ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

その他車のはなし

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

MAZDA3(マツダ3)出た


■ マツダ3が出て、予想通りというか期待通りランティスを思い出したりした

 ここ数年、管理人の興味をひくクルマを量産しているマツダから、実質的にアクセラの後継車となるMAZDA3が出てきたりした。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ マツダのこのクラスというだけで、ランティスを思い出してしまう管理人

 予想はしていたのだが、マツダのこのクラス(ファミリアとか、もう少し上のランティスとか)は、やっぱり雰囲気がランティスに似ていたりする。
 同じようなサイズ・構成の車でも、他社のクルマだとランティスっぽさは感じないので、やっぱりマツダのデザインが他社とは違うのと同時に、ランティスっぽさを受け継いでいるのだろうな。
 (管理人の脳細胞の中には、ランティスっぽいものを発見するとなにやら反応する細胞が居るらしい。)

■ この後姿はいいな
 たぶん管理人のような素人が語らなくても、各地でプロが解説してくれているはず。
 新型マツダ3で、管理人の目を一番ひいたところは、

イメージ 1
ファストバックの後部
なめらかな曲線が気になったりした。

 当初は後席ドアのドアノブが目立って気になったのだが、初期段階ではこれはこれで馴染んで来るのだろうと思ったりする。
 (当初からノブを窓後部の黒い箇所に埋め込んだりすると、特に何も無い広い面積が気になってしまう層が居そう。)
 管理人としては、多少の使い勝手の悪化があっても、ドアノブが隠れたマツダ3があったら見てみたいが。

 というわけで脈略も無く
イメージ 2
管理人が運用していたランティスの画像をひっぱり出してきた。


 使い勝手が良いクルマだった。
 失礼ながらマツダ3にグリーンメタリックの外装色が欲しくなってしまう人も数人は居るのではなかろうか。



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


■ ステップワゴン(RF1)の車検前準備

 本ブログで時々重要な役割を果たしてきたホンダのステップワゴン(RF1)「いぬはみがきのはこ」
 ステアリングラックブーツの破れが発覚したので、車検前に急遽修理作業を行ってみたりした。
 今回はその作業の第3回目。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。


イメージ 4
古い(破れた)ステアリングラックブーツを引き抜いたステアリングラックまわり
ジョイント部分にグリスを追加して、

イメージ 5
関節(球体)をグリグリ動かしてグリスを行き渡らせてみる。
これで少しは追加したグリスも効果を発揮できるだろう。

 ここに新しいステアリングラックブーツを被せるのだが、
イメージ 6
ブーツ内の穴にシャフトを通しながら、ブーツを被せていく
おそらく反対側のブーツから延びているホース(左右ブーツ内の空気を移動させるためのものか)を接続する。
といっても、ホースとブーツのニップル(凸部)を元通り繋ぐだけ。

イメージ 2
ブーツをステアリングラックに固定するために、付属のステンレス製のバンドを取り付ける。

イメージ 7
このステンレスバンドを締め付けて固定するための専用工具も売られているが、
使用頻度を考えると、管理人がこの工具を購入するのは無駄だろうということで、
古いステンレスバンドを外した時の事を思い出しながら新しいバンドを締め付ける。

イメージ 8
新しいブーツを取り付けたステアリングラックまわり。
手前側のブーツ端は付属のクリップで留めてある。

イメージ 9
タイロッドエンド部分のゴムブーツ。
特にひび割れ等はない。
このゴムブーツ内部にもグリスが詰まっていたのだが、分解時にグリスがだいぶ流出してしまったので、

イメージ 10
適当なグリスを充填しておいた。

 そしてタイロッドエンドを取り付けるのだが、
イメージ 3
ここの長さが以前と変わってしまうと、アライメントが狂ってしまう。
今回の修理を始める前はアライメントに特に問題がなく、アライメントを調整するつもりはない。
そして今回は車検を受ける前にアライメント調整をする余裕も計画もない。

 という訳で、できるだけ以前の状態のまま復旧させる必要がある。
 前回書き忘れていたのだが、ここを分解した際には、ナットの位置やタイロッドエンドの取り付け位置が元通りに復旧できるよう、ねじ山の数を数えて記録したり、油性ペンで位置を記入しておいたりした。

 上の画像は、元通り復旧した(つもり)のタイロッドエンドの調整部分。
 結果的に車検時に無事合格できたので、おそらく元通り復旧できたのだろう。

イメージ 11
こちらも元通り組み付けて、

イメージ 12
割りピンを取り付けて、

イメージ 13
無事にステアリングラックブーツの交換が完了した。

イメージ 1
とりあえず復旧できたはずのステップワゴン。
ステアリングを左右に動かしたり、試走しても問題がなかったので、この状態で車検場まで走る。



 結果は以前の記事にあった(はず)とおり、
イメージ 14
無事に車検に合格したので、ブーツの交換作業は成功していたに違いない。

 本車もまた活躍してもらおう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ステップワゴン(RF1)の車検前準備

 本ブログで時々重要な役割を果たしてきたホンダのステップワゴン(RF1)「いぬはみがきのはこ」
 車検の時期が迫ってきたことから、その準備を開始したりしたのだが、ステアリングラックブーツの破れが発覚したので急遽修理作業を行うことになったりしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 管理人初となるタイロッドエンドの分解作業 「アストロプロダクツ タイロッドエンドプーラー」

 前回は、ブーツの破れた箇所を確認して、交換用の新しいステアリングラックブーツを取り寄せている。
 今回は、いよいよタイロッドエンドを分解して、ナックルアームを外し、古いブーツと新しいブーツを入れ替えることになる。
イメージ 4
破れたステアリングラックブーツ

■ 作業とか
 今回の作業を開始する前に、ネットで作業手順等の情報収集を行うとともに、必要な(はずの)工具を用意しておいた。
イメージ 5
今回用意した工具 アストロプロダクツのタイロットエンドリムーバー TL295
 おそらく二度と出番は無いだろうと考えているのだが、念のためピンを差し替えることでリフティング量を調整できる仕様のものを選んでおいた。

イメージ 1
側面

イメージ 6
この工具をナックル部分に嵌めて、ボルトを締めこみ、ハンマーで端部を叩くことでタイロッドエンドを分解する。

 工具と交換用のブーツを用意できたので、
イメージ 7
作業を開始する。
車体を支えた上で左前ホイールを外す。

イメージ 8
タイロッドエンドの調整部分。
 ここの長さが変わってしまうとアライメントが変わってしまうので、作業前(もとの状態)に戻すことができるように、ねじの山の数等、記録を残しておく。

イメージ 9
とりあえず露出したねじ山の数と、ナットの位置を記録しておいた。

イメージ 10
記録を残した後で、

イメージ 11
タイロッドエンドのナットと割りピン。

イメージ 3
割りピンを外し、タイロッド下部のナットをレンチで緩める。

イメージ 12
タイロッドエンドを分解する作業の前に、
まずは工具(タイロッドエンドリムーバー)の各部に対して、グリスで塗布しておく。

イメージ 13
外したナットを仮にタイロッドエンドに仮留めして、タイロッドエンド、ナックル部分にツメをかけ、

イメージ 14
工具の端部(画像奥側)をハンマーで叩けばタイロッドエンドがハズれるらしい。(本来なら)
今回の作業時にはハンマーの出番はなkった。

イメージ 15
外したタイロッドエンド

イメージ 16
ステアリングラックブーツを見る

イメージ 17
ステアリングラックブーツを取り外す前に、

イメージ 18
ステンレス製のバンドを外しておく。

イメージ 19
ブーツを引っ張って、

イメージ 20
抜き取る。
途中、左右のゴムブーツ内の気圧を調整するバイパスホースも抜き取り。

イメージ 21
外れたステアリングラックブーツ。
ゴムが劣化して大穴が開いている。

イメージ 22
車庫入れ等でステアリングをいっぱいに切る機会が多い車両だけに
ブーツ類の傷みも早いのだろうな。

イメージ 2
外した古いブーツと、これから取り付ける新しいブーツを比較しておく。

 まったく同じとは言わないが、形状的には互換性があるようだ。





 次回に続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ステップワゴン(RF1)の車検前に問題発覚

 本ブログで極たまに登場するホンダのステップワゴン(RF1)。
 XTZ125「ねこちやづけ」を搬送するなど、登場頻度のわりには重要な活躍をしていたりする。
 そんなステップワゴンの車検時期が迫ってきたということで、車検にむけてぼちぼち準備を開始したりするのだが、そんなに素直に準備が完了したりしないのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 酷使された四輪車にはよくある不調とか

 車検前に各部の確認をおこなった際、これまでの車検時には問題とならなかった箇所に新たな破損箇所が見つかった。
 初回登録から20年以上が経過して、四輪車の脚まわりにも多用されているゴム製の部品類は、耐久力の限界を越えていてもおかしくない。
 今回はそんなゴム製部品のうち、片方のステアリングラックブーツに大きな破れが見つかった。
 ステアリングラックブーツに大きな破れがあれば、基本的に車検は通らない。
 そんな訳で、破れたステアリングラックブーツの交換作業に挑戦してみることになった管理人のおはなし。

■ ブーツ類(ドライブシャフトブーツ・ステアリングラックブーツ・タイロッドエンドブーツ)の確認作業
 車検に向けて準備作業中のステップワゴン
イメージ 1
とりあえず確認作業を実施

 タイヤとボディの隙間から下まわり(脚まわり)を見ていくと、
イメージ 4
ドライブシャフトブーツ(ホイール側)は比較的健全

イメージ 5
トランスミッション側も破れてはいない。

 車体反対側を見ていくと、
イメージ 3
こちらもホイール側のドライブシャフトブーツは健全

イメージ 6
トランスミッション側も破れてはいない。

 とりあえずドライブシャフトブーツ関係は問題がないかと思ったのも束の間、
イメージ 7
車体左側のステアリングラックブーツが大きく破れていた。

イメージ 8
車体右側は破れてはいなかった。

 後日、
イメージ 9
破れたステアリングラックブーツを再確認する。
ここまで劣化すると、諦めの悪い管理人でも補修等で対処することは不可能。
もうゴムブーツを交換するしかない。

イメージ 10
もう片方のブーツが破れていないのは不幸中の幸い。

 ステアリングラックブーツを交換するとなると、タイロッドエンドを外して破れたブーツを抜き取り、新しいブーツを取り付けて、タイロッドエンドを復旧する ・・・とネットで調べた情報には書いてあった。

 タイロッドエンドを分解するには、それなりの工具が必要で、場合によってはタイロッドエンドブーツが破損するので、こちらのブーツも交換しなければならなくなる可能性もある (らしい)。

 そこでとりあえずタイロッドエンドを確認すると、
イメージ 11
タイロッドエンドブーツに破れ等の破損は見あたらない。
これなら上手くタイロッドエンドを分離すれば、タイロッドエンドブーツを交換する必要はなかろう。

■ 交換用部品(ステアリングラックブーツ)を入手
 各部の確認の結果、ステアリングラックブーツのみを交換することにした管理人。

 そこで、
イメージ 2
交換用の補修部品、到着までに必要な時間の都合もあって社外品のブーツを調達した。

イメージ 12
ホンダステップワゴン(RF1)に適合するステアリングラックブーツ

 あとはこれを破れたステアリングラックブーツと交換すれば、無事に車検を通すこともできるはず。



 やっぱり次回に続いてしまう。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ステップワゴン(RF1)のABS警告灯が点灯したので対処

 本ブログにおいて時々登場するホンダの初代ステップワゴン(RF1)。
 山中で行動不能となったXTZ125「ねこちやづけ」を緊急で回収したり、何かと役にたっていたりする。
 そんなステップワゴンのABS警告灯が点灯してしまったということで、安全の為には早急に修理しなければならないのはもちろん、こんな警告灯を光らせていては車検も通せないので、とりあえず時間もないので急いで修理(応急処置)を行うのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 故障箇所の確認と原因のはなしとか

 本車のABS警告灯が点灯したのは最近。
 点灯した理由は 「(車体下面の)電気配線が断線した」ということらしい。
 そして「車体下面の電気配線が断線した」理由は、「御犬様が配線を齧った(かじった)」ということらしい。

 管理人としては、「・・・車体下面に通っているブレーキ関係の電気配線のうちどれかが犬に齧られて、配線が切断したかボディや他の配線とショートして警告灯が点灯したのだろうな・・・。」くらいに考えて、とりあえず車体の確認を実施してみる。
 この際、ブレーキまわりの警告灯は、何か原因を除去すれば消灯するのか?
 それとも以前のSRSエアバッグの警告灯が点灯した際に「リセット」しなければ消灯しなかったように、何らかのリセット操作が必要になるのか?
 そのあたりも不明なまま、とりあえず断線しているという部分を確認してみることにした。

 ちなみに、本車に関する過去の記事は、
 あたりに書かれていたりする。

■ 状況確認作業
 まずは状況を確認してみる。
 メーターパネル内の「ABS」警告灯は(メインキーをONにしていると)「常時点灯しっぱなし」
 (メインキーをONにしたとき、通常であれば一旦点灯して、すぐに消灯する。)
 ちなみに、時間もなかったのでメーターパネルを撮影することを忘れている。
イメージ 1
とりあえず確認だけでもしておこう。

 さっそく、
イメージ 4
車体の下に潜りこんでみる。


イメージ 5
どこの配線が齧られたのか、分からなかったので後部から配線類を見ていくと、

イメージ 2
車体中心軸からやや右より、右後輪付近から繋がる配線が、
オレンジ色のコネクタ(カプラ)の近くで2本千切れていた。

イメージ 9
コネクタを車体(フレーム)から取り外して配線を確認する。
やっぱり配線が引き千切られている。
しかも2本ともコネクタのすぐ近くで切断されている。

 どうせ切断するなら、コネクタから離れた部分で切断してくれたら、もっと修復(接続しなおし)が楽だったのに。
イメージ 6
断線した配線間にプラスチック部品を割り込ませて接続するコネクタ(エレクトロタップ)や、
被覆を剥いた配線を挟み込んでカシメるだけで接続できるコネクタを用いたら簡単に修理できるのだろうが・・・。

そんな準備はしていない管理人。

 基本的かつ確実性が高い修理として、配線を接続したうえで半田付けして、その上に熱収縮チューブを被せるという方法をとることにした。

イメージ 7
日没間近かつ電源の延長コードリールと照明が行方不明という悪条件のなか作業を開始する。

 急いで半田ごてをひっぱり出し、配線端に熱収縮チューブを挿入して、被覆を剥いて、接続先の導線と寄り合わせたのち、半田付けで接続作業を行う。
 切断箇所がコネクタに近く、被覆を剥くのも接続するのも大変。
 逆さ向きの態勢で可動範囲が限られた半田ごてを使って半田付けを行う。

イメージ 8
なんとか接続を済ませて、コネクタを元の位置に戻す。

イメージ 3
念のため自己融着テープを巻きつけて保護して、接続作業は完了とした。

■ 警告灯の消灯確認
 この後、メーターパネル内の警告灯の点灯状況を確認する。

 メインキーをオンにした後、ABSの警告灯は無事に消灯した。
 特にリセット等の消灯作業は必要がなかった。

 今回修理した配線は、おそらく右後輪からABSのセンサー(車輪の回転を認識する)の配線で、ここが断線したことにより、右後輪の回転状況の情報がECUに入ってこなくなり、ABSの警告灯が点灯していたのだろう。

 今回、その断線箇所を接続しなおしたことにより、無事に右後輪のセンサーとの情報がやりとりできるようになり、エラーが解消、無事に警告灯も消灯したということでよかろう。


 これで安心して車検を受けにいくことができる・・・はず。








 他の故障箇所も見つかったりするが。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事