ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 冬の寒さとバイクについて考えてみた

冬がやってきて、寒さが厳しい季節になった2012年の年末。
管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」について、冬季の運用法と、酷寒地における運用の可能性について考えてみた。
本内容は管理人が行った作業の記録である。
部品・工具等の名称は管理人が使用しているもので正式なものではない。
良い子はこんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく整備されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 冬の寒さとXTZ125

管理人が運用中のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」は、冬の間も通勤で活用され続けており、特に不調等の問題は発生していない。
同系エンジンを装備したYBR125等では、冬季には始動が困難になったり、キャブレタがアイシングを起こすなど、不調や不便が多く報告されているようだが、「ねこちやづけ」の場合、冬季の始動直後にはエンジン回転が安定するまでにしばらく時間がかかることを除き、不都合はあまり無い。
しかし、管理人が普段通勤運用をしている地域では、気温が下がったとしても氷点下で数度までである。
セ氏でマイナス10度まで行くことはまず無い。
 
さらに気温が低い地域で運用した場合には、不調が発生するということも考えられる。
 
今後、「ねこちやづけ」でより寒冷な気候の地域に出かけ、これまで以上に気温が下がった環境の中を走る場合の事を考えると、何らかの対策を考えておいた方が良かろう。
 
■ 寒い地域でのバイク運用
最近、北海道の宗谷岬で初日の出を拝む というイベントの様子がテレビで放映され、これを観た人も多く居ることだろう。(ちなみに管理人は観ていない)
 
年末・年始の寒さが厳しいこの時期に、日本最北端である宗谷岬にバイクで行こうなどと考えるとは、ワイルドでタフな管理人でも、何か「受け狙い」でも考えなければ、思いつきそうもない大冒険であろう。
 
そんな大冒険が行われた直後に紹介するのは気が引けるのだが、管理人もそんな冒険の真似事でもしてみようと考えたことも有ったり無かったりする。
 
■ エンジンの風除け「ねこゆきかき」の製作
キーを叩く時間も無くなってきたところで、いきなり製作の話になるのだが、
 
気温が下がってエンジンが不調になる。
エンジン(とその周辺)の温度が下がらないようにすれば良いのでは。
XTZ125は空冷エンジンなので、冷たい空気がエンジン(とその周辺)に当たる量を減らせば良かろう。
エンジンの周りに風除けを付ければ解決するのでは?
 
と、安直に考えた管理人。
 
エンジンを冷却するための「空気の流れ」を妨げる「風除け」を取り付ける事になるので、エンジンの冷却が不十分になり、「オーバーヒート」や、場合によっては「エンジン破壊」という事態を引き起こしかねない内容なので、良い子は真似をしてはいけないという事は言うまでもない。
 
ちなみに、管理人はレンジやグリルを覆うアルミ製の「レンジフード」等で空冷XLR250Rのエンジン周りを覆った方の記録を参考にしてみた。
 
■ 早速製作
とりあえず、高温になるエンジンの周囲に設置するモノなので、耐熱性がある金属製のモノの中から検討してみた。
 
イメージ 11
バイクから取り外した部品や、フォークオイル等を入れていたアルミ製の容器。
樹脂製よりも耐熱性はあるだろうが、加工が面倒なのと、強度が不足すると思われたので却下。
 
その後、
イメージ 1
どこかで見覚えがある部品を引っ張り出してきた。
過去の「エンジンガードもどき」である。
廃品を再利用して作った部品を、さらに再利用する。
まさにモッタイナイ精神の昇華。
 
という訳で、
イメージ 12
あたりをつけてみた。
こんなイメージ。
 
イメージ 13
とりあえず、エンジンガードもどきの前面カバーを外して、
 
イメージ 14
フレームのダウンチューブの径を計測。
 
イメージ 15
ジグソーで適当にフレームのダウンチューブを通す凹みを切り出して、
 
イメージ 16
再度エンジンの前面に当ててみた。
だいたいこんな感じでよかろう。
 
イメージ 7
「前面カバー」と「本体」の間に挟みこむための「ボルト穴」をいくつか空ける。
いくつか空けた理由は、高さ調整をしてみようかと思ったため。
 
イメージ 17
とりあえず、仮付けしてみた。
 
イメージ 3
車体全体を見る。
 
イメージ 4
エンジンまわりの様子。
エンジンの前面は大部分が覆われている。
この状態で走行したら、間違いなくオーバーヒートするのではなかろうか。
 
イメージ 5
左側面。
 
イメージ 6
エキゾーストパイプ周りの様子。
 
とりあえず、車体から「エンジンガードもどき」と、今回の「ねこゆきかき」を取り外してみた。
イメージ 8
エンジン側から見ると、こんな様子。
 
イメージ 9
あまり細かいところを見ないように。
 
 
 
という訳で、都合により次回に続いてしまうが、
 
以下 予告編 なのか?
 
イメージ 2
「雪かき」用スコップの棒を外した部品ではない。
 
 
 
 
イメージ 10
試運転もしておいた。
 
 
 
 
問題がなければ続く予定。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
XTZ125「ねこちやづけ」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/xtz125_0000.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html


 
 
 
 
 
 
 
参考 : 
 
条件付き送料無料
使い勝手の良いスコップ型。

金象印 ポリカスコップ雪かき

 
降り積もった雪に最適。
頭部は割れにくいポリカーボネイト。グリップ付で力を入れやすく、使い勝手抜群です。
サイズ:W340×H1180mm
販売価格:1,980円(税込)

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事