ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

ムルティストラーダ「ねこぱんち」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

■ 平成最後の冬に水害の痕を確認してから放生峠・下呂方面

 管理人が12年間以上にわたり運用しているドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 実質的に後継機とも言えるヤマハトレーサー900「ねこけり」の導入が決まったことから、今後の取り扱いについて検討している最中である。
 そんなドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」で、平成最後の冬に「平成地区」を訪れ、付近を散策するとともに、津保川・上之保地区の水害痕を確認して、ついでに放生峠を通って下呂方面へ抜け、足湯に入ったりしていたりする。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 訪れた峠をまとめてみたいと考えた

 管理人はバイクでツーリングに出かけられる場合には、積極的にツーリングに出かけようと考えているのだが、事前に予定を立てて、計画に沿ってツーリングを実行しているわけでは無い。
 実際には、予定や計画をたてて実行するというよりは、急遽出かけられるようになった時点で「とりあえず出発する」という状況の方が多い。 
 そんな訳で無計画のまま、それほど時間的な余裕がない状況でツーリングに出発することになりがちで、このような場合、新しいことや新しい道に行こうと考えるよりは、無難に知っている道を走ることになりがち。
 いろいろ知らないトコロに行きたい管理人としては、同じところを何度も訪れるということは、無難ではあるができれば効率よく知らない道を走ることも実行したい。
 そんな訳で、訪れた道や峠を記録して、あまり同じような道や峠を重複して走らないように、効率的な活動をしようと考えたりした。

 結果、自分で走ったルートや峠を記録して、ついでに記録内容をブログにでもアップしておこうと決め、その記録先としてヤフーブログ内に「ねこかんす_まとめ」といったブログを開設してみた。(そのうち紹介予定)

 とりあえず、訪れた峠の「まとめページ」を近々設置する予定である。

■ 出発「ねこのすⅡ」→「道の駅平成」

イメージ 1
「ねこのすⅡ」にて、出発準備中の「ねこぱんち」

イメージ 2
遠くに見える雪を冠した伊吹山

イメージ 3
以前、水害で被害を受けたコンビニエンスストア
営業再開はしていない。

■ 道の駅平成
 津保川沿いを進み、道の駅「平成」に到着。
イメージ 4
もうすぐ平成時代が終わるということで、ありがとう平成時代ののぼりが立っている。

イメージ 5
道の駅の建物にもありがとう!平成時代の文字が。

イメージ 6
最近は「平成最後の年」ということで話題にのぼることも多く、
この日もテレビカメラがを含めて道の駅の取材に訪れていた。

 そんな道の駅平成、
イメージ 7
これまで何度も訪れていたのだが、付近の案内図はあまり気にして見た記憶がない。

 そんな案内図の内容を確認してみると、
イメージ 8
ツリーハウスや展望台といった施設があるらしい。

 せっかくなので、その辺りを散策してみることにした。
イメージ 9
道の駅の裏手から、

イメージ 10
坂道を登っていく。

イメージ 11
何やらひらけた空間があり、謎の球体があった。
(先の案内図で「龍珠」と書かれていたもの)

イメージ 12
球体の周囲には池が有り、その傍らにはメダル販売機とおみくじが売られていた。

イメージ 13
池の中にはコインやおみくじ?が。
何かを水に流してしまう?(流れていないが。)

イメージ 14
池から更に上に登ると、

イメージ 15
木製の東屋らしきものが現れた。

 近くに寄って見ると、
イメージ 16
一部崩れかけのツリーハウスが。
当初案内図に記載されていた「展望台」かと思ったのだが、どうやら「ツリーハウス」が正しかったようだ。

イメージ 17
ツリーハウス付近から道の駅方面を見る。

イメージ 18
駐車場にはドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」が見える。

イメージ 19
池の周辺には、謎のオブジェが展示されていた。
(案内図の「春之風帆」らしい)

 裏山から道の駅に戻り、
イメージ 20
道の駅に併設された平成ふれあいドームを見物。

イメージ 21
木製フレーム?の大空間が広がっていた。

 道の駅の駐車場に戻り、
イメージ 22
裏山の方を確認すると、ツリーハウス(赤矢印が見えるあたり)が見えた。

■ 幻の「平成の里」へ
 道の駅を出て、近くにある、まぼろしの観光地を訪れてみた。

イメージ 23
「ようこそ 平成の里へ」

イメージ 24
「歓迎 平成おみやげコーナー」という表示もある。
が、もちろん観光客は1人も居ない。

イメージ 25
ここにもカラーの案内図がある。
案内板右下の平成元年2月といえば、平成になった直後。

ここも観光客が大挙して押し寄せると考えてイロイロ造ってしまったのだろうな。

おみやげセンターにどれだけ多くの観光客が訪れたのか、管理人は知らない。
が、幹線道路からちょっと離れた場所まで、お土産を買うためにわざわざ観光客がやってくるとは考え難い。

 おそらく、開業して直後に撤退してしまったのではなかろうか。




 続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ 恒例の南濃方面を訪れて、ついでに愛東でジェラート食べてみた

 管理人がしつこく12年間以上にわたり運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近恒例となった冬になる前に南濃方面を訪れるツーリングを実行し、ついでに愛東の道の駅を訪れて、久しぶりにジェラートとかを賞味してみたりしている。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 11月中旬の週末

 つい先日(先月になってしまったが)行ったこのツーリングでは、鈴鹿山脈を国道421号線で西側に越えて、復路は国道306号線で大君ヶ畑を通過して東に越えようと考えて出かけている。

 実際には復路で訪れた国道306号線が通行不能だったので、更に北の国道21号線を利用して「ねこのす地方」に帰っているが、最近はネット等で簡単に道路情報が調べられるので、事前に調べておくほうが良いのだろうな。

■ 庭田山頂公園から北勢方面へ
 前回、 秋の南濃方面ツーリング(#01)2018 で訪れた庭田山頂公園。
濃尾平野を西側から眺める

 山頂公園を出発して、
イメージ 8
県道25号線を北勢方面に向けて降りる。
対向車線には珍しい(懐かしい)スズキのSX200/SX125(orジェベル125?)

イメージ 7
カワサキニンジャとか

イメージ 6
いなべ市のあたりで国道365号線に出て、阿下喜あたりを通過

イメージ 5
三岐鉄道、丹生川駅にやってきて、

イメージ 1
ここも恒例となった、貨物鉄道博物館(http://frm.kans.jp/)のシキ160を見物しておいた

■ 国道421号線で西へ
 丹生川駅から、国道306号線を南下し、
イメージ 9
国道421号線に入って西に向けて走る。
カワサキGTR1400か

イメージ 10
いつものように酷道421号線として有名な旧道への入口の誘惑を振り切って、新しいトンネルへ進む。

イメージ 2
コンクリートブロックが置かれたゲートが有名な細い峠道。
その下に新しくできたトンネルは広くて走りやすい。

イメージ 11
R1?R6とか、バイク野郎どもが走り抜ける。

イメージ 12
空冷四発の四本マフラー。
ホンダCB1100とか?

 スムーズに流れていた国道421号線も、道の駅「奥永源寺渓流の里」を越えるあたりから渋滞し始める。
イメージ 13
紅葉の行楽シーズンということなので、さすがに渋滞もするだろうな。

イメージ 14
永源寺ダムのあたりに到達。
かつてはホンダビート「ねこにまたたび」で、フロントタイヤがずるずるしていた道も、
すっかりキレイな道になっていた。
(一部古い部分も残っているが、近々新しい道に付け替えられるだろう。)

イメージ 15
ツーリング中と思われるバイク乗り、

イメージ 16
この日はオフロード系バイク野郎どもも多数見かけた。
最近なかなか見かけないので、絶滅してしまったのかと思っていた。
懐かしいヤマハランツァ

イメージ 17
管理人がジェラート等を目当てに時々訪れる池田牧場。
今回は別の場所でジェラートを摂取する予定なので、今回は通過しておく。

■ 道の駅 あいとうマーガレットステーション
 国道421号線から国道307号線に入って北上し、こちらもひさしぶりとなる
イメージ 4
あいとうマーガレットステーションに到着。
本ブログでもお馴染みの場所。

イメージ 18
この日のメニューは、

イメージ 3
とりあえずトリプルを注文。
(プラリネ・ラムレーズン・オレンジだったか。)
「まいたけ」というものにチャレンジしてみたい気もしたのだが、今回は素直に好きなものをチョイスしておいた。

 ジェラートを食べた後、
イメージ 19
二輪車置場に戻ってきたら、スズキ集団がやってきていた。
GSX1400にボルティ、GSX250Rのエクスター色と赤色。
■ 国道21号線とか
 道の駅あいとうマーガレットステーションを出て、帰り道は国道306号線でも通って北勢方面い戻ろうと考えていたのだが、多賀のあたりで「国道306号線 大君ヶ畑以遠通行止」の表示を見かけた。

 他に、付近に北勢方面に出られる道でもないかと地図を見ながら考えたのだが、国道421号線に戻るのは癪。
 国道477号線まで南下するのも遠回りになってしまう。
 国道306号線付近で「抜け道」を捜して、結局もと来た道を戻らなければならなくなる、管理人が得意とする「いつものパターン」は避けたい。

 仕方なく、安全策をとって、更に北に走って国道21号線で帰ることにする。
イメージ 20
国道307号線、国道8号線を北上し、多くのバイク乗り達、

イメージ 21
複数のCBR1000RR?やMT09等ともすれ違い、

イメージ 22
東海道線に沿って走る国道21号線で東進する。


 そんな中、前方からやってくる一台のバイクとすれ違って、急いで撮影してみたものの、後で確認してみたところ、国道脇の風景しか写っていなかった。
 すれ違ったのは白いXTZ125。 ヘッドライトの形状から中国製のXTZ125だっただろう。

 撮影できていたらよかったのだが、対向車に気づいてカメラを準備していては、撮影できないことも多い。


 そんな状態で「ねこのすⅡ」に帰り着いた管理人。

 時間的な都合もあって、あまり余裕がないツーリングではあったが、今回は定例(を理由に)ツーリングに出かけることが出来たということで良しとしておく。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ 恒例の南濃方面を訪れて、ついでに愛東でジェラート食べてみる

 管理人が運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 冬になってバイク乗りとしての活動が制限される前に、恒例となった南濃方面を訪れるとともに、ひさしぶりに愛東の道の駅を訪れて、ジェラートとかを賞味してみることにしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 11月中旬の週末

 今回のツーリングは11月中旬の週末に行っている。
 このツーリングでは、できることなら鈴鹿山脈を東西に越える、(北から)
・ 国道306号線
・ 国道421号線
・ 国道477号線
 のうち2本を利用いて周回してみるつもりだった。
・・・のだが、実際には復路で訪れた国道306号線が通行不能だったので、更に北の国道21号線を利用して「ねこのす地方」に帰っている。
 (良い子は事前にネット等で道路の状況等、下調べしてからツーリングに出発した方が良いだろうな。)

■ とりあえず南濃へ 道の駅月見の里南濃
 とるものもとりあえず、
イメージ 4
出発準備を済ませて、現実逃避に出発する。

イメージ 5
木曽川左岸を南下、

イメージ 6
東海大橋を渡り、養老方面へと向かう。

 国道258号線(水郷街道)に出たあたりで、ちょっと道の駅に寄り道してみる。
イメージ 7
道の駅、月見の里南濃の駐輪場に到着。

イメージ 8
隣のバイクが気になって仕方が無い管理人。
スズキのインパルス(GSX400Xインパルス) 別名東京タワー。
おそらく登場が早すぎた名車なのだろう。
今新車で手に入るなら、飛びついてしまうかもしれない自分が恐ろしい。

イメージ 9
道の駅は平常運転。
売店や足湯等には多数の観光客が。

イメージ 10
そして、本ブログでも過去に紹介したみかんラーメン。
今回も健在だったので、みかんラーメンファンは安心してよかろう。

イメージ 1
かわいい東京タワー。
(気になって仕方がない)

■ 岐阜・三重県道25号線 (南濃北勢線)
 南濃の道の駅を出発して、
イメージ 11
県道25号線へと向かう。

イメージ 12
前方には道の駅に居たXR250

イメージ 13
南濃北勢線に入り、三重県方面へと向かう。

イメージ 14
管理人が勝手に「ミニ知床峠」と呼んでいる道

イメージ 15
前方を左から右上に向けて走る道をこの先走ることになる。

イメージ 16
多少路面は荒れているが、まだ通行可能。
ムルティストラーダとかのジャンルの機種が得意とする道なのだろうな。

イメージ 2
先ほど見えていた道の途中で、下界を見下ろしてみる

イメージ 3
先ほど走ってきた道。

イメージ 17
道を下る自転車

イメージ 18
登ってくるバイク

イメージ 19
超望遠レンズがあれば、

イメージ 20
バイク雑誌の表紙のような、

イメージ 21
写真が撮れるのかもしれない。

イメージ 22
ねこぱんち

イメージ 23
峠から降りてきたホンダスーパーカブ110

イメージ 24
そして先ほど上から撮影していたカワサキニンジャ?が通り過ぎていく。

イメージ 25峠(庭田山頂公園)に到着
ここで少し休憩がてら、濃尾平野を見渡しておく。

イメージ 26
公園の様子

イメージ 27
公園の東端に来ると、

イメージ 28
濃尾平野の西側が見渡せる。
やや霞んで視程はそれほどよくない。
赤い橋が先ほど渡ってきた東海大橋。
その先に見える白い塔が稲沢市にある三菱エレベーターの試験塔

イメージ 29
庭田庭園の駐車場に戻る。
先ほど道の駅に居たXR250がやってきた。

イメージ 30
他にもオフロード系バイク乗り達が訪れていた。
ホンダCRM250R、ホンダXR250?、カワサキKDX250SR?、ヤマハDT200R

イメージ 31
道の駅で一緒に居たホンダXR250

 ちょっと前のオフロード系バイクが持つ「少し野暮ったいかな?」と思わせる独特の存在感。
 最近、この手のバイクも欲しくなってしまう管理人。
 いよいよ無節操の度合いも進行しているかもしれない。




 この後、丹生川の貨物鉄道博物館を訪れたり、酷道421号線の誘惑に負けずに新しいトンネルを通過して永源寺ダム周辺を見物してみたり、道の駅愛東マーガレットステーションを訪れたりしているが、都合により次回に続いてしまう。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ サイドスタンド基部のがたつき(ゆるみ)が気になったりした

 管理人がときどき運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 そのサイドスタンド基部はエンジンやフレームにボルト2本で固定されているのだが、サイドスタンドを使用して荷重が基部等にかかると、その固定ボルトが弛んでしまうといった問題があったりした。
 問題といっても、ボルトが弛んでサイドスタンドの基部がガタつくくらいなので、それほど大げさな問題というわけでもないが。
 そんな小さな問題について、ボルトの弛み止めすることで問題を解消しようとしてみたりした。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ただいま準備中だったりする。














イメージ 12
作業前
 画像中央のボルトと、そのすぐ右上にあるボルトの計2本でサイドスタンド基部を留めている。

 本車は手動式のドライブチェーン給油器(所謂「スットコオイラー」である「プアーテック ドライブチェーンオイラー」)を装備していない。
 そのため、ドライブチェーンへの給油は、スプレーボトル改造のオイラーで行っている。
 結果、注油量が多くなりがちでエンジンまわりが汚れやすい気がする。

イメージ 11
ボルトをゆるめ、

イメージ 10
もう一本のボルトも弛める。

イメージ 9
カラーを抜いて、

イメージ 8
サイドスタント(基部ごと)抜き取る。
せっかくなので油(洗い油)で洗浄しておく。

イメージ 7
基部の一部を洗ったあと


イメージ 6
ボルト類も脱脂



イメージ 5



イメージ 4
取り付け前

イメージ 3
サイドスタンド基部をエンジンとの間に挿入。


イメージ 2
ゆるみどめ


イメージ 1
ボルト2本にゆるみ止めを塗布して復旧しておいた。


あとで追記&修正予定



































開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ヘッドライト(ロービーム)の「ハロゲン」と「LED」で比較してみた

 管理人が最近気が向いたらせっせとおこなっている灯火類のLED化について
 しばらく前にドゥカティの空冷ムルティストラーダ系列のヘッドライト(ロービーム側)を55ワット(以下「W」)のH7ハロゲンバルブから、800ルーメン(以下「lm」)のLEDに換装したのだが、夜でも明るい街中はともかく、管理人の主要な生息域である深夜の堤防道路など、ヘッドライトの暗さが気になって安心して走行ができないという状況となってしまった。
 そんな状況を少しでも改善するため、外付けのLED補助灯を取り付けて、文字通り「補助灯」として運用してきた。
 「補助灯」があれば、とりあえず深夜の堤防道路でも走行に支障が出ない程度の照度は得られるのだが、そこはやっぱり社外品を後から装着したもので、車体デザインに調和した純正のヘッドライト等と比べてしまうと、その取り付け方法など「お世辞にも美しいとは言えない」状態。
 さらに言えば照射範囲の境界(カットライン)が、純正ヘッドライトのカットラインのようにはっきりしないこともあり、光軸全体を下方に振る都合で「路面が明るなって」運転中の視界に入るため、気になるといえば気になったりすることもある。
 そんな訳で、ここで一度標準のH7ハロゲンバルブ(55W)と、H7互換800lm級LEDの明るさを比較してみて、今後の照明について考えてみることにしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでの経緯とか

 これまでの補助灯に関する経緯は、
補助灯が欲しくなったりした(#01仮「作業灯」を取付)
 あたりにアップされている。
イメージ 4
補助灯を取り付けた際の状況

イメージ 3
ヘッドライトと補助灯の照射状況

 ちなみに、標準のハロゲンバルブに代えて比較的光量が小さい800lm級のLEDを導入した理由は、ムルティストラーダのロービーム側が「プロジェクター」方式のヘッドライトで、その光源が入る空間が狭くて細く、大きな放熱器が付属する大型LEDは使用できなかったから。
 かろうじてハロゲンバルブと同様の空間内に収まるLEDが800lmしか見つけられなかった。
 なお、標準のH7型55Wハロゲンバルブは、一般的に1500lmほどあるそうなので、800lm級のLEDは単純計算だと明るさが半分ということになる。

■ 比較
 ヘッドライトの明るさが明るくなったのか、正確な比較をするために「周囲の明るさが一定の検査場所」や、「照度計」があればよいのだが、残念ながら管理人はそのようなものを持っていない。
 これまではヘッドライトの光源を変更した前後で、カメラで画像を撮影しておき、後でそれを比較するという方法をとってきた。
 これでも全く比較材料が無い場合よりは有効な手段なのだが、周囲の明るさや絞り、シャッター速度が同一でない画像で明るさの比較を行うことに無理を感じてしまうのも事実。

 そんな課題をクリアするべく、今回は別の手段で明るさを比較してみる。
イメージ 7
画像左:ムルティストラーダ620「ねこぱんち」 800lm級LED
画像右:ムルティストラーダ1000DS「ねこびんた」 標準の55Wハロゲンバルブ
2台のヘッドライトは(一方に自動光軸調整装置が付いていたりするが)反射板やレンズカバーは同一のはず。

一枚の画像で二つを比較すれば、比較的正確な比較ができるはず。

イメージ 1
カットラインの状況がわかる。
LEDからの光の方が「色温度」が高く、青白い光なのに対し、
ハロゲンバルブからの光は黄色がかっている。

LEDの方に「中央の暗い部分」が入っているのが確認できる。
ハロゲン球の方には「中央の暗い部分」は無い。

 正面側から見ると、
イメージ 2
画像左:ムルティストラーダ620「ねこぱんち」 800lm級LED
画像右:ムルティストラーダ1000DS「ねこびんた」 標準の55Wハロゲンバルブ

青白い光でLEDも明るく感じるのだが、単純に明るさで比較すれば、やっぱりハロゲンバルブの方が明るい。


イメージ 5
LEDの明るさ

イメージ 6
ハロゲンバルブの明るさ。

 4000lm級のLEDと比べたらハロゲンバルブの暗さが目立ってしまうのだが、800lm級のLEDには負けていない。
 このあたりは、素直にカタログ上の「ルーメン」表記通りの結果となった。

■ 結果
 やはり800lmLEDだけだと、55Wハロゲンバルブの明るさに劣ってしまう。
 補助灯を点灯すれば実用上の問題は解消するのだが、純正のヘッドライトと比べたら、光軸の広がり等で劣る。 そして何より補助灯を取り付けた姿はムルティストラーダに似合わないというか美しくない。




 ・・・ とりあえず、ムルティストラーダ620「ねこぱんち」のヘッドライトは、800lm級LEDから55Wハロゲン球に戻し、補助灯は取り外すことにした。




■ その他
 最近は「空冷ファン付」であれば、プロジェクターヘッドライトの狭い空間内に収まりそうな6500lm級LEDや、目立った放熱器が無いのに3600lmを発揮するLEDなど、LEDもずいぶん進化してきている。
 それらを導入したなら、補助灯に頼らずとも十分な明るさを得られるはず。

 という考えもあったりする。

 あとは信頼性だな。   (機器の信頼性はもちろん、販売店の方の信頼性も気になったりする状況。)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事