ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


■ スターターモーター撤去後の跡地を有効に活用してみたかった

 先日、スタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)が崩壊して、結果的にスターターモーターを撤去してしまった管理人のヤマハXTZ125「ねこちやづけ」
 スターターモーターを撤去したあとには、エンジン(クランクケース)前面に無駄に大きな空間が空いてしまったので、その有効活用を考えた管理人。
 とりあえず小物入れ(工具箱)でも作ってみようかと考えたりしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ スタータークラッチやスターターモーターに関する経緯とか

 スタータークラッチやスターターモーターに関するこれまでの経緯は、
 あたりに書かれていたりする。

■ ちょっと構成を練ってみる
 今回のはなしの発端は、
イメージ 5
スターターモーターを撤去して、
クランクケースに空いたスターターモーターのピニオンギアが通るクランクケースの貫通穴を塞ぐ蓋を作った。

イメージ 6
そのため、スターターモーターが鎮座していた箇所が、ぽっかりと空地になってしまっていた。

 小物の収容箇所も出荷状態ではほとんどないXTZ125
 無駄な空地を有効に活用して、工具箱でも作ろうというはなしになる。

 そんな工具箱についてあれこれ製作手段を考えた管理人。

 いくつか「案」を考えた後、その「案」のうちの一つを実際に試してしまう。

 まずは近所のD.I.Y.店でゴム製の家具の脚を購入してきた。
イメージ 7
ゴム底脚。

 これをクランクケースに空いたセルモーター(スターターモーター)の穴に、これを差し込んで工具箱を保持するつもり

■ 早速作業とか
 クランクケースに空いた穴。
イメージ 1
画像中央はクランクケースに開いたセルモーターのギアを通す箇所。

 ここに、
イメージ 8
先程のゴム脚を挿入すると、
テーパー形状のゴム先端が、穴の外周部に引っかかった。

 とりつけに関する方針が決まったので、
イメージ 9
小物入れの本体となる部分に嵌まる容器を考えていたところ
所謂「塩ビ管」 : 排水管(VU50=その外径がほぼ60φ)
を使えば、作業が簡略化できるだろうということになる。


イメージ 10
なお、パイプ本体の外径は60φだが、
パイプの端部を保護するキャップは、外径が大きすぎてそのままではフレームと干渉してしまう。

イメージ 11
外周部の直径は60ミリメートルを超える。

 そこで、
イメージ 12
エンジンと干渉する部分を少し削り落とすことにする。

イメージ 13
一部の外周部を削り落としてみた。

イメージ 14
パイプ(本体)と組み合わせるとこんな感じ。
多少の隙間は開くが、接着剤で塞げば問題はなかろう。

 外周部を削ったキャップを嵌めたパイプをセルモーター跡地に納めてみると、
イメージ 15
こんな感じ。
ここでパイプの長さを考える。

 パイプの長さが長ければ、内部の収容量は増える。
 ただ、長すぎると自作のエンジンカバー等に干渉してしまう。

イメージ 16
そこでエンジン側面から突出しない程度の長さを調べて、
手動式ののこぎりでパイプを切断することにした。

イメージ 17
切り出したパイプ(+削ったパイプの蓋)に、
削っていないパイプの蓋を被せてみた。

 これを、
イメージ 2
セルモーターの跡地に納めると、こんな感じ。

イメージ 4
その内部は、
工具等、小物入れとしては上出来だろう。
(管理人にとっては)

 そして、先程のゴム底は、
イメージ 3
クランクケース側に嵌め込むことができるよう、
ゴム底を蓋(エンジンの穴側、先程削った方の蓋)に固定する。

イメージ 18
これをセルモーター跡地に納め、

 本体を固定する部分(セルモーターと同様に、エンジンの左側、クランクケースカバにボルト2本で留められるようにステーを設置するつもり。






 今までのところ、特にこの工具箱を必要とする機会はなかったので、とりあえず準備だけをしておいて満足してしまった。




 何か状況に変化があったら、再度とりあげる予定。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事