ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

ムルティストラーダ「ねこぱんち」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

■ ヘッドライト(ロービーム)の補助灯が欲しくなったりした

 管理人がこっそり運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 そのヘッドライトのハイビーム側には4000ルーメン級のLEDを導入できたのに対し、プロジェクター方式のロービーム側にはプロジェクター内部スペースの都合から、800ルーメン級の「極めて控えめな光量」の小型LEDを装着せざるを得ず、普段街中で運用するには十分ではあるものの、タフでワイルドな管理人が深夜にタイヤを切り付けに走る暗黒の堤防道路では何らかの増強策が必要になったのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ これまでの経緯とか

 経緯というか、「ムルティストラーダ」に補助灯を取り付けたくなった理由とか、

 最近は保有している各機種のヘッドライトについて、「ハロゲンバルブ」を、「より明るい、ハロゲンバルブ互換のLED」に換装することによって、「より明るいヘッドライト」を手に入れ、非常に満足しているのだが、上にも書いたようにプロジェクター方式のヘッドライト内部には、ハロゲンバルブがギリギリ入るだけの空間しかなく、ハロゲンバルブよりも太くなった発光部や、放熱器を持つLEDは導入できなかった。
 そこで放熱器がないLED(=比較的小出力で控えめな光量)を装着することになり、それまでのハロゲンバルブによる光量よりも暗くなってしまった。
 それに対して、ハイビーム側はその内部空間に余裕があることから、大光量の放熱器付LEDを装着して非常に明るくなり、結果としてロービーム側とハイビーム側との違いが大きくなってしまった。
 そんな状態で、(夜間にほとんど照明がなく真っ暗で、白線等の路面表示もなく、時々対向車があることから、ずっとハイビームのままで走行するわけにもいかない)素晴らしく悪条件が揃う「田舎の深夜の堤防道路」を訪れてみたところ、あまりの走り難さに、素直にUターンして帰ってしまったのだった。
 そんな話が、
 前回、
 あたりに書かれているはず。
前回、取り付けた補助灯。
 「全体のフォルムを崩さない」、「目立たない」という点では良好だったのだが、いかんせん(夜間走行時の補助灯としては)「光量が足りなかった」

■ 今回の作業 (新補助灯の到着)
 前回の反省から、少し規模を拡大した補助灯を用意した。
 素直にLEDの数を増やしたことと、(対向車に対する眩しさを防止する対策がしやすいという点から)LEDが一列に並んだタイプの補助灯とした。
イメージ 2
新補助灯。
当初想定していた取り付け位置の形状から、細長い形状としている。
ちなみに2個セットなので、補助灯1個で十分な光量が得られるのなら、2台分として分けて使えるはず。

イメージ 4
その付属品。

イメージ 5
付属部品を取り付けたところ

イメージ 6
照射角度を変えて使用できる取付金具

イメージ 7
照射角度を変えたところ。

■ 今回の作業 (取付位置の検討)
 早速補助灯の取り付け位置を検討する。
イメージ 3
まずは前回の補助灯と同様、フロントフォーク間で検討してみる。

イメージ 8
ステアリングで可動する部分だけに、カウル等との干渉を考えると結構厳しい。

 ちなみに、ムルティストラーダ620(「ねこぱんち」には、「ムルティストラーダ1000DS」が装備しているオイルクーラーは装着されておらず、都合が良さそうな位置にスペースが空いていて、さらに空いた「ステー」が存在している。
イメージ 9
ここを使えば、それなりに補助灯くらい取り付けられるのだろうが、今回は使用せず。
(2両を同じ装備にして済ませたい管理人)

 なお、カウルの下側に補助灯を取り付けるのであれば、ステアリングまわり(フロントフォーク)との干渉を考えると、車体側に固定するよりも、ステアリングと同じく可動する側に取り付けた方が良さそう。
イメージ 10
フロントフォークと一緒に動いた方が、干渉を避ける意味では楽。
(ステアリングまわりの質量・操作は多少重くなるだろうが)

 その他、
イメージ 11
取り付け方法として、ステム下の導風板を取り付けているボルトにステーをかませるとか、

イメージ 12
ブレーキ用ラインを固定するステー用のボルト
(現在はステアリング角度を拡大するために自作ステーを留めているボルト)
に追加で取付金具をかませる方式を検討中。

■ サスペンション(フロントホイール)上下可動の干渉について考えてみる
 検討中の補助灯取付位置について、ステアリングを左右に切った場合でも他との干渉は避けられる位置が確保できたのだが、フロントホイールが上下に動いた場合に干渉しないのか?
 気になったので念の為考えてみた。

イメージ 1
ムルティストラーダ620を横から見た画像
フロントホイールが上下すると、フロントフォークが黄色矢印分だけ伸縮する。
車体とフロントフェンダーの間の空間(隙間)も黄色矢印と同じ分だけ(オレンジ色矢印)伸縮することから、
ここに補助灯を取り付けた場合、フロントフェンダーと干渉しかねない。

 とりあえず、フロントフェンダーの伸縮部分の長さを測り、フロントフェンダーと車体(ステム=所謂「三また」)の間に、「伸縮部分」+「補助灯」分の空間があるか確認する。

 確認の結果、フロントフォークが伸縮する可能性がある部分(フロントフォークのインナーパイプのめっきが見えている部分)が全て縮んだ場合には、車体との間に「補助灯」がギリギリ収まるか収まらないかの空間しか残らない。
 実際に管理人が運用している間にフロントフォークが伸縮している部分(インナーパイプのめっき部分のうち、摺動した痕が確認できる部分≒めっきに汚れが付着していない部分)であれば、とりあえず補助灯を取り付けても問題は無さそうなのだが。

 ・・・フロントフォークのめっき部分が全て隠れるほど伸縮できる構造になっているのか不明だが、管理人の普段の走行では、フロントフォークを全屈させるほど負荷をかけていないのも確か。
 何かの都合で全力の急ブレーキでもかけたら、フロントフェンダーが割れたり、補助灯と前輪が接触して車体が前転・・・などという事態は避けなければならない。

 「ものさし」等でいろいろ計測しても、「確実に問題なし」という確証は得られなかったので、とりあえず実際に走行して「干渉の可能性があるのか」確認してみようということで、

イメージ 13
適当な「発泡素材の断熱材」を持ってきて、車体に取り付けてみた。

イメージ 14
補助灯を取り付けた場合と、同じような位置に断熱材を装着。

イメージ 15
ステム前側と、後側に取り付けた場合、両方を想定している

イメージ 16
断熱材自体は柔らかい素材

 万一、断熱材とフロントフェンダーが干渉しても、フロントフェンダーは破損せず、断熱材が変形して(凹んで)走行には支障が出ない(はず)。
 変形した断熱材は、凹んだままで元の形状には復元しないので、後で確認して断熱材が凹んでいれば、両者が接触・干渉したことが分かる。


 この状態で試走に出かけてみた。
 いろいろな走行を試してみた(安全な範囲で急制動とか)が、断熱材の変形は確認できず。(まだまだ管理人の走りが甘いだけなのかもしれない。)

 ヘッドライト下方、フロントカウルとフロントフェンダーの間に補助灯を取り付ける方式は、「補助灯が目立たない」ので非常に魅力的なのだが、走行に危険(をもたらす可能性)があるのなら、無理に拘るつもりもない。


 断熱材を切ったり貼ったりしている間に、「他に補助灯が取り付けられそうな場所はないか?」と車体を見回していたところ、

イメージ 17
エンジンをフレームに取り付けるための固定ボルト用の穴が空いていた。
(当然、エンジンの左右両側にある。 内部には「ネジ」も切られている。)
おそらく、このボルト穴を使ってエンジンとフレームを固定している機種もあるのだろうな。
(同じエンジンを使用しているとすると、モンスター620くらいか?)
エンジンが発生させる熱は気になるが、補助灯を取り付ける程度の強度はあるはず。

 仮に、ここに補助灯を取り付けた場合、
イメージ 18
こんな感じ。

 L型2気筒なので、車体左右のボルト穴の位置が、車体中心で左右対称にはなっていないと思うが、このあたりはステー等で対応できる。
 もし1個でも光量が十分なら、取付しやすい方だけで対応すれば良いし。




 危ない思いをして「目立たない補助灯」を装着するくらいなら、多少目立ってしまっても安全な補助灯を選ぶべきだろうな。


 続いてしまう。









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ヘッドライト(ロービーム)の補助灯が欲しくなったりした

 管理人が深く静かに運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近は主な灯火類をLED化している最中なのだが、ハイビーム側は4000ルーメン級のLEDを導入できてたいへん満足したのに対し、ロービーム側はスペースの都合から、800ルーメン級の「控えめな光量」のLEDしか導入できず、街中で運用する分には問題がないものの、ワイルドでタフな管理人が主に活動する漆黒の田舎道には、若干というかかなり心許ないという状況になっていた。
イメージ 3
LED化したロービーム側(800ルーメン級。消費電力は8ワット程度。)

 そんな訳で、ムルティストラーダのロービーム側にも導入できる、「発光部分が細く」、かつ「放熱器がごく小さい」、そんな「都合が良いLED」が登場するまで、しばらくは管理人にも入手可能な器材で対応しようと画策するのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 補助灯に対する管理人の要件とか

 今回、ムルティストラーダ620に補助灯を取り付けるにあたり、管理人が考えた要件は、
・ 安価であること (高価な補助灯を買うくらいなら、車体ごと更新することも考えてしまう。)
・ 消費電力が過大でないこと。 (ロービームに導入したLEDと合わせて、標準のハロゲン電球=55ワットを越えないようにする。)
・ 外観のデザインを崩さないように、小型で目立たないもの。(アドベンチャー・オフロード系のガードパイプに取り付けるようなものは避けたい。)
・ 点灯させても対向車等に必要以上に眩しさを感じさせないこと。(眩しくても良いなら、ハイビームにしておけば明るくてよい。)

■ 補助灯(LED)の選定・準備
 ・・・という訳で、数多く売られている「補助灯」関連、照明器具の中から選んだのは、
イメージ 2
小型のLED
(消費電力は、一個あたり3ワット程度。)

イメージ 4
非常に小型で、補助灯を目立たせたくない場合には有利だろうとの判断。

イメージ 5
正確な光量等は不明だが、これで様子見をするつもり。
ちょっと配線が細いのが気になるが。
使用しているLEDの品番は、非常に明るいLEDのはずなので、その光量には期待している。

 そのLEDを確認していくと、
イメージ 6
裏側の(防水)コーキングが少し甘いのかな?

イメージ 7
(奥にはしっかりコーキングが詰まっているのかもしれないが)

イメージ 8
念の為、シリコンコーキング剤で穴を塞いでおいた。

■ 取り付け位置の検討
 準備した補助灯(LED)を取り付ける場所を考えるのだが、
イメージ 9
アドベンチャー系バイクのように、取り付け場所が豊富という訳でもない。
ヘッドライト下の「スリット」なら、今回の小型LED程度なら取り付けられるのだが、
「1000DS」の方はここに「オイルクーラー」が収まるので、できることならココに取り付けるのは避けたい。

 あれこれ検討した結果、
イメージ 10
以前、ハンドル切れ角を増加するために、自作した「ブレーキ用ホースの押さえ」
これと同様の「LED」のマウントを追加して、ここにLEDを取り付けるつもり。

■ 試作その1
 そこで、
イメージ 11
適当な素材を切り出して、LEDのマウントを作成する。

 そしてLEDのマウントを作成するにあたって、
イメージ 12
新たにステップドリルを導入した。
たけのこ状のドリルで、希望する径の穴を簡単にあけられる。

イメージ 13
使用中の状況。
単にドリルで穴をあけるよりも、キレイな穴が開くので使い勝手が良い。

イメージ 14
今回作成したマウントや可燃ゴミ。

 できあがったマウントを取り付けて、
イメージ 15
ちょっと角度的に問題はあるが、とりあえずLEDを取り付けた。

イメージ 16
ただ、車体正面から見ると、ほとんどLEDが見えない。
完全に見える必要はないが、これでは照度が期待できそうもない。

■ 試作(その2)

 今回も ただいま作成中。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
光軸を水平方向にするため、ヒートガンを用いて変形

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
以前に取り付けたアクセサリ電源系に、

イメージ 25
スイッチは準備中のため、(とりあえず)ヒューズを投入して電源を入れる仕様とした。

イメージ 26



イメージ 1


イメージ 27
点灯を確認。
これはこれで明るいのだが、


イメージ 28
ヘッドライトと並べて考えると、これが補助灯として有効なのかどうか?

■ 試用とか
 暗い夜道を求めて、深夜の堤防道路へと走り、
イメージ 29
補助灯を点灯させてみるが、

イメージ 30
「大勢に影響無し。」
(変化がないので画像は一枚だけで省略である)
もちろん、全く明るさに変化が無いわけではないのだろうが、実用上の効果は認識できなかった。

本当は「もう少し効果があるのでは?」 と期待していたのだが。



 続いてしまう。















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ムルティストラーダのテールライト(テールランプ)にもLEDを取り付け

 管理人が地道に運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近の管理人は、運用中である各機種の灯火類をLED化するべく活動中なのだが、ドゥカティムルティストラーダ620(MTS620)「ねこぱんち」については、ヘッドライトのLED化(ヘッドライトにLEDを導入したい#04「試走してみた」)とあわせて、テールライトまわりのLED化も進めていたりした。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ S25ダブル電球 → LEDバルブ S25 27連ダブルタイプ (レッド)投入

 標準状態のムルティストラーダ620には、(たぶん1000DSも同じユニットを搭載していると思うが)
イメージ 1
こんなテールランプを装備している。
LEDが一般的ではなかった時代には、ごくごく普通の
ダブルフィラメントをもつ電球を一個使用して、尾灯と制動灯が一体になったタイプである。

 尾灯を点灯させた状態だと、
イメージ 2
こんな状態。

 制動灯を点灯させると、
イメージ 3
こんな明るさ。

 当然といえば当然だが、尾灯点灯時と制動灯点灯時では、その明るさに十分な違いがある。
 これなら尾灯を点灯している状態から、制動灯を点灯させても、その違いは容易に確認できるだろう。

 このように、灯火(による信号)には全く問題がないムルティストラーダ620のテールランプまわり。
 それでもムルティストラーダ等の欧州で使用されるような機種には、メインキースイッチで選択できるパーキングポジションランプ(ヘッドライトケース内の小さな電球と、尾灯を点灯させる)が装備されている。
 それは駐車(駐輪)する際に、メインキーを抜いても点灯し続ける灯火なので、これを長時間使用するとバッテリーが完全放電しかねない。
 そんな事態になって出先で行動不能にならないように、LED化をすすめておくのも良かろう。

 (管理人は、基本的にパーキングポジションランプは使用しないので、あまり意味はないが。 ちなみにメインキーを抜き取る際に、誤って「P」ポジションでキーを抜きとってしまい、ポジションランプが点灯したままになり、バッテリーをあげてしまったことは二度ほどあるが。)

■ 標準電球の取り外し
 標準状態で装備している、(ダブルフィラメント)電球を取り外す。
イメージ 4
テールランプユニットを外す。

イメージ 5
制動灯&尾灯と、左右のウィンカー、ナンバープレート照明が一体になっている。

イメージ 6
取付けはボルト3本。

イメージ 7
配線は防水コネクタ一箇所のみ。

イメージ 8
レンズを外すと、

イメージ 9
ダブルフィラメント(ダブル球)S25と、
ナンバープレート照明用のT10電球。(ちなみに国内で一般的な長さ31ミリのものではなかったりする。)

 ここで、電球を捻ってソケットから外そうとするのだが、
イメージ 10
電球が無理矢理ねじ込まれていたのか、側面電極(凸部)が引っ掛って外れない。
やむなく、接点側を外して電球を外しにかかる。

イメージ 11
電球側面の凸部(ダブル球の接点位置を合わせるもの。)が「もげて」いる。(画像中央)
電極側を外して、なんとか電球を外すことに成功。

■ LEDの取り付け
 今回、電球の代わりに使用するつもりのLEDが、
イメージ 12
ごく安価で売られていた27連LED。
以前なら数千円してもおかしくないと思っていたのだが、
いまでは数百円である。

イメージ 13
電極は電球同様。

イメージ 14
S25ダブル球と同じで、円筒形側面の他に、底部に電極が2箇所。

イメージ 15
さっそくソケットに取付けてみた。
単に差し込んで捻るだけ。

イメージ 16
取り付け自体は簡単。

 レンズを取り付ける前に、試験的に点灯させてみると、
イメージ 17
制動灯

イメージ 18
尾灯
なんとなく、その明るさの違いが小さいような気がする。

 明るさの差が小さすぎるようなので、ソケットの「尾灯」と「制動灯」の電極が入れ替わっているのではないか?
 と疑って、試しに電極を入れ替えて点灯させてみたのだが、その結果、一層明るさの差が無くなってしまったので、電極の配置には間違いはなかった模様。
 単にLEDの仕様がそのような明るさの差になっていたらしい。

 ひとまず、レンズを被せてテールランプユニットを車体に取り付けてみると、
イメージ 19
尾灯点灯。

イメージ 20
制動灯点灯。

 やっぱり、明るさの差は大きくない。
 この灯火でも、通常の制動時に制動灯を何度か点滅させれば、後続車の運転手が普通の(常識的な)ドライバーであれば制動灯と理解できると思うが。

 ただ、車検等の心配をする前に、このままでは(想定範囲外のドライバーに)制動に気付かれず追突されてしまうことも想定されてしまうので、公道を走行する前には追加で何らかの対策が必要だろうな。



 続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ムルティストラーダのヘッドライトにもLEDを取り付けてみた

 管理人が地道に運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近は各機種に標準装備のハロゲンバルブをLEDに換装してみたりしているのだが、ムルティストラーダ620のハロゲンバルブも、(前回までに)なんとかLEDに換装したので、その成果を確認するべく試走にでかけたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ LEDヘッドライト(ロービーム側は800ルーメン級、ハイビーム側4,000ルーメン級)

 前回までの紆余曲折(概要)は、

・ 最近はヘッドライト用LEDが進化して、ヤマハYZF-R25等のハロゲンバルブを収めていたヘッドライトケースに「空間的に余裕がない」場合でも、そのまま装着可能なH7バルブ互換LEDが出てきたという情報を入手したことから、
・ ムルティストラーダのロービーム側H7ハロゲンバルブをLEDに換装しようとするが、「プロジェクタータイプのヘッドライトに、バルブやLEDを挿入する穴がYZF-R25等よりも更に細い」という事実が判明して、せっかく用意していたH7バルブ互換LEDは取り付けできず。
・ 無理矢理「ヒートシンク無しかつ発光部が細いLED」を用意して、なんとかロービーム側にLEDを装着した。
・ ロービーム側のLEDを取り付けする際、ちょっとハイビーム側を確認してみたところ、こちら側は空間的にも余裕があることが判明。 手持ちのLEDを取り付けてみた。

 ・・・というわけで、詳細についてはこちらを参照のこと。

■ 照度の確認
 「とりあえず」ハイビーム側、ロービーム側ヘッドライトのLED化が完了した「ねこぱんち」
 ひとまず「LED化」する前、以前のハロゲンバルブを装着したヘッドライトの状況を確認しておくと、
イメージ 11
ロービーム(ハロゲンバルブ)

イメージ 10
ロービーム(ハロゲンバルブ)
正面から。

イメージ 4
ハイビーム(ハロゲンバルブ)

 これが、LED化したことにより、
イメージ 9
ロービーム(800ルーメン級LED)

イメージ 8
ハイビーム(4000ルーメン級LED)

イメージ 1
ハイビームとロービームを同時に点灯した状態。
ハロゲン(電球)の黄色がかった光とは異なり、白い(青っぽい)光。

 空が暗くなってきたところで、光軸の確認とあわせて、照射範囲を確認してみた。
イメージ 2
ロービーム。
中心から左側が上がった、照射範囲。
ちゃんと左側通行の仕様になっているようだ。

イメージ 5
ハイビーム側

イメージ 6
ハイビーム&ロービーム 同時点灯

■ 試走してみたところ
 ヘッドライトをLED化したムルティストラーダで試走してみた結果について、
 夕方(まだ明るいうち)に市街地を走行してみたところ、

● ロービーム側
・ 800ルーメン級というと、XTZ125「ねこちやづけ」で使用中の、交流対応LEDヘッドライトと同等の出力。
・ 特段「明るい」という訳ではないが、光の色味は「すっきりした白色」で、これはこれで良いと思う管理人。
・ ロービームは光量に余裕がある訳ではなく、管理人の運用では「必要最低限度の明るさ」だと思われる。
 (普段の市街地走行時には気にならないが、暗くなってから渋滞で自車の背後に「ヘッドライトが明るい車」が停車したりすると、そのクルマのヘッドライトに照らされて、前車の後面(=自分の前)に、「自分のシルエット」(=影)が投影されたりする。 自分の前方が暗くなるわけで、あまり芳しい状況ではない。正直、この時はもっと明るいヘッドライトが欲しいと思った。)
 XTZ125「ねこちやづけ」の800ルーメン級ヘッドライトと「全く同じ明るさ」という訳ではないのだろうが、その走行速度が違うからか、夜間の真っ暗な堤防道路等では、もっと明るいヘッドライトが欲しくなる。

イメージ 7
ロービーム

イメージ 3
ハイビーム

 夜間に(周囲に照明がほとんどない)堤防道路を走ってみた結果は、
・ ハイビームは明るい。 ロービーム側に余裕が無かった分、ハイビームに切り替えると、あまりの明るさに「ずっとハイビーム」で走りたくなる。 これは走りやすい。
・ ロービームは寂しい。 真っ暗な堤防道路をムルティストラーダで走るには、この照度ではちょっと厳しい。 よほど安全運転で低速で走ればよいのだろうが。

 ハイビーム時には非常に走り易いことから、ずっとハイビームで走りたいものの、対向車や前走車が居たりすると、ハイビームで走り続けるわけにもいかない。
 となると、ロービームの出番になるのだが、ロービームに切り替えたとたんに「お先真っ暗」と言うと言いすぎだが、結構厳しい状況となる。

 このままでは、管理人の貴重な運用可能車両のうち、ムルティストラーダ620「ねこぱんち」が、「昼間専用機」になってしまいかねない。

 これは何らかの対策をとらねばならないだろうな。



 続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ムルティストラーダのヘッドライトにもLEDを取り付けたい

 管理人がとにかく運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 ここしばらく、バイクで出かけるまとまった時間が確保できなかったり、そもそも積雪でバイクで出かけるのに精神的ハードルが若干高かったりしたので、精神的避難先としてヘッドライトのハロゲンバルブをLEDに換装しようと努力してみたりしたのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ ヘッドライト(ハイビーム側)には素直に4,000ルーメン級ファンレスLED

 管理人はその外観(デザイン)が気に入っていて、余計なフォグランプ等を(できれば)追加で装備したくないドゥカティの旧型(空冷)ムルティストラーダ
 そのヘッドライト(ロービーム側)の光量(照度)に余裕が欲しくて、H7ハロゲンバルブをLEDに換装するのにあたり、その「バルブ端子側の空間的余裕の無さ」や、H7ハロゲンバルブの発光点側が挿入されていた「プロジェクタータイプのヘッドライトケースのバルブ挿入孔の直径の小ささ」といった問題に直面して、なかなか満足できるような解決策が見つけられず、「とりあえずのLED化」を実現するまでに、多くの試行錯誤を繰り広げていたりした。
 そんな試行錯誤の最中、「ロービーム側」と較べれば、(使用頻度がそれほど高くないことから)「LED化」を当初は計画していなかった「ハイビーム側ハロゲンバルブのLEDに換装」について、
 ちょっと気になったので、思いついた案について「お試し」してみたりすることもあったりした。

■ とりあえず他機種と同型のLED
 前回、 ヘッドライトにLEDを導入したい#02「実験編」 ドゥカティムルティストラーダ「ねこぱんち」 あたりで、狭い空間的な余裕を探しだすため、ヘッドライトケースを車体から取り外して、作業をおこなったりした。
イメージ 1
車体から取り外されたヘッドライトケース。
画象上段がプロジェクタータイプのロービーム。
画象下段がハイビーム。
 なお、画象はMTS620のもの。
 ほぼ同形状のヘッドライトを装備するMTS1000DSと比較して、光軸の自動調整機構等が省略されているので、それら機構が収まっているはずの部分に、ダミープラグ等の部品が嵌められている(はず)。

イメージ 3
ハイビーム側のハロゲンバルブの固定方法。
(管理人の認識では)一般的な、針金クリップ式の口金固定方式。
 上段の「ロービーム側」が、(LED化するのに)とんでもなく厳しい状況だったことから、特に期待していなかったのだが・・・

イメージ 4
ものは試しと、ハロゲンバルブを外してみたら、
その前方側には、大きな開口部が開いていた。
 ロービーム側とは全く違う状況。
 やはり「ロービーム側」の「プロジェクター式ヘッドライト」は、空間的、コスト的に「ちょっと贅沢」な仕様なのだろうな。

 いちおう、「針金クリップ式」のバルブ固定方法を確認しておくと、
イメージ 5
クリップの端(画象左側)を留具から外した状態

イメージ 6
バルブの口金を針金クリップが押えている部分を確認

イメージ 7
バルブを挿入する開口部の大きさは、
ロービーム側に挿入できなかった、H7互換800ルーメン級ファンレス・ヒートシンクレスのLEDも挿入できるほど。

 これだけ空間的余裕があるのなら、
イメージ 8
他機種で導入して、満足する成果をあげた4000ルーメン級LED(ファンレス)。
手元に使用予定の無いLEDが残っていたので、これを取り付けてみることにした。

イメージ 9
樹脂製の「口金」を嵌めて、
針金クリップで固定。

イメージ 10
この「口金」に、LEDの本体を挿入。
LEDの固定は、あっけなく簡単にできた。
バルブ(画象では既にLEDだが)後方の空間にも、ヒートシンクを収容してもまだ余裕がある。

 ここで、実際に使える(点灯する)のか確認するのだが、
イメージ 11
本ムルティストラーダ(空冷系)のバルブ接続端子は、「ソケット(カプラ)」接続方式ではなく、
旗型のメス端子を直接バルブの端子に接続する方式なので、
LEDのオスソケットに旗型メス端子を挿すことになる。

 ただ、この方式だと、「金属部分が剥きだしとなった」ソケットや端子部分が、ヘッドライトケース内で動いて他の金属部分等に接触して、短絡(ショート)や、その他の不都合が発生しかねない。
イメージ 12
裸の端子が動いて他の金属部分等と接触しかねない。

 そこで、(応急的な)対策として、
イメージ 13
剥き出しの端子類を、他と接触しないように固定(留める)のはもちろんだが、
念の為、裸の端子には、熱収縮チューブを被せて絶縁しておいた。

 こんな作業を実施した後、(ロービーム側と併せて)点灯試験を行うと、
イメージ 2
見事に点灯した。
さすがに4,000ルーメン級LED。 非常に明るい。 というか眩しい。
ロービーム側の800ルーメン級LEDと較べると、原付とリッターバイクの違いのよう。


あとは試走だな。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事