ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 「ねこちやづけ」 6年、84,000キロメートル (追記)

前回、
「ねこちやづけ」 6年、84,000キロメートル http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053/30839375.html
をアップした後、思い出したXTZ125「ねこちやづけ」に関するメモの続き。

■ ニュートラルランプについて
ほぼ同型のエンジンを採用しているバイクで、ニュートラルランプが、ギアがニュートラル以外に入っている場合でも、しばしば誤って点灯すると聞く。
「ねこちやづけ」の場合、誤点灯は全く無いとは言わないが、極々稀に発症するくらいで、ほぼ「無い」と言っても間違いではない状況である。
(これまで信号待ち時など、数回誤点灯し、クラッチレバーを離して慌てた記憶がある。その回数は、これまでで3〜5回くらいのはず)

■ ギアの抜けについて
「ねこちやづけ」の場合、ギアが抜けたという記憶は全くない。
管理人としては、軽くカチカチと決まる、気持ちの良い変速機だと思う。
価格やその他の事情を考えると、これは立派だと思う。
というか、ここ数年の間に管理人が接したバイクで、ギア抜けを経験したのは、ドゥカティのムルティストラーダ「気を抜いて」走っていると、極々稀にシフトし損ねてギアが抜ける事があったぐらいだが。(たぶん管理人の操作ミス以外の何モノでもない)

具体的な機種名を上げてしまうと、(同系エンジンを搭載した)YBR125では、ギア抜けが頻繁に発生するらしいが、

・ ユーザー層の違いから、「新車乗り」等の機械・機器への配慮(「慣らし」と言うと、何かと荒れそうなのでここでは避けておく)が足りなかったのか?

・ 単にギアや変速機構の一部が変更されているのか?

・ 金属部品の材質や熱処理、加工法等が異なっているのか?


・・・乗り手も違えば生産国も違うので、現時点では推測の域を出ないが、一度確かめてみたい興味あり事項ではある。




気が向いたら続くかも

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

TMAX530に試乗してみた

■ プレスとの試乗車キャラバンがやってきた

プレストが行っている「ニューモデル 試乗車キャラバン」が、先日「ねこのす地方」にもやってきたので、管理人も少しばかり試乗をさせてもらいに行ってきた。
今回は、国内規制の変更(ABS表示灯関係?)のためか「いつもの」機種は試乗車リストの中にはなく、その機種の試乗はできなかったのだが、それ以外にも気になる機種はたくさんある。
少しでも自分の経験と、今後の「ものさし」となる材料を仕入れるために、ありがたく試乗車に乗って走らせて貰おう。
 
■ 試乗してみた TMAX530
今回の試乗会で、最初の試乗に管理人が選んだのは「所謂スクーター」形態のTMAX530。
管理人が現時点で所有している機種の中に「スクーター」は存在していないのだが、管理人はスクーターは嫌いではない。
むしろ、のんびりツーリングに出かけたり、荷物を積んだり、人を運んだりと、その有用性を味わってきたので、スクーターは好きな方である。
 
過去には原付1種のスクーターにはじまり、フュージョンやマジェスティにも乗っていた管理人。
その後はしばらくスクーターから遠ざかっているのだが、新型のスクーターにも興味がある。
 
そういうわけで、今回の試乗はTMAX530である。
 
■ 外観
イメージ 1
TMAXの外観は、スクーターでありながら、R1とかと同じ味がする。
非常に凝ったデザインだが、管理人的には分かりやすくて好きな部類である。
今回の試乗車は、その塗色の影響もあるのだろうが、レーダーの再帰反射率が低そうな雰囲気である。
 
■ エンジン他
イメージ 2
ひとまず、見た目で驚くのが、太いベルトドライブ式の駆動方法。
ここだけ見ると、超大型のクルーザー的な雰囲気である。
搭載するエンジンは、「ピストン式のバランサー」を装備しているらしく、図面を見ると対向3気筒のエンジンのように見え、独特の不思議な雰囲気を持っている。
管理人としては、どうせピストンを駆動するのなら、「バランサーのシリンダーにリードバルブでも装備して、他のシリンダーの過給に使えないか?」などと考えてしまう。
 
肝心の走りの方は、今回は高速で走ることができる状況になく、普通に市街地を走ったような状況で試乗が終わってしまったのだが、スロットルを開ければ、もちろん力強く加速する。
ただ、チェーンドライブのスポーツバイクのように、ダイレクトにゴリゴリと押し出されるような感触とは違い、力強いがスムーズに加速するように感じる。
 
■ その他
イメージ 3
TMAX530は、非常に「こなれた」、「よく考えられた」、「機能的な」デザインだと思うのだが、どうもこの「メーター」部分だけは、イマイチ消化不良のような気がする。
もちろん、管理人の個人的な感想だが。
 
あと、シートの開閉については、
イメージ 4
以前のマジェスティ(初期型)とは、開く方向が逆方向だったかな?
確かに、こちらの方が開けやすいのかもしれない。
 
イメージ 5
燃料タンクのキャップは、初期型マジェスティと同様の位置。
シート下トランクの容量を稼ごうとすると、この位置ではマズイのかもしれないが、TMAXのようにトランクの容量に「それほどこだわらない」のであれば、この位置が使いやすいのだろう。
 
 
 
とりあえず、他に何か思い出したら追記予定。
 
 

「ねこかんす」 トップページ      http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ        http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
「ねこのす」二輪車のページ      http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/bike_top.html

 
 
 
 
 
 
 
今回の選定理由 : TMAX530のノーマル以上・・・。
 
送料無料

マロッシ/TMAX530用 マルチバリエーター

商品コード:1197235-1
●適合車種:TMAX530(ヤマハ・TMAX530)
●材質:アルミ合金/シリコンコーティング
●キット内容:車種により異なります
●備考:ノーマルでは味わえないそのスクーターが持つ回転、トルク特性を最大限に引き出してくれるチューニングパーツです。素材は強度の高いアルミ合金を使用し、両面ともメッキ仕上げされており耐久性も抜群!
 
定価:31,500円(税込)
ブロス価格:28,350円(税込)
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事