを見ると、
イメージ 4
ピストンヘッドにはカーボンが堆積している。
 
カーボンは爪で引っ掻けばある程度剥がれる。
イメージ 2
最近、エンジンコンディショナーを注入していたので、軟化しているのか?
 
ある程度、カーボンを引っ掻いて落としたら、手持ちのケミカル類でカーボンを除去してみる。
イメージ 5
ピストンリングについては前回のとおりだが、セカンドリングには上下面の別がある。
画像で「○TOP」の表示がある方がピストン上側にくる事を確認。
 
ピストン側面を確認すると、
イメージ 3
セカンドリングとオイルリングの間に多量のカーボンが付着している。
エンジンオイルの管理が悪いとこうなるのか?
 
イメージ 6
あと、オイルリングの溝の中にもカーボンが溜まっている。
 
ヘラでカーボンを取れるだけ取ってから、
イメージ 7
ピストンをビニール袋に入れ、洗浄液に浸るようにしてしばらく放置。
 
イメージ 8
ピストンリング類も袋に入れて洗浄液に漬してみる。
 
イメージ 9
ヘッドの燃焼室も洗浄液でカーボンを除去してみる。
 
 
更に続いてしまう。


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事