ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 石油ファンヒーター(ダイニチFW-3070S)が点火不能になったりした#02

前回、ダイニチの石油ファンヒーター(FW-3070S)が、点火不良をおこして使用不能となり、
で、気化器やスパーク発生箇所や炎感知器まわりの清掃を行った。
一般的な例であれば、この時点で修理完了かと思ったのだが、この状態で始動を試みたものの、残念なことに前回同様バーナーに点火できず、使用できない状態のままだった。
そこで、再度分解を行って、次の心当たりがある箇所の整備を行うのだった。
 
なお、前回「一記事あたりの画像数は、最大で50枚」という制限に引っ掛かり、話が中途半端なところで中断してしまったので、今回は燃料ポンプに関するところから話を再開してしまう。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
あと、ファンヒーターを構成する薄い鉄板は、通常人が触れるようには作られていないので、端部は打ち抜いたままで、触れると非常に切れやすくかったりする。
また、高温になる部分もある。
作業中には電源を抜いておく等の安全確保を図る等、
危険・危害の防止には普段以上に留意するように。
モノがモノだけに、火には注意するように。

■ 燃料ポンプの確認

昨シーズン末に、灯油の受皿から残っていた灯油を抜き取ったので、今シーズン当初に灯油カートリッジを挿し込んで受皿に灯油を満たしたのだが、その後の再始動時に燃料ポンプから「ぽこぽこ音」が発生していなかった。
そこで、燃料ポンプの異常が疑われたので、再始動を試みる際に、燃料配管を少し緩めて、灯油が噴出するか確認してみた。
 
・・・結果は、灯油は全く出てこず、灯油が無ければ、いくら点火の為の火花が飛んでいようとも着火するはずがない。
 
こうなったら、燃料ポンプを確認するしかない。
 
■ 燃料ポンプの取り出し
燃料ポンプを取り外すのは、
 
イメージ 5
赤矢印で示したスクリュと、
 
 
イメージ 4
この赤矢印で示したスクリュの計2本を抜き、
前回も取り外した、気化器に繋がる燃料配管を外す。
 
 
イメージ 1
燃料ポンプが外れた。
 
■ 燃料ポンプの分解
取り外した燃料ポンプを、分解して内部を確認するため、
イメージ 6
スクリュ2本を外して、分解してみた。
 
コイルの中に、円筒状のピストンが入っている。
イメージ 7
コイルの電磁石に電流を通すことで、このピストンが上下に往復運動をするのだろう。
ピストン内部と、シリンダの端部に「一方弁」(逆止弁)が取り付けられていて、一方向にのみ、燃料を送り出す機構のはず。
 
ピストンを確認すると、
イメージ 8
内部の穴に空気を通してみると、とりあえず空気は通る模様。
 
そこで、燃料ポンプの上側にある金具、(ジェット?)を見ると中央部が黒くなっている。
当初は、「一方弁(逆止弁)」があって、穴があいているのが見えないだけ?・・・かと思ったのだが、ここを爪楊枝等でつついてみると、
 
イメージ 2
ジェットの穴を爪楊枝でつついてみた。
 
その結果、ジェットの穴から汚れが出てきて、無事にジェットを開通させることができた。
 
 
■ 試運転
その後、燃料ポンプを元の位置に取り付け、始動スイッチを入れてみる。
イメージ 9
燃料ポンプの取り付け
ここで、燃料ポンプを元の位置に取り付け、配管から灯油が漏れるか確認してみる。
結果は燃料ポンプから「ぽこぽこ音」が発生するとともに、灯油が噴き出した。
 
燃料配管も復旧して、
イメージ 3
カバーを戻す前に、運転ボタンを押して始動してみる。
無事に燃料に着火。バーナーから青い炎があがった。
 
 
イメージ 10
カバー類を戻して、
修理完了である。
 
その後、しばらく確認のため運転をしてみたが、特に異状は見当たらず。
点火も快調。素直に素早く点火する。
 
これで修理完了としてよかろう。
 
ダイニチは構造がわかりやすく、作業性もよかったので助かった。
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html

 
 
 
 
 
 
 
参考 : 後継の現行機種
 

ダイニチ 石油ファンヒーター FW−3214S プラチナシルバー 木造9畳 3.2kWタイプ

点火時・消火時のにおいが少ないパワフル秒速消臭システムや、すばやくお部屋を暖める40秒スピード着火など、基本性能の充実と使いやすさを重視したスタンダードタイプ。  ●適応畳数<木造9畳/コンクリート12畳>  ●タンク容量<5.0L>のカートリッジタンク式
通常販売価格:10,800円
セール価格9,980円(税込) 

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事