ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 90,000キロメートルまで

2006年4月に新車で導入して以来、6年と半年あまりを経て2012年の11月に走行距離の累計が90,000キロメートルを突破した管理人のXTZ125「ねこちやづけ」。
その様子は、
で紹介したとおり。
 
そして本日は、通勤運用での「ねこのすⅡ」と「管理人の勤務場所」との間を、ちょうど1,000回目の往復を完了した記念ということもあり、導入してからこれまでの記録のあれこれについて取り上げてみた。
 
■ 走行のペース
これまでに約90,000キロメートル程を走行してきたのだが、その「時間」「走行距離」の関係をグラフにすると、
運用期間と累計走行距離の推移
イメージ 1
となる。
 
ほぼ毎回、同じコースを往復するという「通勤運用」が主用途なので、おおむね一定のペースで走行距離を重ねている。
 
ちなみに、ところどころグラフの線が跳ね上がっている部分があるが、ここは長距離ツーリングに出かけたりして、短期間のうちに走行距離を一気に稼いだ部分である。
(例: 2006年9月・・・北海道ツーリング2006。 2008年9月・・・北海道ツーリング2008。) 
そして、ところどころグラフが平行に近い部分があるが、これはしばらく走行しない期間があったということになる。
この原因を確認したところ、主な原因は他車で北海道ツーリングに出かけている場合がほとんどである。
 
このグラフに、大きな「線が水平になった期間」(運用不能期間)がないということは、「ねこちやづけ」が大きな故障も起こさず、常に管理人の酷使に応えているという事を現しているのだろう。
 
なお、90,000キロメートルを突破する直前にも不自然な凹みがあるが、これはXT660Z「ねこわさび」で北海道ツーリング2012に出かけて、しばらく「ねこちやづけ」の運用がなかった後で、(次期通勤用車両の選定に絡んで)早急に90,000キロメートルを突破する必要が発生したことから、「ツーリングに出かける機会を(強引に)増やした」事が主な原因である。
 
イメージ 2
強引なツーリング中。
 
■ これまでの主な消耗部品の交換とか
ちょっと気になったので、「ねこちやづけ」の場合の主要な交換部品とかについて
 
エンジン関係
・エンジンオイル交換 : 35回
・ピストン 1回 (特に交換の必要がなかったのだが、カーボン落としに失敗して交換)
・シリンダ・ヘッド・カム・バルブとか : 交換なし
・カムチェーン、カムチェーンテンショナー : 交換なし
・スターターモーターのワンウェイクラッチ : 1回
・クラッチのフリクションプレート・クラッチプレート : 各1回
 
タイヤ関係
・前タイヤ (中古の2回を含め) 3回 (標準 → 中古D603 → 中古GP-21F → GP210)
・後タイヤ 2回 (標準 → D604 → GP210)
 
ブレーキ関係
・前(ブレーキパッド) : 3回
・後(ブレーキシュー) : 交換なし
※後輪ブレーキについては、今まで一度も交換していないのだが、これはドラムブレーキのドラム側(=ホイールのハブ)を交換するのが非常に面倒だと思われたので、最近は後ブレーキの使用を控えめにしているのが原因のひとつかと思われる。(もちろん、停止直前や速度調整等では使用している)
もちろん、管理人の運転が後輪ブレーキにも優しい運転であることは言うまでもない・・・。
 
スプロケット関係
・ドライブスプロケット 標準の14Tから、中古の15Tに換装。その後標準に戻す
・ドリブンスプロケット 標準の48Tから、43Tに換装。
・ドライブチェーン 1回
 
サスペンション関係
・フロントフォークのフォークオイル交換2回。
(うちフォークのオイルシール交換1回)
・リアサスペンションクッションユニット 2回(標準とCBR1100XX用とFTR用を入れ替えている)
 
外装関係
・シュラウド 左右各1回
・サイドカバー 交換なし
・タンク 交換なし
・シート 表皮を1回交換
 
電装関係
バッテリー : 1回交換
 
その他、気付いたら後で追記予定。
 
■ 最近の1万キロメートルについて
2011年の12月に走行距離80,000キロメートルを突破してからこれまで、発生した主なできごとを取り上げてみた。
・ステップ(フットペグ)にゴムカバーを取り付け。
 より通勤運用に適した仕様になった気がする。
・マフラーをチタンマフラーに換装
 重量が軽くなったのはもちろん、エンジンの「伸び」が新たに装備された。
・リアサスペンションユニットを換装
 FTR用とCBR1100XX用を何度か入れ替えている。
・スターターモーターのワンウェイクラッチが破損・修理
 初の走行不能となる故障。 すぐに直ったのは幸運だった。
 
・ ヘッドライトの球が切れた
 これは90,000キロメートルを突破した後なのだが、通勤運用往復1,000回記念を迎える直前、往復999回目を終えたところで、ヘッドライトの球が切れている事に気付いた。(運が良いのか?悪いのか?)
 とりあえず、手持ちの「中古H4U・12V60/55W」球に入れ替えておいた。
 せっかくなので、しばらく運用して様子を見ることにしよう。 (そのうち取り上げる予定)
 
 
 
■ その他
管理人の通勤経路は、往復で約60キロメートルなので、1,000回往復するとその走行距離は約60,000キロメートルとなる。
総走行距離、約90,000キロメートルのうちの約60,000キロメートルが通勤での走行となる。
 
・・・ つまり、全体の走行距離のおおよそ3分の2が通勤運用。
逆に言うと、3分の1が「ちょい乗り」や「ツーリング」で走行したということになる。
 
選定当初の計画では「通勤専用の使い捨て」的な機種だったはずなのだが、まったく予想外の事態である。
 
 
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


 
 
 
 
 
 
 
参考 : 冬季の運用では、朝日に向かって走る機会が多い管理人。 サンシェードが欲しい。
 
全国送料無料

送料無料 オージーケーカブト カムイ(Kamui) フルフェースヘルメット 各色/各サイズ

OGKKABUTO カムイ フルフェースヘルメット
★サイズ:S(55〜56cm)  M(57〜58cm) L(59〜60cm) XL(60〜61cm)
★カラー:パールホワイト・ブラックメタリック・フラットブラック・シャイニーレッド
★メーカーは有名なオージーケーカブト
★Kamui
★内装フル脱着で、洗えます
★ワンタッチバックル採用!
★クリアシールド標準装備
★インナーサンシェード標準装備
★ブレスガードNo.4同梱
★ウィンドシャッターNo.2同梱
★規格:SG(自動二輪)
★内装フル脱着 洗えます!!
★注意:お届けまでに日にちがかかる場合がございます。
★日数がかかる場合は、納期をご連絡致します。
バイク用品
オートバイ用品
メーカー小売希望価格:24,675円(税込) 特別価格:18,500円(税込)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事