ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ チタンマフラー導入について

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」のマフラーを、「標準のスチールマフラー」から、社外品の「チタンマフラー」に変更したのだが、その「チタンマフラー」の情報について
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
■ チタンマフラー導入までの経緯(おさらい)と導入後の運用状況
管理人が期間にして約6年間、走行距離にして約8万キロメートルをともにしてきたXTZ125用の「標準スチールマフラー」
冬季に路面に散布される融雪剤等の影響からか、錆の発生が見られるなど、それなりに「くたびれた」状態となっていた。
その標準のスチールマフラーを、「錆びないチタンマフラー」に変更してから約2ヶ月、走行距離で2,000キロメートル程を走行した。
その経緯は、
チタンマフラー導入について#04 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30468888.html 交換前後の比較
チタンマフラー導入について#03 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30404862.html (重量比較等)
チタンマフラー導入について#02 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30363255.html (チタンマフラーの取り付け)
チタンマフラー導入について#01 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30333048.html (標準マフラーの取り外し)
新しいマフラーを導入してみた。チタン製。 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30324134.html
を参照のこと。
 
■ チタンマフラーの品名、メーカー名等について
今回管理人が入手して、XTZ125「ねこちやづけ」に取り付けた「チタンマフラー」は、
db'sというメーカーの、「タイフォース オフロード」という商品名である。
なお、メーカーのサイト http://www.db-5.com/index.html
を覗いて見ても、「XTZ125用 タイフォース オフロード」 という商品は見当たらない。
 
つまり、「ねこちやづけ」で管理人が運用中の、「XTZ125用タイフォース オフロード」 は、一般には市販されていない。
イメージ 1
 
 
 
 
 
いよいよ「ねこちやづけ」(と管理人)に、
 
 
一般ユーザーが手に入れられない
 
スペシャルパーツ供給されるようになった!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・のか?
 
 
 
 
 
 
と、思ったりしたのだが、何かと「いつもの諸般の事情」が厳しい管理人に、わざわざ特別な商品を供給してくれるほど世の中は甘くなかった。
 
 
管理人が「試作品」と思われるスペシャル「チタンマフラー」を手に入れた経緯は、
・ 今回、管理人が手に入れた「チタンマフラー」は新品ではなく、
・ db'sの試作マフラー「XTZ125用タイフォース オフロード」を購入していた前オーナーが、
・ 管理人に売ってくれた。
というものであった。
 
 
 
イメージ 2
 
という訳で、管理人が「XTZ125用タイフォース オフロード」紹介したところで、(たぶん)同じ商品は手に入れられない。
よって本記事を一般公開していても、あまり意味が無かったりする。
 (という訳で限定公開記事である。)
■ 軽量化について
先にも書いたが、交換した「標準スチールマフラー」よりも「チタンマフラー」は、重量で約1.3キログラムほど、「チタンマフラー」の方が軽い。
よって、「チタンマフラー」に換装するだけで、車両後端付近の高い位置が、1.3キログラムほど軽量化できる。
これで、車体の取り回しはずいぶん軽く感じる。
特に、狭い隙間をすり抜ける必要がある状況では。
 
もっとも、キャリアの上に積載した荷物を減らした方が(管理人の場合には)効果的なのかもしれないが。
 
■ 出力の変化等について
「標準のスチールマフラー」「チタンマフラー」に換えたからといって、当然ながらエンジン出力が2倍になったりはしない。
それでも、走らせている車体が(約1.3キログラム以上に)軽くなったようには感じる。
 
排気音が多少なりとも大きくなった影響があるのかもしれないが、「標準マフラー」よりも「抜け」が良い事は強く感じる。
よって高速域でのエンジン回転はずいぶん軽くなったのかもしれない。
 
ただ、管理人は(現時点でXTZ125に対して)、「管理人が普段使用している速度単位」で、「3桁域」にまで達することができれば、それ以上の速度は要求していない。
よって、換装前も換装後も「要求値」を満足しているので、あまり「最高速度が早くなった」という実感はない。
それでも、冬場の「あまり速度が伸びない」時期に、比較的軽く「要求値」を満足するので、多少は伸びが良くなっているのではなかろうか。
 
■ セッティングについて
「標準のスチールマフラー」よりも「抜け」が良い(と思われる)「チタンマフラー」には、「標準のスチールマフラー」とは異なるセッティングが必要になると思われる。
実際、当初「標準のスチールマフラー」「チタンマフラー」に換えた際には、混合気が薄くなりすぎたのか、低速域でツキが悪くなることがあった。
 
その際には、キャブレタのエアスクリュを濃くする方向に回して様子を見たのだが、
・・・ 現在もそのまま、運用を続けている。
(低速域のツキの悪さも解消している。)
 
正直なところ、現状で「錆の問題」も解消し、「動力性能」にも不満はない。
 
 
 
ただ、正しいセッティングが得られた場合の能力は、多少確認してみたいとは思っている。
 
そのうち、セッティングを変更して、本来の性能とやらを覗き見てみようかと考えている。
 
気が向いたら、挑戦してみる予定。
 
 
■ その他
商品版の
XTZ125−DB1チタンスリップオン
XTZ125K/E(KE073)
……\47,250
(本体価格\45,000)
No. XTZ125-DB1
排気騒音:81dB
と、今回の「XTZ125用タイフォース オフロード」の違いを知っている人が居たら、是非教えてもらいたいものだ。
 
できれば、自分で比較ができると嬉しいのだが。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
送料無料

ゴールドウィン GSM1043 Gベクターショートブーツ

ツーリングから街乗りまでマルチに使える、防水ショートブーツの最新作。

http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/motostyle_gsm1043人気のGベクターショートブーツの最新デザインモデル。合成皮革をベースに、つま先・かかと部などに牛革を使い、軽量性と耐久性を両立。ブーティーは防水・透湿性に優れたGベクター。ツーリングから街乗りまで、マルチに使えます。
GSM 1043
Gベクターショートブーツ

価格 \18,900(本体価格 \18,000)
カラー ブラック(K)
サイズ 23.5〜28.0cm(5ミリ刻み)、29.0cm、30.0cm
靴幅:2E
素材 牛革+合成皮革(Gベクターブーティー)
定価:18,900円(税込) RR価格:15,120円(税込)

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

■ 最近のすしおけ1号

「ねこのすⅠ」の周辺には、多数の猫達が棲息しているのだが、その中でも「ねこのすⅠ」で頻繁に見かける「すしおけ1号」の最近について。
 
 
■ すしおけ1号
最近の「すしおけ一家」は、「すしおけ母」と、「すしおけ1号」が一緒に行動している様子が頻繁に(近所のおばさん達によって)見かけられている。
 
「すしおけ母」の方は、あいかわらず
 
イメージ 3
「ナンか用か?」
 
な感じなのだが、
 
 
あの可愛かった「すしおけ1号」も、
イメージ 1
産まれたての「すしおけ1号」と「すしおけ2号」
 
 
 
 
 
 
 
今となっては、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
「すしおけ1号です。 だいぶでかくなりました。」
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
「ちなみに、さいきんはもっとでかくなってしまいました。」
 
 
「ねこのすⅠ」には、カーポートが設置されているのだが、このカーポートの屋根(ポリカーボネート板)の上が、近所の猫達の通路になっているようで、頻繁に猫達がここを歩いたりする。
通常の猫達であれば、人に気付かれることもなく、通りすぎていくのだが、最近の「すしおけ1号」のような「巨大な猫」が通ると、ギシギシと大きな音をたてるので、「近所の人たちに気付かれる」&「うるさいので迷惑」という状態になっている。
 
 
「ねこぐろ」も巨大なのだが、最近は「すしおけ1号」も大きさでは負けないくらいに育ってしまった。
こいつらはどこで何を食べているのか知らないが、とりあえず食べるものには困っていない模様である。
 
 
 
 
 
もちろんオチなど何もない。
 
 
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
送料無料
ちらし寿司や手巻き寿司に

天然木製 飯切寿司桶 42cm

サイズ(約):直径42×高さ10cm
材質:木製

 
 
寿司桶(すしおけ)は、寿司を盛り付けるのに用いられるです。昔から寿司の出前の時などに使用されてきました。また、寿司屋や家庭で酢飯を調理する際に用いる桶も寿司桶と言い、飯切または半切とも言います。
また、調理のほかちらし寿司やお刺身なども盛り付けたりします。
最近では樹脂製のものもありますが、本来の目的は木が酢飯の水分を吸って、べちゃべちゃするのを防ぐことでですので、木製をおすすめします。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事