ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

1994年に管理人が北海道(とその他の地域)にツーリングに出かけた際の記録について
ながらくジェベル200に跨って生活していた管理人。
残念ながら、「試験日程」という強敵が迫ってきた。
 
そろそろ普段の生活に戻る時が来たようだ。
 
いよいよ本当の最終目的地、「ねこのすⅠ」に向けて帰る。
正直、今回のツーリングにおける最終日なのだが、走りっぱなしなので見ていてもあまり楽しくない・・・。
■ 1994年9月10日 (18日目)
夜になって出発。
とりあえず九州を北上する管理人。
 
日付が変わって間もなく、交通事故を見かける。
イメージ 1
車2台が絡む事故。
と思ったが、2台のナンバープレートの番号が同じ。
 
1台の乗用車が分断されて、前後が折れ曲がった状態になっていた模様。
それでもハザードランプはちゃんと点滅していた。
 
 
 
それから、夜の「博多」で「博多ラーメン」を食べようと思った管理人。
博多市を探して九州北部を走る。
 
 
残念ながら、博多市を見つけることはできなかったが、国道沿いの看板に「博多ラーメン」と大きく描かれた巨大屋台のようなラーメン屋で 「博多ラーメン」 を食べたので、博多に行った気分になっても間違いではなかろう。
 
いったい幻の博多市はどこにあるのだろう?
 
 
 
 
日が出るまで走った管理人。
いよいよ九州を後にする。
 
その前に関門海峡で記念撮影。
イメージ 2
現地で知り合いになった人に撮影してもらった。
 
イメージ 4
関門海峡は、潮の流れも速いが、船の往来も早い。
潮に逆らって進む船は、ほとんど進んでいないような気もするが。
 
で、関門海峡は関門橋を通らず、関門トンネルを通過して本州に入る。
 
本州に入ってからは、山陰方面を走る。
イメージ 5
その辺の道の駅で休憩してみる。
場所は忘れてしまった。
ここでは「トンビ」が上空を常時旋回。
客が餌を投げると、急降下して餌を持っていく。
 
 
そして、ひたすら走り続けて日も暮れかけた頃、
管理人は鳥取県か島根県あたりを走行していた。
 
空があまりにもキレイだったので、停まって撮影してみた。
イメージ 6
防水のフィルムカメラでオート撮影。
もし管理人に上手く撮影する技術があれば、もっと感動的な風景が撮影できたのだろう。
 
イメージ 3
まだまだ走る。
 
走り続けて、日付が変わり、翌朝1994年9月11日(19日目)。
 
朝方、管理人は無事に「ねこのすⅠ」まで帰り着いた。
 
おつかれ。
ひとまず寝よう。
 


ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
バイクの待機室          http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/bike_old.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事