ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 新型シグナスXを見物してみた

最近、次期通勤バイクに関する情報を収集するため、ひそかに活動中の管理人。
以前、他の気になる機種を見物するために出かけたヤマハ系列店で、原付二種のスクーターを見かけてしまった。
その店の、その位置には、これまでもヤマハの各種スクーター類が置かれていて、今回も「いつものようにシグナスXが置かれているな・・・」くらいに思っていたのだが、
イメージ 1
よく見てみると、ヘッドライトの下にLEDポジションランプが装備されていてこれまでのシグナスXとは違っている。
全体的に見ても、これまでのシグナスとはなんとなく違う。
付近にあったPOPを確認してみると、それは新型シグナスXなのだった。
 
ここでちょっとシグナスXに興味を持った管理人。
車体のまわりを回って見ていくと、これまでのシグナスXと較べてテールランプまわりがだいぶ違う。
イメージ 2
かなりシャープなデザインになったテールまわり。
ここのデザインはライバル他車よりも優れていると思う。
 
■ ネットで情報収集
その後、ネットで新型シグナスXについて調べてみた管理人。
 
とりあえず管理人の興味を引いたのは、
イメージ 4
シート下のトランクには、フルフェイスヘルメットが一つと、ハーフタイプのヘルメットが一つ収納可能。
容量は31リットル。
この大容量は、管理人の(荷物が多い)通勤用バイク(スクーター)としては非常に魅力である。
上の画像からはトランクの深さが分からないので、トランクの深さを確認するには、実際に店頭で見せてもらうのが良かろう。
 
■ 操作系とか
メーターまわりや、ハンドルとか、とりあえず乗車時に目に入りそうなところは、
イメージ 6
メーターはアナログのタコメーターが装備された贅沢仕様。
速度計はデジタル表示。
燃料タンクの注入口は乗車したままでも容易に給油が出来そうである。
 
あと、シグナスX標準仕様はブラウンの内装色。
たいていグレーか黒と相場が決まっている、このクラスの一般的なスクーターの内装と較べて「高級感がある」とは言わないが、「落ち着いていて上品」な感じはしないでもない。
このブラウン内装が欲しくてシグナスXを選ぶ人もいることだろう。
 
■ シグナスX SRとか
シグナスXには、スポーティバージョンとでも言うのか、少し装備が異なるシグナスX SR仕様が用意されている。
標準車との主な違いは、
・ ウェーブ形状ディスクブレーキ
・ グリップ性能に優れたタイヤ
・ ロゴ入りメーターパネル
・ ステッチのアクセント付きツートンカラーの専用シート
・ 3段階のセッティングができるイニシャル調整機構付リアサスペンション
・ 専用グラフィック、チタンカラーのホイールやパネル類
といったところ。
 
イメージ 5
シグナスX SR
管理人としては、ウェーブ形状のディスクローターと、イニシャル調整機構付リアサスペンションが興味をひくのだが、白色外装のタイプで言えば、内装色のブラウンとブラウンシート表皮の方が魅力的に見えてしまう。
そういう人はシグナスXの標準車を買えばよいのだろうが、リアサスペンションだけは標準車でも調整可能にしておいて欲しい。
 
■ その他
シグナスXに対する「直接のライバル」を勝手に「PCX」と「アドレスV125」と想定している管理人。
今回の次期主力通勤バイクとしてはPCXの方が関係してくるのだが、とりあえずPCXとの比較をしてみると、
・ ハンドルの位置が違う
大型スクーター的な低い位置のPCXに対し、ハンドル位置が高くてシティコミューターといった感じのシグナス。
・ ステップボードの違い
ステップボードが平らなシグナスと、大きなフロアトンネルがあるPCX。
おそらくフロアトンネルがあった方が車体剛性的には有利なのだろう。
ステップボード上にも大きな荷物が載せられる点ではシグナスが有利ではある。
・ ホイールの径が違う
スクーター形式としては大径なPCX(14インチ)と、比較的小径なシグナス(12インチ)
 
これら上記の3点は、より快適で上質な走りに重点を置いたPCXと、シティコミューターとしての運動性と利便性に重点を置いたシグナスの性格の違いということだろう。
その他、
・ トランク容量の違い :シグナスはでかい。
・ アイドリングストップとか :PCXは他にも先進的な機構を満載している。
・ 車体サイズとか :全長はPCXの方が長い。シート高はシグナスの方が高い。
・ エンジンの冷却方式 :水冷のPCXと強制空冷のシグナス
・ 燃料タンク容量と燃費 :燃費は良いがタンク容量が少ないPCXと、燃費は劣るがタンク容量が大きいシグナス。
 
あと、管理人の体格では、PCXの場合は結構こじんまりとした乗車姿勢になるのだが、シグナスXの場合はどのようになるのか?
一度確かめてみたいと思っている。
イメージ 3
既に街で溢れているPCXに対して、現状で少数派の新型シグナスXを選ぶライダーも居ることだろう。
特に今回のブラウン内装については、少なからぬ魅力を感じる管理人。
 
PCXの完成度が高いのは周知の事実だが、ここであえてシグナスXを選ぶという理由も十分にあると思っている。(人と同じバイクは嫌だという天邪鬼とか)
 
 
今後はPCXもブラウン内装を(国内にも)投入するなど、対抗措置を取ることになるのだろうと(勝手に)推測している。
 
それはそうと、新型シグナスXは以前の型式よりも価格が下がっている。
最近のSR400限定車の謝恩価格をはじめ、ヤマハも価格面で勝負に出たものと勝手に理解している管理人。
ヤマハの気持ちにこたえてシグナスXも何台か購入できれば良かったのだが、残念ながら管理人の財布はそれほど大きくないのも事実なのだった。
 
 
ひとまず、シグナスXも「重要な候補車」として検討に入れておく管理人。
 
更に幸せな時間は続いてしまう。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
 
 
 
 
 
 
参考 : 現在準備中。
 
 
エレガントな車内灯!

AP 2PC 3chip6SMD LEDルームランプ 31mm

■商品仕様:
・全長:31mm
・電源:DC12V
・出力:0.2W×6
・発光色:ホワイト
・ソケット:ヒューズ型(T10×31mm)
・LED仕様:3chipSMD×6
・照射角度:180°
・光束:65lm
・入組数:2個

■商品説明:
純正電球と交換するだけの簡単取付LEDルームランプです。ドアランプやラゲッジランプにも使用可能です。

■注意事項:
※LEDには極性があります。不点灯の場合は、一度差し込み向きを変えてください。
※光を直視しないでください。
※車輌によっては、取り付けできない場合があります。
※LEDバルブは消費電力が少ないため、一部輸入車等によっては、車両側が球切れと判断し警告灯を点灯させる場合があります。
※誤った使用方法により、商品が破損・人体への損傷・物品等への損害が生じた場合、一切の保証、並びに責務は無効となります。
※本製品の仕様・外見は、改善の為予告なく変更する場合が御座います。
※初回点灯不良以外のクレームは受け付けできません。
ネット価格:980円(税込)

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事