ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

年度末(3月30日)の記事で紹介したXTZ125「ねこちやづけ」のフロントフォークからのオイル漏に関連して・・・
■ フォークオイルシールを調達してみた。  アリート:ariete フォークシール 003T
オイルシールを確認した結果、錆でオイルシール自体が「たいへんな事」になっていたXTZ125「ねこちやづけ」
オイルシールを確認するまでは、簡単に修理が済む「簡易修理法」を実施するつもりだったのだが、あまりの惨状に「簡易修理法」の実施は諦め、素直にオイルシールを交換することにする。
 
純正のオイルシールに交換しても問題は無いのだが、ここは「ねこまんま級」の1台として、管理人が興味を持った未知の製品を試験的に使用してみる。
 
今回の試用対象は、
アリート:ariete フォークシール 003T
イメージ 1
SR500、SR400、RZ250R、CBX400 と同じサイズ。
内径35mm×外径48mm×高さ 11mm の2個セット。
イメージ 2
 
通常のフォークオイルシールがNBRというゴム(素材)を使用しているのに対して、
アリートのフォークオイルシールが使用しているのがXNBRというゴム(素材)。
耐摩耗性はNBRの約3倍、対破断性ではNBRの約1.5倍だそうだ。
シール性が良すぎて「潤滑するためのオイルも通さない(シールしてしまう)」という話も聞くが、専用の潤滑剤が付属しているようなので、これを使えば問題は無いのだろう。
 
イメージ 3
専用の潤滑剤が付属する。
 
イメージ 4
形状としては純正とそれほど違わないと思う。
たぶん。
 
イメージ 5
オイルシール等の部品を見ると、内部のリップ等の複雑な形状に関心する。
ここにいろんな技術が詰まっているのだろう。
 
それはそうと、最近はダストシール等にアジア(ベトナムとか)の国で製造された(純正)部品が目立つようになってきた。
これらシール類の製品には高度な技術が必要なはずなのだが、高度な技術で造った製造機械を用意して、高度な技術で造った素材さえ供給すれば、特に高度な技術が無いところでも高度な製品ができるということだろうか?
別にアジアだから高度な技術が無い等と言うつもりはないのだが。
 
ちなみにアリートのオイルシールはイタリア製だ。
 
イメージ 6
それでも2個で1500円少々と安価だ。
 
これは管理人のような色々と制約が多いライダーには嬉しい。
 
 
 
ちなみに、この記事の内容は4月のできごとである。
管理人のまわりには、記事にしたい題材が多すぎてなかなかブログにアップする事が間に合わない。
実際には書いている(キーを叩く)時間が無いだけだが、内緒にしておこう。
 
たぶん続く。


「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事