ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ ホンダCBR1100XX用のクッションユニットを「ねこちやづけ」に取り付けてみた#01

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」に、ホンダFTR(FTR223)用のリアサスペンションのクッションユニットを取り付けてみたのは、
リアサスペンションのクッションユニットを交換してみた#04 http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30588012.html
あたりで紹介したとおり。
 
そこで、今回はFTRと同様、M10サイズの取り付けボルトを使用する、ホンダCBR1100XX用のクッションユニットを「ねこちやづけ」に取り付け、その変化について確認してみることにした。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。
 
 

■ 取り付け前の比較

さすがにワイルドでタフな管理人といえども、クッションユニットという、リアサスペンションまわりの重要部品を換装するのに、「見た目が似ている」というだけで、いきなり換装作業を開始する事は、たまにしかない。
 
サスペンションまわりの分解する前に、できるだけ換装する部品の互換性等を確認しておくのが、大人の対応というものだろう。
 
◆ CBR1100XX用のクッションユニットを確認する
という訳で、CBR1100XX用のクッションユニットを確認してみる。
 
イメージ 1
CBR1100XX用のクッションユニット。
ホンダによくある、ロッド部分が外部から見えずに、黒いカバー(スリーブ)に覆われたタイプである。
目に付く点としては、ダンパー(伸び側?)のアジャストスクリュ
(減衰力調整ねじ)が画像右端付近に見える。
 
イメージ 2
90度ロールさせてみた。
プリロードのアジャストは、ダブルナットを回して行う方式。
 
◆ XTZ125用のクッションユニットと、CBR1100XX用のクッションユニットを比較。
ここで、XTZ125用の標準クッションユニットと、CBR1100XX用の標準クッションユニットとの比較は、サイトの方 「ねこちやづけ」 CBR1100XXと色々とっかえひっかえしてみた → http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0709.html
で比較しているので、必要な方はそちらを見に行っていただきたい。
イメージ 3
 
 
◆ CBR1100XX用のクッションユニットと、FTR用のクッションユニットを並べ比較してみる。
同じ赤色のスプリングを持つクッションユニットで、ぱっと見た目では、あまり違いがないのだが、細かいところをみていくと、少し違いがあったりする。
 
イメージ 4
上から見た図。
画像の上がFTR用、下がCBR1100XX用である。
軸間距離の違いを示すために、M10サイズのロングボルトを2本、通しておいた。
 
イメージ 5
念のため、軸間距離の比較ができるように望遠で撮影した。
 
ちなみに簡易計測の結果は、
軸(シャフト)の中心間距離は、CBR1100XX用のクッションユニットXTZ125標準クッションユニットと同様の約325ミリメートル。
FTR(FTR223)用のクッションユニットが、約335ミリメートルである。
 
 
 
 
続いてしまう。
 
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
送料無料

CBR1100XX AGRAS ラジエーターコアガード

Rimessa価格:27,000円(税込)
 
《商品説明》
飛び石等からクラーのコアを保護します。
ステンレス製、エッチング仕上げ。
AGRASロゴ有りタイプと、ロゴ無しタイプ有り。
●適合年式:'99-'05モデル。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事