ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ ツラーテックのサイドスタンドエクステンションと純正センタースタンドの相性について

ツラーテックのサイドスタンドエクステンションを装備して、北海道ツーリングに出かけたXT660Z tenere 「ねこわさび」と管理人。
北海道ツーリングから帰還後、欧州ヤマハ純正のメインスタンド(センタースタンド)の取り付け(前編後編)を行ってみたのだが、メインスタンドを取り付けたことによって、若干の問題が存在することが確認された。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
 
 
■ 問題点の確認
ヨーロッパヤマハ純正のメインスタンドを取り付けた後、通常の運用を行っていたXT660Z tenere テネレ「ねこわさび」
そんな「ねこわさび」だが、サイドスタンドを跳ね上げる際、若干の違和感があった。
 
違和感の原因は、
イメージ 2
こんなところ。
取り付けたばかりの「メインスタンド」にキズが発生している。
 
本来、傷だらけになるはずの車両「ねこわさび」に、少々キズがついたくらいでは、大騒ぎするような事は「全くない」のだが、必要以外の(=不必要な)キズはつけたくない管理人。
何らかの対策を考える。
 
ちなみに、このキズの原因は、
イメージ 3
前段の記述からおおかたの皆さんの御見込みのとおり、メインスタンドと、ツラーテックのサイドスタンドエクステンションとの干渉が原因である。
サイドスタンドエクステンションの凸部が、メインスタンドの塗装面に食い込んでいる。
 
■ 対策を考える
本車【XT660Z tenere テネレ「ねこわさび」】にとって、
イメージ 4
メインスタンドは(管理人にとって)必要な装備である。
 
イメージ 6
それでもってサイドスタンドエクステンションも手放し難かったりする。
 
どちら一方を諦めれば、間違いなく事態は解決するのだが、一度手に入れたものを簡単に手放すほど管理人は人間ができていない。
 
そこで、とりあえずキズの修復とキズの発生を予防する防護策を考えた。
 
■ 作業の実施
とりあえず、キズがついたメインスタンドの部分を脱脂洗浄して、錆止め塗装を行った後、黒色塗装を行い、
その上から
イメージ 1
プラスチック製の板をタイラップで留めておいた。
サイドスタンドエクステンションと接触する部分をカバーし、とりあえずキズがつかないようにする。
ちなみに、プラスチック製の板は、他の部分で使用していたプラスチック製の板を切り刻んで再利用している。
 
■ 効果の確認
イメージ 5
サイドスタンドとメインスタンドともに跳ね上げた状態。
(つまり、走行中はこの状態である。)
サイドスタンドエクステンションの凸部と、メインスタンドのキズがついた部分とは、接触はするものの、プラスチック製の板があるので、キズがつくことはないだろう。
 
とりあえず、これ以上のキズの発生と進行は防ぐ事ができた、
 
 
・・・残念ながら更に続いてしまう。 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XT660Z「ねこわさび」の部屋  http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xt660z_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
ねこわさびん・単テネレ・手練れ
上の画像で使用中のメインスタンドは、ヤマハヨーロッパのメインスタンドである。
【XTZ660 TENERE [テネレ]】ヤマハヨーロッパ メインスタンド:YAMAHA

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事