ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

しばらく前の話になる・・・
 
■ タイヤとチューブを交換した後
しばらく前、(まだ寒かった頃・・・)後輪のタイヤとチューブを交換したXTZ125「ねこちやづけ」
 
チューブを交換した後、本来なら直ちにパンク防止剤を注入したいところだが、整備(タイヤとチューブの交換)が成功したことを確認するまでしばらくの間、パンク防止剤の注入を先送りしていた。
(万一、タイヤ交換時に作業を誤り、タイヤレバー等でチューブに傷を付けて小さな穴を開け、チューブから微妙に空気が漏れていた場合、もしチューブにパンク防止剤を注入していたら、チューブに開いた穴をパンク防止剤が塞いでしまい、「パンクに気付かない」又は「発見が遅れる」おそれがあったためである。)
 
しばらくの間、パンク防止剤を注入せずに走行した結果、チューブに傷は無いという結論に達したので、いつものようにパンク防止剤を注入することとした。
 
■ 過去の経緯
管理人が通勤で運用しているバイクについて、タイヤがパンクしたからといって簡単に走行不能になってもらっては困る。
タイヤがチューブレスタイヤを装備していた場合、「パンクしても簡単には空気が抜けない」かつ「パンクしたとしても簡単に補修ができる」ということで、通勤運用にはできるだけチューブレスタイヤを装備したバイクを選択するようにしていた。
 
そんなチューブレスタイヤ絶対主義の管理人だったのだが、XTZ125「ねこちやづけ」を通勤運用するようになり、チューブタイヤでも、できるだけパンクをしないように努力することになった。
その結果、タイヤにパンク防止剤を注入してみることになるのだが、その結果については、
という広告記事並みの効果を示した。
 
■ パンク防止剤注入  (スライム)
という訳で、前回と同じく、今回もスライムを注入する。
イメージ 1
画像がスライム。
緑色のゲル状物質。
 
作業手順としては、
イメージ 2
ムシ回し」でタイヤバルブの「ムシ」を外す。
ちなみに管理人の場合、チューブタイヤ装備のバイクの前輪に「ムシ回し付きバルブキャップ」を取り付けるようにしている。 (出先でパンクしてもすぐに「ムシ」を回して対応できるように)
画像の中指に乗ってい円筒状のものが「ムシ回し付きバルブキャップ」、その下に写っている細長い部品が「ムシ」である。
ムシを外すと、タイヤチューブ内の空気が(大気圧になるまで)抜けてくる。
 
チューブ内の空気が抜けたら、
イメージ 3
スライムのボトルを良く振って撹拌し、先端に付属のパイプを付けて、タイヤチューブのバルブ部分からスライムを規定量注入する。
 
イメージ 4
スライムを注入し終わったところ。
この後、バルブ付近に付着したスライムがチューブの中に流入するのを少し待って、その後「ムシ」をバルブに装着。
 
乾燥したスライムの樹脂成分が、「ムシ」の気密性能を阻害すると、空気が抜けそうな気がするので、バルブとムシのまわりにスライムが付いていないか確認してから「ムシ」を装着する。 
 
で、タイヤとチューブに規定圧になるまで空気を入れ、作業完了とする。
 
その後、3,000キロメートル以上の距離を走行したのだが、今のところパンクを起こしてはいない。
 
という訳で、今回の記事で行った作業の効果は今のところ不明である。
 
いちおう、過去の経験で行くと、かなりの確立で「パンクを回避できる」か、「パンクによって走行不能になる可能性を避けることができる」と信じている。
 
 

 
「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html

 
 
 その効果の詳細は、

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事