ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

ムルティストラーダ「ねこぱんち」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

■ ムルティストラーダのヘッドライトにもLEDを取り付けたい

 管理人がちょっとツーリングに出かける際等に運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近はなかなかバイクで出かける機会が確保できなかったりするのだが、標準でハロゲンバルブを装備しているヘッドライトを、より明るくて実用的なLEDに換装しようと(他機種と併せて)努力してみるのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 「ヘッドライト(ロービーム)に小出力LED、必要時には追加のライトで光量確保」作戦

 基本的に、管理人はその外観(デザイン)が気に入っているドゥカティの旧型(空冷)ムルティストラーダ系列。
 そのヘッドライト(ロービーム側)をLED化するのにあたり、そのバルブ背後や周囲の空間的余裕が極めて狭いことから、現時点ではそのヘッドライトケース内に「小出力(=低光量、低放熱)」のLEDしか装備ができないような状況である。(H.I.D.を投入すれば別だが)
 小出力のLEDが持つ、800ルーメン程度の光量であれば、周囲に照明がない「夜間の堤防道路」等の悪条件下では、安全に走行するのに光量が不測することが予想される。
 ・・・となると、本来のヘッドライト以外に、フォグライト等を追加して必要な光量を確保することになるはず。

 本来であれば、美しい空冷ムルティストラーダの車体に、無粋なフォグライト等を追加装備するのは避けたいのだが、照明の光量が不足する状態で夜間走行を行うのは危険なので、夜間走行を行う以上、背に腹は換えられない。

 もし、800ルーメン級のLEDが装備できたならの話だが、それが光量不足と判断された場合、追加の照明を取り付けるという方針で作業をすすめることにする。

● その他の都合
 もともと、本ムルティストラーダのヘッドライトは、「常時点灯式」が一般化し始めた頃の仕様で、もともとヘッドライトの「オン・オフスイッチ」が装備されていたものを、スイッチを撤去して、ヘッドライトを「オフ」できないようにして無理矢理「常時点灯式」とした仕様となっている。
 そのため、メインスイッチをオンにすると、エンジンが始動する前からヘッドライトが点灯するので、エンジン始動時にセルモーターを回す際、ヘッドライトでも電力が喰われている分、バッテリーには追加で負担になり、正直 気持ちが良い状態ではない。
 この状態から、ヘッドライトを低出力のLEDに換装したなら、エンジン始動時の負担は多少は軽くなるはず。
 (標準のH7ハロゲンバルブなら、消費電力は55ワット。 現在試用しようとしているLEDは消費電力8ワット。この差は大きい。)

■ とりあえず800ルーメン級のLEDの光量について確認してみる
 前回の作業(ヘッドライトにLEDを導入したい#01)で、「ハロゲンバルブ」の代わりに「前回調達した800ルーメン級のLED」をそのまま取り付けられないことは確認済み。
 今回試用したブランドとは別のブランドで、発光点側の形状が「より細い」LEDも販売されていることは確認していて、それらを用意すれば、ひとまずヘッドライトケースを無加工でLEDを導入することは可能なはず。

 ただ前回の失敗で、すぐに新しいLEDを購入するほど管理人は諦めが良くないので、何か別の手段を考える。

■ 追加ライト(フォグランプ)等の検討
 本来のヘッドライト(ロービーム側)にLEDを取り付ける前に、追加ライトのフィッティングを検討しておく。
イメージ 1
以前、XTZ125「ねこちやづけ」等でテストした、汎用のLEDライトを・・・

イメージ 4
適当に装備した状態を想定してみたのだが・・・

イメージ 5
さすがにこの大きさでは、ムルティストラーダには似合わない気がする。
(管理人の個人的な趣味では)

 という訳で、より目立たない、小型の追加照明を、
イメージ 6
取り付ける等の検討が必要だという結論に達したりした。

■ 本体ヘッドライト(ロービーム側)へのLEDを取り付け
 前回、取り付けられなかった「800ルーメン級のLED」を、なんとか取り付けようとする管理人。

イメージ 3
ひとまず、ヘッドライトケースを取り外してみる。

イメージ 7
ヘッドライトケースへの配線(カプラ)を切り離し、

イメージ 8
ヘッドライトケースを取り外した。
(背面のカバーを取り外した状態)
画象の上側(上段)がロービーム側

イメージ 9
側面(右側)

イメージ 10
側面(左側)

 標準のヘッドライトでは、ハロゲンバルブ(H7)を装備している。
イメージ 11
H7 12V55W 例によってハンガリー製のハロゲンバルブ

イメージ 12
前回と同じなので、当然前回試したLEDは挿入できない。

イメージ 13
仕方なく、各部の採寸を行っておく。

イメージ 16
各部を採寸しておいた。

 参考まで、
イメージ 15
ヘッドライトケース側を加工(切削とか)せずにLEDを取り付けられる空間が確保できないかと、
分離できる部品は外してみたのだが、バルブを挿入する開口部の径は変わらなかった。

イメージ 14
仕方なく採寸中。

 ここで、とりあえず「標準のハロゲンバルブ」が入っていた開口部に、挿入可能なLEDを用意して実際に発揮できる照度等を確認しようと、ひとまず発光点周辺の径が小さいLEDを探す。

イメージ 17
都合よく、先端部の径が小さいLEDを発見。

イメージ 18
ハロゲンバルブの代わりに、小径LEDを装着。

イメージ 19
ヘッドライトケース内部の状況

イメージ 20
LEDの背後側空間も標準状態と変わりなく、
防水カバーを無事に装着する事ができた。

 このヘッドライトケースを車体に戻して、ヘッドライトの点灯確認を行ったところ、
イメージ 2
無事にヘッドライト(ロービーム側)が点灯した。
さすがにLEDの灯り、ハロゲンの黄色い光とは異なり、すっきりとした白色。

 せっかくなのでエンジンの始動を行うのだが、これまでのハロゲンバルブを装備していた頃よりもセルモーターの回り方も軽やかになったような気がする。

 この後、試走に出かけて、実際の明るさ(照度)を確認するのだが・・・

 併せて行いたい変更内容もあるので、更に(作業が)続いてしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


■ ムルティストラーダのヘッドライトにもLEDを取り付けたい

 管理人がちょっとツーリングに出かける際等に運用中のドゥカティムルティストラーダ620「ねこぱんち」
 最近はハンドル切れ角が拡大するなど、以前と較べればその使い勝手が大きく向上していたりするのだが、今回はその使い勝手を更に向上させるべく、ちょっとレトロな灯りのハロゲンバルブを、LEDに換装するべく努力をしてみるのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 同時二正面作戦

 最近は保有している機種のヘッドライト光源を、電球(ハロゲンバルブ)から、LED化する作業を積極的に実施している管理人。
 今回は、ドゥカティのムルティストラーダを対象に行った作業をとりあげるのだが、実はこのときヤマハXT660Zテネレ「ねこわさび」のハイビーム側ハロゲンバルブを、LEDに換装する作業も同時に実施していたりした。
 その両者が「単にハロゲンバルブ(電球)を取り外して、LEDを取り付ければ(置き換えれば)O.K.」といったようなお手軽なものではなく、あちこちを切ったり削ったりといった、予定外の悪戦苦闘を繰り拡げることになってしまった。
 短期決戦ですぐに成果が出せるだろうと、甘い見通して気軽に二正面作戦を開始してしまったのだが、今にして思えば、どちらか一方を片付けてから、もう一方を開始した方が、無駄な苦しみを味あわなくて済んだのだろうな。
 良い子は「短期決戦」とか、「二正面作戦」とか、甘い言葉にだまされて、気軽に泥沼にはまり込まないように気をつけた方が良かろう。

■ とりあえず作業を開始してみる(様子見とか)
 ひとまず、今回の作業を開始した頃、(ある意味「様子見」をしていたような状況について)
 今回の実験台となるのは、
イメージ 4
ムルティストラーダ620「ねこぱんち」。

 そのヘッドライト(ロービーム側)は、
イメージ 1
上下二段式のヘッドライトの上段。
プロジェクタータイプのランプとなる。

 ちなみに、ハイビーム側は、
イメージ 5
下段。
こちらは普通の反射板が見えるタイプ。

 ロービーム側ヘッドライトの、ハロゲンバルブ(電球)後方は、
イメージ 6
ハンドルやアッパーカウルといった可動部分との間隔がそれほど無く、
その内部空間に余裕はほとんど無い。

イメージ 7
本当にない。(余裕が)
H7ハロゲンバルブの電極に、一般的なソケットを挿すのではなく、
「旗型の金属端子」を直接バルブの電極に挿すようになっているほど。

 このような限られた空間では、これまで管理人が導入してきたようなLED(背面に大きな金属製のヒートシンクを装備して、ファンレスで放熱を行うタイプ)は装備できない。

 かといって、強制空冷の回転ファン式も導入は難しそう。

 そこで、同様の「空間的余裕の無さ」で著名な、ヤマハYZF-R25/YZF-R3等のハロゲンバルブを置き換えられることで、話題にのぼることも多くなった、ヒートシンクを装備しない(出力と放熱を抑えたタイプの)LEDを入手してみた。 (以下、「ヒートシンクレスのLED」という。)
イメージ 8
入手してみた。
確かに、口金から端子側の形状は、ハロゲンバルブ(電球)と同じようだ。

イメージ 9
これはヒートシンクも無く、
これまで導入してきたLEDと較べたら、非常にコンパクト。

イメージ 10
端子周辺はハロゲンバルブ同様。
これは本ムルティストラーダのように、ヘッドライト背面側に空間的余裕が無い機種にとっては、
非常にありがたいLEDとなるはず。

イメージ 3
発光場所も、ハロゲンバルブのフィラメントと似たような位置・形状になっている。

「これを純正ハロゲンバルブと交換したら、作業完了!」
などと考えていたのだが(当初は)・・・





 実際に、ハロゲンバルブを取り外して、「ヒートシンクレスのLED」を取り付けようとしたのだが、
イメージ 2
「・・・」
 なんと、ヒートシンクレスのLEDの先端側(口金から発光点がある方。端子側の反対側)が太くて、
 プロジェクター式ヘッドライトケースの穴を通すことができず、今回調達した「ヒートシンクレスのLED」を、そのままでは取り付けることはできなかった。
 (予想はしていたが、完全に想定外の事態である。)

 さすがにこれはマズイ。(せっかく「いつもの諸般の厳しい事情」の中で、明るいヘッドライトを夢見てなんとか入手したのに。)
 
 せっかく入手した「ヒートシンクレスのLED」
 転んでもただで起きるのは癪なので、何か今後に繋がる実験でもしてやろうと考えてみたりする。



 続いてしまう。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)


■ 冬の隙を突いて少しおでかけ(南濃方面)

 このところ、大雪が降ったり、他の都合が忙しくてなかなかバイクに乗って(通勤以外で)出かけることがなかった管理人なのだが、いろいろと症状が現れてきたりしたので、冬の隙を突いて少しでも暖かそうな方面へと久しぶりにムルティストラーダ620「ねこぱんち」で出かけてしまったりするのだった。
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 南濃方面は暖かいような気がする

 管理人が、バイクで出かけようとすると、渋滞する地域を避けて、たいていは山間部を目指して走ることが多いのだが、この寒い冬季には、それら山間部はたいてい路面が凍結したり、積雪したりと、バイクで遊びで行くには覚悟と気合いが必要な場所が多かったりする。
 そこで、とりあえずバイクで気軽に出かけようとすると、南の海沿いにある半島や、山地の南側山麓で「みかん」の山地である「南濃方面」くらいに候補が絞られてしまいがち。
 そんな状況で、とりあえずお出かけしようということで、今回は南濃方面へと出かけてみた。

■ おでかけ
 今回は、最近出番が少なかったムルティストラーダでお出かけしてみた。
 昨年末あたりにヘッドライトのLED化で悪戦苦闘していた本車なのだが、とりあえずLED化には成功して、実質的に今回が初の(ご近所以外の)試走となる。 (参考:12月の主にLEDと格闘したりしていた気がする 2017年12月
イメージ 15
ハイビーム側・ロービーム側ともに(とりあえず)LED化してみた。
ロービーム側は特に大変だったりしたが、このあたりはもう少し後で取り上げてみる予定。
(ただでさえ時間的余裕が無い中、XT660Zテネレ「ねこわさび」のハイビーム側LED化と同時に進行していたので、非常に厳しい状況だったりした。)


 そんな苦労の成果を確認する意味もあったりなかったり、
イメージ 14
とりあえず冬の青空の下、南濃方面に向けて走り出す。

イメージ 13
ときどき登場する堤防道路
夜間、照明が無い真っ暗な道路で、ヘッドライト関係を確認する際にはしばしば訪れる。

イメージ 3
赤いトラスフレームの橋を渡り、

イメージ 12
山地の麓近くまでやってきた

イメージ 11
画象の中央からやや左、
山腹にある建物が「南濃温泉水晶の湯」
ほんぶろぐでも時々登場したりする。
結構お気に入りの温泉。
(参考)

 そんな水晶の湯近くの橋を渡っていると、前方からバイクらしきヘッドライトが見えたので、カメラを構えてみると、
イメージ 10
ツーリング中のスズキGSR250系(ハーフカウルの)
所謂「黒いチューリップ」というやつか。
管理人は、個人的にこの手の質実剛健なバイクは大好きなので、ついつい注目してしまう。
 GSR250系の機能や装備は非常に恵まれているので、これにオフロード系の楽なポジションやデザインを手に入れた後継機?Vストロム250には、本当にぐらぐら来てしまう。

イメージ 2
小雪が舞う中、道の駅南濃に到着

イメージ 9
今回、装備的な都合で温泉やみかんシャーベット(みかんソフトクリーム)は省略。
この時期のツーリングでは、湯冷めや風邪には警戒しておいたほうが良かろう。

 小雪が雪になってきたらまずかろうということで、
イメージ 8
とりあえず帰宅コースをとる。
山麓から低地に向けて走る

イメージ 7
木曽三川の周囲に広がる低地で、川を越える橋の上は、少し高い場所になるので展望がきく。
右手には高層ビル群。
左手には白いアーチが二つ重なった建物。

イメージ 6
木曽川堤防あたりに来ると、ふたたび青空。

 やっぱり山地近くは(山が日本海側から流れてくる雪雲を堰き止めている関係で)平野部よりも雪が降りやすいのだろうな。

イメージ 5
画象では分からないが、結構な強風の中、雪雲を堰き止めている山地方面を見る。
(ちなみに南濃は画象左端あたり。雪雲に隠れているのは伊吹山あたりのはず。)

イメージ 4
このあたり、この時点では青空だが伊吹山を溢れた雪雲が流れてくると、雪が降り始める。

イメージ 1
だんだん雲が流れてくるので、早めに「ねこのすⅡ」まで走った方が良さそう。



実際、「ねこのすⅡ」周辺では、夕方には結構な勢いで雪が降ったりした。
(比較的短時間だったので、積雪する事はないだろうが。)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


■ 定例の維持管理作業

 管理人が運用中の、ドゥカティムルティストラーダ620での維持活動について。
 今回はもっとも一般的な維持管理作業ともいえるエンジンオイルの交換作業について
本内容は管理人が行った活動の記録だったりする。
各名称等は管理人が使用しているもので正式なものではないかも。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で。

■ 何回目か?のエンジンオイル交換

 今回のエンジンオイル交換は、特に変わったところは何もなく、ごくごく普通に古いエンジンオイルを抜いて新しいエンジンオイルを入れるだけ。

■ 作業
 さっそくエンジンオイルを交換するのだが、
イメージ 1
とりあえず、交換作業前のオイルレベルを確認

イメージ 2
最初から(以前の交換時から)こんな感じだった・・・はず。

イメージ 3
オイルドレンボルトを抜いて、エンジン下部からオイルを排出。
なお、エンジンオイルの注入口を先に開けておくのはお約束

 エンジンオイルを排出したら、
イメージ 4
エンジンオイルフィルターの交換
オイルフィルターレンチを用意して、

イメージ 5
エンジン下部のオイルフィルターを取り外す

イメージ 6
ついでにオイルドレンボルトの内側、
磁石が装備されているので、せっかくなのでついでに清掃しておく。

 そんな訳で、
イメージ 7
無事に維持管理活動が終了した「ねこぱんち」

最近は上下ヘッドライトがLED化するなど、珍しく大きな動きがあったりする。

もちろん、まだまだ走る予定。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



昨日の高見山・旧国道166号線 高見峠を訪れた際の話(続編)である。

やっぱり作成中。


イメージ 1
峠の石碑


イメージ 2
奈良県側を望む。
近くの樹木が生長した為か、眺望はそれほどよくない。
三重県側も駐車場からの眺望はよくない。

「峠100選」ということばに吊られてやってきたのだが、
美幌峠や、渋峠といった有名どころのようにはいかないようだ。

イメージ 3
今回は部品も脱落していない(はず)。

 駐車場からでは展望が良くないのなら、
イメージ 4
駐車場から、高見山へと向かう登山道があった。
眺望を求めて高見山の山頂を目指そうかと考える。


イメージ 5
とりあえず駐車場から、


イメージ 6
登山道を上り、

イメージ 7
登山道らしき道を登ってみる。
が、すぐ近くで大きな動物(たぶん鹿)の鳴声が聞こえる。

ちなみに管理人は鹿が嫌い。
(知床峠で体当たりされそうになったり)
ここではいつも以上に鹿に対して分が悪いので、
ひとまずここらで撤退しておく。
(頂上まではまだ距離がありそう。 そこまで登山をするつもりもない。)


イメージ 8
下ってくる途中の眺望(三重県側)


イメージ 9
トレーサーは先に三重県側に降りて行った模様。

イメージ 10
三重県側の旧道

イメージ 11
前方にトレーサーを発見


イメージ 12
新道が見えるところまで降りてきた。

 旧道を通って、高見山は通過したのだが、新しい道(トンネル)を通過しておかないのは勿体ナイ気がする管理人。
イメージ 13
一旦もと来た方向(奈良県側)へと高見トンネルを走り、

イメージ 14
林道分岐点を通過してからUターン。
再度三重県側へと走る。

 三重県側では、
イメージ 15
国道っぽくない道を走り、

イメージ 16
川の流れを見ながら走る。

イメージ 17
陽が傾いてもバイクが多数。
本当に日本でバイクが売れていないのだろうか?


イメージ 18
途中、川の対岸に大きなソーラー発電所があったりした。


イメージ 19
道の駅「飯高駅」に到着


イメージ 20
道の駅「茶倉」


イメージ 21
丘に上る


イメージ 22
赤い橋


イメージ 23


イメージ 24
名物らしい檜があって、

イメージ 25
各所に撮影用のカメラ台が用意されている。
結構気が利く道の駅。
名物かどうかは別として。

 その後、
イメージ 27
以前に紹介した鶏の焼肉「前島食堂」を通過、

イメージ 26
以前も気になっていた「沈下橋?」横も通過、

 その後、復路で鈴鹿付近を通ってしまい、たまたま鈴鹿サーキットでF1グランプリを開催日。
国道23号線では、運が悪いことに大渋滞に巻き込まれる。

イメージ 28
海津の木曽三川公園から、月を望んでみた。
(アーチ橋のアーチすぐ左、黄色っぽい丸い光が月)


 無事に「ねこのすⅡ」まで帰着。

ひとまず作成途中でアップ。





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事