ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

・・・前回までのあらすじ
フォークオイルシールの交換#01 でフロントフォークを取り外し、
フォークオイルシールの交換#02 で左側フォークのフォークオイルシールを取り外そうとしたが取り外せず、
フォークオイルシールの交換#03 で右側フォークのオイルシールを取り外し、
フォークオイルシールの交換#04 で左側フォークのフォークオイルシールをなんとか取り外した。
フォークオイルシールの交換#05 でフォークオイルシールを取り付ける前の下準備を行い、
フォークオイルシールの交換#06 で、苦労してフォークオイルシールを打ち込んだ。
 
そして、今回はやっとオイルシールの交換が終わったフロントフォークを車体に取り付ける最終回である。
 
■ フォークオイルの注入
イメージ 10
前回、なんとかフォークオイルシールを打ち込んだ左右のフロントフォーク。
 
プロの作業であれば、フォーク内部の洗浄後にはしっかり洗浄液の除去、乾燥等の処理を行うのだろうが、素人が行う作業なので、そんなに時間をかけて丁寧な作業を行ってはいない。
 
今回のフォークオイルシールの交換作業については、「フォークオイルシールの交換#01〜#07」まで7回にわたって引っ張りに引っ張っている管理人だが、実際には数時間の作業でしかない。
 
ひとまず、内部の洗浄等で使った溶剤等を除く意味もあって、前回のフォークオイルを交換した際 (→ http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0608.html) に使い残して保存していたフォークオイルを使って内部を濯いでおく。
イメージ 1
密閉したボトルの中で、3年熟成していたフォークオイル。
色はまだキレイな赤色である。
 
今回の作業にあたって、事前に新鮮なフォークオイルを用意してあるので、整備が終わったフォークには、新しいフォークオイルを入れておきたい。
しかし、古いフォークオイルも残っているので、これも使ってしまいたい。
 
という訳で、以前の作業時に残しておいた、「3年もの」のフォークオイルは、フォーク内部洗浄のため、濯ぎで有効に活用して、成仏してもらうことにする。
 
内部に残っている、洗浄剤や、除去しきれなかった汚れ等も、フォークオイルで濯げば除去できるはず。
もともとフォークオイルのある環境下で使用されるシールやゴム等にも、悪影響は無いはず。
万一、濯ぎで使ったフォークオイルがフォーク内部に残存しても問題はない。
 
管理人の理系ぶりが発揮される局面である。
(メタルは再利用しているが)
 
 
 
で、内部の洗浄・濯ぎが完了して・・・
 
オイルシールの固定を行うクリップも既に取り付けてあるのだが、
イメージ 9
今回は、このクリップの「錆」が、フォークオイルシールを傷めた犯人だと思われるので、慎重に錆止め処理をしておいた。(ゴムを傷める可能性がある成分や金属等の使用は避けたい)
 
そして、所定の液面高さまで新鮮なフォークオイルを注入。
詳細は以前の作業 (→ http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0608.html) を参照のこと。
 

■ フロントフォークの復旧
わざわざタイトルをつけるまでもないのだが、フォークを取り付けできる状態にまで復旧する。
 
XTZ125のフロントフォークのトップキャップは、一般的?なネジ式とは異なり、クリップ式 (→ http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0608.html) なので、以前作業を行った際には非常に苦労したのだが・・・。
イメージ 8
前回の反省をもとに、今回は多少知恵が付いて、進化した管理人。
前回は、
 
「Tレンチの先端に軍手を被せて傷よけとし、左手でフォークを握り、自分の胸にTレンチのハンドル部を当て、Tレンチの先でキャップを押し込みながら、右手のマイナスドライバーでクリップを外すという面倒な方法で外した。」
 
・・・のだが、今回はキャップに対して「下向きの力」を加えられるモノ(上の画像では蛇口)でキャップを押さえながら、クリップを溝に嵌めこんだ。
 
これなら作業も以前に比べれば楽だし、作業中の風景も撮影できた。
 
 
 
あまり意味はないが。
 
その他、
アリート:ariete フォークシール 003T」 に付属していた潤滑剤が、袋内に若干残っていたので、
イメージ 7
フォークの摺動部に塗っておいた。
 
イメージ 2
ダストシール、フォークブーツを取り付けて、
 
イメージ 6
左右のフロントフォークを取り付け。
 
■ ついでに
イメージ 4
ブレーキキャリパの洗浄と、
 
イメージ 5
スピードメーターのギアボックスのグリスアップは行っておいた。
 
■ 作業完了
イメージ 3
 
 
長かったフロントフォークオイルシールの交換作業も、やっと完了である。
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
 
 
管理人は「諸般の事情」により使っていないのだが、正しい整備を行いたい方は・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事