ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

■ 久しぶりに(少しだけ)整備。 (メインキーシリンダ・燃料コックの潤滑とか)

走行距離10万キロメートルを越えて、いまだにしつこく運用されているヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
そんなXTZ125「ねこちやづけ」の各部について、少し気になっていたところを少しだけお手入れしてみた。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 今回の作業内容とか

前回、
で、普段はあまり重要ではない箇所でも、走行や時間の経過に伴って、徐々に汚れが蓄積して、不調を引き起こしかねないので、重要度が低い箇所も、たまにはお手入れ(整備)しなければならないという事を再認識した管理人。

新車で導入した直後にはあれこれお手入れしていたのだが、最近は整備していなかった箇所について、若干の「お手入れ」を実施してみた。

■ メインキーシリンダのお手入れ
新車で導入直後は、メインキーシリンダの動きが渋くなって、操作し難くなったことがあったのだが、その後、過去の「お手入れ」を実施してからは、そのような問題は発生していない。
が、長期にわたる酷使の影響で、いつ再発してもおかしくない状態なので、またまたシリコンスプレーを注入して、不調の予防を実施しておいた。
イメージ 1
メインのキーシリンダーに
シリコンスプレー
(以前は「テフロンパウダー入りスプレー」の粉を、少しだけ鍵穴から投入した後、シリコンスプレーを噴射)

■ 燃料コックのお手入れ

燃料コックについては、

イメージ 4
この位置にある小さなビスを、


イメージ 2
ドライバーを使って外し、



イメージ 3
コック(のカバー)を外して、一部が露出したOリングをスプレーを用いて潤滑しておく。
このスプレーは、以前に「プラスチックを侵し難い」という表記があった(はず)の品。

これで燃料コックの操作に必要な力が大幅に小さくなったはず。
実際、、燃料コックを操作したら、動きが軽くなったので、とりあえずお手入れ完了というところだろう。、

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事