ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

マジェスティS 「ねこうめ」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


■ フェザーミュージアムまで出かけてみた(#02)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 先日、前後のブレーキパッドが消耗していたことから、前後のブレーキパッドを交換してみたので、試運転を兼ねて少しばかり遠くまで出かけてみることにしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 関市フェザーミュージアムから美濃市を通過して九頭竜湖方面へ

 岐阜県は関市にあるカミソリで有名なフェザーの博物館を訪れた管理人。
 前回は収蔵物の紹介をしていたら容量が多くなりすぎてしまったので、今回と二回に分けて紹介することになってしまった。
 そしてフェザーミュージアムを出た後は、ついでに九頭竜湖方面へと少しばかり足をのばしてみた。
 ちなみに、4月上旬のはなしである。

■ フェザーミュージアムのつづき
 前後のブレーキパッドを交換して、その試走ということででかけたフェザーミュージアム。
 一般にも見かける機会があるカミソリ等の他に、
イメージ 1
医療用の器具(メス等)の商品も紹介されている。

イメージ 5
外科用・採皮・採血用のナイフ類
替刃とハンドルシステムになっているのだな。

 眼科で眼球を手術する際に使用するメス類も充実していて、
イメージ 2
緑内障ナイフとか、

イメージ 3
ストレートナイフ

イメージ 4
ガードナイフ

イメージ 6
ラウンドナイフ

イメージ 7
クレセントナイフ

イメージ 8
スリットナイフ

イメージ 9
インプラントナイフ

 眼科用のナイフは多種存在していることを知った管理人。
 これだけナイフがあれば、眼球の改造や性能向上も可能だろうな。

 眼科用の他にも、
イメージ 10
歯科用のナイフも。
歯周ポケットやらをカリカリしたら気持ち良さそう。
実際には切って開くのだろうが。

 更には医療の歴史とか、
イメージ 11
頭蓋骨に3つの穴があけられた4000年前の手術跡
治療用ヒルが輸入された19世紀ヨーロッパとか、

イメージ 12
医療用器具等が並ぶ展示

イメージ 13
謎の彫像とか

イメージ 14
年季の入った医療器具とかも多数展示されている。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
二階から一階に戻り、

イメージ 18
駐輪場に戻ってきた。
管理人のマジェスティS「ねこうめ」

 せっかく出掛けたので、もう少し足を延ばしてみることにした。
イメージ 19
美濃市方面に向かい、

イメージ 20
旧名鉄美濃駅跡を通過

イメージ 21
少しうだつが残っているような気がする町並みを通過して、

イメージ 22
国道156号線に出て郡上八幡方面に向けて北上する。
すれ違うバイク乗り(ホンダCBR250RR)

イメージ 23
長良川と長良川鉄道に沿って走り、

イメージ 24
道の駅古今伝授の里やまとで、、

イメージ 25
足湯であたたまっておいた

イメージ 26

 白鳥近くでは、
イメージ 27
気温セ氏+6度。

イメージ 28
白鳥ループ橋にやってきた

イメージ 29
ループ橋をのぼって油坂峠道路に入る
気温表示はセ氏+4度。

イメージ 30
九頭竜湖のあたりまで来たところ。
4月上旬で春になったかと思っていたが、ここでは時々白いものが舞う。

イメージ 31九頭竜湖ダム

イメージ 32
マジェスティS

イメージ 33
ブレーキパッドの様子を確認。
特に異状はない。

イメージ 34
今シーズンは雪の上を走る機会はなかった本車。

イメージ 35
九頭竜ダム周辺

イメージ 36
周囲の雪山とか

イメージ 37
寒くなってきたところでそろそろ帰路につく。

イメージ 38
九頭竜湖を横に見ながら国道158号線を走り、

イメージ 39
湖上に黄色の橋が見えてくる。

イメージ 40
国道157号線方面へと繋がる道。
以前、冠山林道を通って揖斐川から大野に抜けた道の途中に繋がるはず。
そのうち通ってみるつもり。

イメージ 41

イメージ 42
ループ橋を降りて、

イメージ 43
道の駅清流の里しろとりにやって来た

イメージ 44
ここでちょっと休憩。

 このあと、暗くなった道をねこのすⅡまで走る。
 無事に帰宅できたのでブレーキパッドの交換は成功したと考えて良いはず。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ フェザーミュージアムまで出かけてみた(#01)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 先日、前後のブレーキパッドが消耗していたことから、前後のブレーキパッドを交換してみたので、試運転を兼ねて少しばかり遠くまで出かけてみることにしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 管理人、初のフェザーミュージアム

 最近、工場見学とか企業の博物館を回っている管理人。
 いつもの「エーザイ川島工場隣接のクスリ博物館」は普段も訪れるようになっているのだが、それ以外の博物館も発掘しようと岐阜県は関市にあるカミソリで有名なフェザーの博物館を訪れてみることにした。

■ フェザーミュージアム
 前後のブレーキパッドを交換して、その試走ということででかけた4月の上旬、

イメージ 6
フェザーミュージアムを目指して走る。

イメージ 5
フェザーミュージアムに到着。

イメージ 1
ちょっとおしゃれな建物

イメージ 2
駐輪場に停まったマジェスティS「ねこうめ」
ブレーキパッドを交換し、今まで異状に快調に運用中である。

イメージ 4
フェザーミュージアムの入口
定礎が2016年なので完成してそれほど経っていない。

イメージ 3
入口付近
巨大なカミソリ類がお出迎え

 展示内容といえば、
イメージ 7
たいていの企業博物館にはある、会社の歴史とか

イメージ 8
1932年創業

イメージ 9
かつての製品とか。
箱入りの小物に弱い管理人。

イメージ 10
羽根製品マーク第一号。
ずいぶん古いパッケージが残っているのだな。

イメージ 11
それ以前のパッケージ


イメージ 12
やはり箱入り小物。


イメージ 13
最近の製品とか、

イメージ 14
謎のロボットとか、

イメージ 15
どこか古い金物屋とかに売っていそうな製品までいろいろ展示中。

 その他、
イメージ 17
一日にヒゲが伸びる長さ
0.2〜0.4mmとか、
お勉強になるコーナーもある。

 さらに、
イメージ 16
替刃17,000枚を使った替刃ウォールがあるというので、

イメージ 18
二階にのぼってみると、巨大なカミソリ替刃ウォールが展示されている。

イメージ 19
その意図はよく分からないが、替刃17,000枚を使用した壁。
近くで見るとピントを合わせるのに苦労したりする。

 二階部分にも展示物があるのだが、こちらはかつての替刃製造ラインの展示とか、
イメージ 20
自動パワープレス

イメージ 21
焼入れ
油の中に入れるとパンパン音がするのでパンパン焼きと呼ばれていたとか。

イメージ 22
印刷

イメージ 23
ローラーで一枚ずつ印刷していたとか。

イメージ 24
着色
(黒染め)

イメージ 25
思っていたより手間隙かけて製造していた


イメージ 26
刃付

イメージ 27
仕上げ


イメージ 28
切れ味確認とか

イメージ 29
実際に紙の束を切って切味を確認していた。

 その他、フェザー以外の製品だと思うが、
イメージ 30
黒曜石の矢じりとか、

イメージ 31
創業何年くらいか?

イメージ 32
システム替刃ができるまでの解説とか、

イメージ 33
そもそもどうして刃もので切れるのか?

イメージ 34
お勉強できるコーナーもある。

 更に、
イメージ 35
直接刃物が展示されているわけではないが、

イメージ 36
ソープカービングの作品が展示されている。
石鹸を彫ってこんなものを作るとは。

 管理人としては剣やナイフに対して特に興味はないのだが、
イメージ 37
日本刀と西洋剣の比較とか、

イメージ 38
世界の剣について展示されている

イメージ 39
シェラスコとか、

イメージ 40
バイキングソードやパイレーツ・サーベルとか

イメージ 41
エクスかリバーとか、

イメージ 42
バチカン市国の超長剣とか、
剣の展示は小さな子供に人気があったりした。

 刃物に直接関係しないものの、
イメージ 43
髭剃り関連で泡をいれておく容器とか、

イメージ 44
カミソリを研ぐ皮ベルトとか、

 刃物以外の部分でも面白そうなものが結構あったりする。



 意外と内容が多くなってしまったので次回に続いてしまう。








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ KOSOレーシングブレーキパッド取り付け 前キャリパ(その2)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 走行距離が3万キロメートルを越え、前後のブレーキパッドが消耗して共に交換が必要な状態となってしまった。
 そこで後輪のブレーキパッドを交換して試走を済ませた後、前輪のブレーキパッドの交換作業を開始したのが前回( 前ブレーキパッドの交換(KOSOブレーキパッド)#01 ヤマハマジェスティS「ねこうめ」 )。
 そして今回はその続き、新しいブレーキパッドをキャリパーに組み込んで、キャリパーをフロントフォークに取り付けて試走までのはなし。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ブレーキパッドをキャリパーに組み込み キャリパーの車体への取り付け

 今回の作業は、
・ 新しいブレーキパッドをキャリパーに組み込んで、
・ ブレーキキャリパーを車体(フロントフォーク)に組み込む。
 → 作業完了 試走。

■ 作業とか

イメージ 4
前回まで、ピストンを磨いて戻した状態の前ブレーキキャリパー

 浮動式のキャリパーを車体に取り付ける際に、
イメージ 5
必要となるキャリパーサポート

イメージ 6
ブレーキダスト等が積もって汚れている。
赤くなっているのはブレーキパッドと接触している箇所。

イメージ 3
キャリパーサポートを洗浄して、

イメージ 7
錆とりに挑戦してみる。
やっぱりサンドブラスト等の器材が欲しくなったりする。

イメージ 8
取り外した古い(純正)ブレーキパッドとシム

 参考まで、
イメージ 9
パッドのベース板厚や、

イメージ 10
摩擦材の残厚を計測しておいた。

 新しいブレーキパッドを用意して、
イメージ 11
新旧ブレーキパッドの比較をしてみる。

イメージ 2
形状的には新旧を入れ替えても問題がなさそう。
(念のため。 互換性を確認してみた。)

 こちらも参考まで
イメージ 12
ベースの板厚や、

イメージ 13
摩擦材の厚さを計測しておいた。
(今後、消耗度合いを確認する際には有効だろう)

イメージ 14
今回使用する(交換する)KOSOのレーシングブレーキパッド
淡い金色系の塗装がされている。

イメージ 15
今回、純正ブレーキパッドが取り付けていたシムを移植して使用するので、
車体に取り付けてしまえば金色はほとんど見えなくなるが。

 ブレーキパッドをキャリパーに組み込む際、
イメージ 16
パッドと接触する部分に、

イメージ 17
スレッドコンパウンド(銅粉末が入ったコンパウンド)を塗布(貼付)しておく。
(かじりつき防止のためと言われている。 管理人が実際に噛みつかれた経験はないが。
整備のお約束というやつらしい。)

イメージ 29
摩擦材の様子

イメージ 18
スレッドコンパウンドを塗った箇所

イメージ 19
キャリパーサポートとキャリパーの摺動部分にラバーグリス等を塗っておく。
キャリパーの動きが悪く(固着)なると、ブレーキパッドが斜めに減ったりしかねない。
(ここを潤滑して動きを良くすることで、それらが防止できるとよいのだが。)

イメージ 20
パッドピンも錆びたりしているので軽く磨いて、

イメージ 21
スレットコンパウンドを塗っておいた。

イメージ 22
その他、ブレーキパッドと擦れ合う箇所にはスレットコンパウンドを塗っておき、

イメージ 23
ブレーキパッドを定位置に収めてからパッドピンを挿入。
ブレーキパッドを仮固定して、

イメージ 24
2枚のブレーキパッド間を広げておいた。
(ブレーキディスクを挟み込めるように。)

 キャリパー側の準備ができたので、
イメージ 25
ブレーキディスクに挟み込む形でキャリパーを被せる。

イメージ 26
ブレーキパッドの間にブレーキディスクが挟まれているのを確認。

イメージ 27
キャリパーを留めているボルトを仮締めして、

イメージ 28
パッドピンを締め込み。
キャップも取り付けておく。

 この後、ブレーキレバーを数回操作して、広がっていたブレーキパッドとブレーキディスクの間を通常の間隔に戻す。
 有効にブレーキがかかるようになった状態で、数度ブレーキをかけてキャリパーの位置を調整。
 ブレーキキャリパーを留めるボルトを締めて作業は完了としておいた。

 ブレーキが効くことを何度か確認して、
イメージ 1
ちょっと試走に出かけて異状がない事を確認。

ブレーキパッドの交換作業は完了としておいた。




 これでブレーキパッドに関しては、あと数万キロメートルは走行が可能だろうな。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ KOSOレーシングブレーキパッド取り付け 前キャリパ(その1)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 先日、後輪ブレーキのブレーキパッドを交換して、無事に試走を済ませている。
 そして後輪側ブレーキキャリパのブレーキパッドの交換に続き、今度は前輪側ブレーキキャリパのブレーキパッドを交換することにした。
 ちなみに、後輪のブレーキパッドに関する内容は、
 あたりに書かれていたりする。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ブレーキパッド交換 分解・ブレーキピストンの揉み出しとか

 今回の作業は、
・ 前輪ブレーキのブレーキキャリパをフロントフォークから取り外し、
・ 古いブレーキパッドを取り外し、
・ ブレーキピストンをはじめ、ブレーキキャリパを清掃・洗浄するところまで。
 なお、ブレーキピストンを洗浄するついでに、ブレーキピストンがスムーズに動作できるよう、ピストンを油圧で押し出したり、指の力でブレーキキャリパー内に押し込んだりする動作を繰り返し、ブレーキピストンの揉み出しを行っている。

■ 作業(分解)とか
 前ブレーキキャリパのブレーキパッドを取り外すために、
イメージ 1
分解前の前輪ブレーキキャリパまわりを確認しておく。

イメージ 4
ブレーキパッドピンのキャップを外し、

イメージ 5
ピンを軽く緩めた後、

イメージ 6
ブレーキキャリパを留めるボルトを緩める

イメージ 7
ブレーキパッドを交換する前の段階で、
ブレーキマスタシリンダのリザーバタンク内のブレーキフルード液面を確認しておいた

イメージ 8
取り外した前輪側ブレーキキャリパ。

イメージ 2
汚れている。
基本的に「できるだけ手間をかけずに酷使していく」という運用を続けてきた本車。

イメージ 9
ペタル形状のブレーキディスク外周付近に、一部表面が荒れた箇所がある。

イメージ 10
取り外したブレーキパッドを確認すると、
画像左(車体右側)のブレーキパッド摩擦面と、
画像右(車体左側)のブレーキパッド摩擦面。
車体右側のブレーキパッド摩擦面は、左側のそれより摩耗が進んで、摩擦材の溝が消えている。

イメージ 11
画像右(車体左側)のブレーキパッド摩擦面のすぐ下には、
ブレーキパッドのベース部分に円柱状の突起があり、この頂部が削れている。
おそらくこの突起がブレーキディスクの表面に接触したことで、摩擦音が発生して、
ブレーキパッドの摩耗に気づいて今回の作業に繋がったのだろう。

同様の突起は、ブレーキキャリパ左右にある摩擦材のそれぞれ上下、計4箇所にある。
消耗していたのは、先程の一箇所だけだった。

イメージ 12
車体中央側(=ブレーキキャリパにとって上から見て進行方向右側)ブレーキパッドを立てている。
摩擦材は消耗しているが、表面には3箇所の溝が僅かながら残っている。
画像左下側よりも、画像右上の方が摩擦材の消耗が進んでいた。

イメージ 13
車体左側のブレーキパッド摩擦面は、反対側よりも消耗が進んでいる。
画像左下の摩擦材はほとんど残っていない。

イメージ 14
さすがに汚れている前輪ブレーキキャリパまわり

イメージ 15
この汚れを落としてから、ピストンを何度か出し入れして、
ピストンの動きをスムーズにする予定。

■ ブレーキピストン 清掃と揉み出し
 外したブレーキキャリパの付近に、
イメージ 3
洗剤水溶液を入れた容器を用意して、

イメージ 16
洗浄していく。


ただいま作成中


イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28














開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ KOSOレーシングブレーキパッド取り付け 後キャリパ(その2)

 管理人が主に通勤用途で運用中のヤマハマジェスティS「ねこうめ」
 先日 制動系(ブレーキまわり)確認 ヤマハマジェスティS「ねこうめ」 でブレーキパッドの消耗に気付き、
 前回、後ブレーキパッドの交換(KOSOブレーキパッド)#01 ヤマハマジェスティS「ねこうめ」 で消耗した古いブレーキパッドを取り外して、新しいブレーキパッドを装着してしまう。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ブレーキパッド交換 周辺部品の確認とか 

 ついでに参考まで、ブレーキパッドやブレーキディスクの消耗度を確認しておいた。

■ 作業とか
 前回からの続き。
 ブレーキキャリパーを洗浄した後で、
イメージ 4
洗浄したブレーキキャリパー

イメージ 5
指でピストンを押し戻して、新しい(=分厚い)ブレーキパッドを取り付けられるだけの隙間は確保した。

イメージ 6
スライドピンも洗浄・水・キャリパー

イメージ 7
ブレーキパッドの押さえ部品も洗浄しておいた。

■ 新しいブレーキパッドの取り付け
 手に入れたブレーキパッド
イメージ 3
新しい、今回交換するつもり、KOSOのブレーキパッド

イメージ 8
外した「標準のブレーキパッド」から、シムを取り外しておいた。

イメージ 9
ブレーキパッドの形状や摩擦材の比較

イメージ 10
摩擦材(表面)の様子

イメージ 2
KOSOレーシングブレーキパッド

イメージ 11
片側のブレーキパッドに黒色のシムを取り付けた状態。

イメージ 12
ブレーキパッドが取り付けられるであろう、周辺部の状況を確認しておいた。

イメージ 13
スライドピンも確認(潤滑して)、

イメージ 14
ブレーキパッドの残り厚さを確認

イメージ 15
ブレーキパッド抑えにもメタルスレッドを塗布して都率しておく。

イメージ 16
キャンプ用の部品



イメージ 17
隙間を通して、

イメージ 18
キャリパの確認

イメージ 19
新しいブレーキパッド、
外部から見やすいわけではない。

イメージ 20
ブレーキパッド・ディスクの様子

イメージ 21
ほぼ整備完了

イメージ 22
走行距離


■ 参考 (各種・計測)


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26







イメージ 1
無事に後ブレーキパッドの交換は完了した。
 引き続き前ブレーキパッドの交換を実施するのだが、前後ブレーキのブレーキパッドを一度に分解するのは万が一のときに非常に危なかろうということで、ここで一度試走に出かけて、後ブレーキが有効に効くことを確認してから、再度前のブレーキパッドの交換作業に入ってしまう。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事